Home

国際金融センター・香港に、カジノと世界遺産の行楽地・マカオを含む中国華南地区からベトナムやタイ、インドネシアなど東南アジア一帯には魅力溢れる観光地が目白押し。風光明媚、コバルトブルーの海と白浜が続く南国風ビーチリゾートや不況知らずで空前の開発ブームが続くカジノタウンから、安価でエキゾチックな土着料理の屋台街歴史的遺構群など、旅行の見どころが満載故に、東南アジア各国は世界中の旅人・観光客が目指すべき目的地として脚光を浴び続けています。中には東南アジア独特の魅力や毒気に冒され、母国での生活の一切を捨てて当地に住み着く者も少なくありません。小生の周りには現地の小姐への献金やカジノへの“投資生活”が続いた末、日本での老後資産を食い潰してしまう悲惨な初老駐在員なども…色々と苦労難儀の絶えない海外生活、でも、せっかくの海外勤務の機会を最大限楽しまねばもったいない!時間と体力・財力が続く限り飛行機乗り倒して遊び尽くしたいと思います。当サイトでは、そんな海外に飛ばされたサラリーマンの誰にも言えない心の叫びを徒然なるままにぶちまけていきます。大した情報じゃあありませんが、読んで下さる方々の海外への興味や旅意欲を駆り立てられれば是幸い。宜しくお願いします。




  • 19年03月25日:イエティ航空のマウンテンフライトでヒマラヤ山脈を遊覧飛行
  • DSC_6370_R

    この日はネパール旅行の最終日。ただ、ネパール発が深夜になるので、それまでは変わらず全力投球で観光を!ということで朝早くに起きマウンテンフライトを楽しんできた。 ネパールと聞いて真っ先に想起するのはヒマラヤ山脈にエベレスト。できることならヒマラヤ山麓のトレッキングツアーにでも参加したかったところなのだが、しがないサラリーマンには登山体験を楽しめるだけの時間を捻出することは難しく。…続きを読む


  • 19年03月24日:ルンビニ日帰り旅行を終え、イエティ航空便でカトマンズへ
  • DSC_6091_R

    無事に(?)仏教四大聖地の一つであるルンビニの見所周りを終え、少々予定より早いがカトマンズへと引き返すことに。もう少しルンビニにいたら悟りを開けてたと思うんですけどね。今必要なのはニルヴァーナよりもスリープなもんで。 先ずはルンビニからバイラワ空港へ向かうバスのターミナルへ、相変わらず歩いた方が速いようなゆっくりペースで凸凹道を走る。この細身でか弱いご老人、職業と自身の能力がマ…続きを読む


  • 19年03月23日:リキシャで行く ルンビニ園にある世界各国の寺院と博物館巡り
  • DSC_6059_R

    ルンビニ園の核心である聖園の見学を終え、続いて聖園の北側に整備された寺院地区を見て回る。どういったことなのかよく分からないが、仏教の四大聖地だけあって、世界各国の寺院が寺院地区に集まっているのだと。 このキューピー人形にしか見えない幼き日のお釈迦様の像が寺院地区への入口にあり、ここから日影のない灼熱地獄が北へと真っ直ぐに伸びている。 ルンビニ園 寺院地区 中心に南北1.5km程…続きを読む


  • 19年03月22日:カトマンズから仏教の聖地ルンビニへの日帰り旅行
  • DSC_5898_R

    いやー、軽いノリでルンビニの最寄空港であるバイラワまで来ちゃいましたが、果たしてカトマンズからの日帰り旅行が現実的なものなのか。まぁ何とかなるっしょ!的に勢い良く飛び出したはいいものの、バイラワ空港でルンビニ行きのバスが見つからず、早速途方に暮れる羽目に。 因みに今回はこんな旅程。 イエティ航空YT894便:カトマンズ07:30発 バイラワ08:05着 イエティ航空YT891便…続きを読む


  • 19年03月21日:イエティ航空ネパール国内線 カトマンズから仏陀生誕の聖地・ルンビニへ
  • DSC_5820_R

    前回のエントリーに記載した通り、安全性ランク一つ星評価のイエティ航空便を利用して日帰りでのルンビニ観光に行くことにしたワイ。 仏教の開祖ブッダの生誕の地で、成道の地ブッダガヤ、初めて説法をしたサールナート、入滅の地クシナーガルと並ぶ仏教四大聖地の一つとされるルンビニ。自分は巡礼意欲ある意識高い系の仏教徒というわけでもないし、それどころか仏教徒ですらないのだが、聖地と言われれば行…続きを読む


    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする