Home

国際金融センター・香港に、カジノと世界遺産の行楽地・マカオを含む中国華南地区からベトナムやタイ、インドネシアなど東南アジア一帯には魅力溢れる観光地が目白押し。風光明媚、コバルトブルーの海と白浜が続く南国風ビーチリゾートや不況知らずで空前の開発ブームが続くカジノタウンから、安価でエキゾチックな土着料理の屋台街歴史的遺構群など、旅行の見どころが満載故に、東南アジア各国は世界中の旅人・観光客が目指すべき目的地として脚光を浴び続けています。中には東南アジア独特の魅力や毒気に冒され、母国での生活の一切を捨てて当地に住み着く者も少なくありません。小生の周りには現地の小姐への献金やカジノへの“投資生活”が続いた末、日本での老後資産を食い潰してしまう悲惨な初老駐在員なども…色々と苦労難儀の絶えない海外生活、でも、せっかくの海外勤務の機会を最大限楽しまねばもったいない!時間と体力・財力が続く限り飛行機乗り倒して遊び尽くしたいと思います。当サイトでは、そんな海外に飛ばされたサラリーマンの誰にも言えない心の叫びを徒然なるままにぶちまけていきます。大した情報じゃあありませんが、読んで下さる方々の海外への興味や旅意欲を駆り立てられれば是幸い。宜しくお願いします。




  • 18年11月18日:宿泊記 アロフト東莞ダイナミックタウン Aloft Dongguan Dynamic Town【東莞じゃない】
  • DSC_6887_R

    昨日はホテル名に「深セン」とあるのに東莞との市境にあって不便極まりないコートヤード深セン宝安をご紹介しましたが、今度はその逆パターン。ホテル名に東莞とあるのに深センにほど近い辺鄙なところにあるホテルをご紹介します。 その名もアロフト東莞ダイナミックタウン(東莞活力城雅楽軒酒店/Aloft Dongguan Dynamic Town)。マリオットリワードカテゴリーは最低ランクの1…続きを読む


  • 18年11月17日:【遠すぎ不便】コートヤード深セン宝安(深圳联投東方万怡酒店)宿泊記
  • DSC_7779_R

    久しぶりの深セン。この週末はどこに泊まってやろうかの…とホテルを検索してみると、マリオットの公式サイトで見覚えのないコートヤード深セン宝安(深圳联投東方万怡酒店・Courtyard By Marriott Shenzhen Baoan)なるホテルを発見。レビューが2件しかないので新しいホテルであろう。宝安にはもう一つCourtyard Shenzhen Northwestが新し…続きを読む


  • 18年11月16日:クラウンプラザランドマーク深セン スパイア特典でクラブラウンジを利用
  • DSC_8175_R

    この日は久しぶりに深センの羅湖にあるクラウンプラザランドマーク深セン(Crowne Plaza Hotel and Suites Landmark Shenzhen/深セン富苑皇冠假日套房)に泊まることに。2018年は円班にマリオット/SPGに寄せ過ぎたこともあり、その反動で後半はIHG系列が多めの配分となってきた。マリオットの糞みたいな対応が続いていて嫌気がさしてきたというの…続きを読む


  • 18年11月15日:リッツカールトン深セン Ritz Carlton Shenzhen 宿泊記
  • DSC_7891_R

    この日の宿は銀河の彼方の深圳星河麗思卡爾頓(リッツカールトン深セン)。クラブラウンジのサービスが評判のホテルだが、今回はホテルご自慢のラウンジサービスを堪能できる程の滞在時間が確保できなそうだったため、ラウンジアクセス抜きでの予約。少しでも早くリッツスピリッツを味わいたいとホテルへと急ぐ。 丸の内もびっくりのオフィス街、ギンギラ銀に輝く雨中の深セン福田を歩く。深センと言えば少し…続きを読む


  • 18年11月14日:IHG中国のスパイア会員向け特典プログラム
  • ihg-china

    中国(香港、マカオ、台湾を含むグレーターチャイナ)のIHGが特別に用意したスパイア会員向け特典を自分用のメモを兼ねて纏めてみた。 まぁ纏める必要も無いくらいに単純明快な内容なんですけどね。 IHG公式サイトに載せられたこちらの表を見れば一目瞭然。 引用元:Embark on a Journey of New Rewards インターコンチネンタル・クラウンプラザ・HUALUXE…続きを読む


    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする