フエの夜 Hanh Restaurant/ DMZ Barフエの世界遺産巡り7

フエの観光初日を終え、夜の新市街地を歩く。

途中、町を探索中に雨に降られたので、ホテル近くのB級食堂で雨宿りを兼ねベトナム料理を大人食いすることに。
ひだり みぎ
ローカル家族連れで賑わうHanh Restaurant。空調は効いてないけれど、雨が打ち水になって暑さは感じない。寧ろしっとりして良い感じだ。


セットメニューがVND110,000。

このセットメニュー、一人用?なんか続々プレートが運ばれてきて草w。一人でチョコチョコっと少しずつ地元の名産をつまめるのは本当にありがたい。
ひだり みぎ
フエ名物のバインベオ・バインコアイ・ネムルイ(豚つくね)にBBQバインクオン・揚げ春巻きとベトナム料理のオンバレー度。これにアラカルトで頼んだ自家製ヨーグルトデザートとビールまでやってきた。これだけ飲み食いしてVND160,000(≒JPY850)。周りは家族連れしかいないけど、独りボッチ飯でも恐れることも恥じることもない。もちろん味も大満足だし、スタッフも観光客慣れしてて接し易かった。

【Hanh Restaurant】

住所:11 Pho Duc Chinh, Phu Hoi, Tp. Hue, Phu Hoi.
電話:+84 165 830 6650


続いて一杯やりにDMZバーなる飲み屋に入ってみた。

ひだり みぎ

屋根にはDMZことベトナム戦争時の非武装地帯の地図があったり、ハリボテのヘリコプターやマシンガンなどのモデルが陳列されていて戦地風の雰囲気w。音楽もガンガンでイカレ狂ったムードの西洋風バーである。

ドリンクメニューは豊富で、生ビール・スピリッツ系・ワイン・カクテルとある程度のラインナップが揃ってる。

HudaのボトルだとVND20,000(≒JPY100)とバーにしては滅茶苦茶安く飲める穴場スポットだ。

ひだり みぎ
オリジナルカクテルも一杯VND85,000~100,000(JPY 425~500)で楽しめる。しかも安い上にBuy 2 get 1 freeだったので、ついついハードカクテルを3杯もいってしまった…。

【DMZ Bar】

住所:60 Le Loi, Phu Hoi, Hue City, Thua Thien Hue.
電話:+84 234 3823 414
ウェブサイト:http://www.dmz.com.vn

帰りはホテルまで散歩。夜のフエは涼しいしどこか風情があって好き。

ライトアップされたフースアン橋の向こうにフエ王宮の外壁も見える。

ひだり みぎ
フエの町を南北に流れ、旧市街地と新市街地を東西に分かつフォーン川。ゆったりまったりした雰囲気の川の両岸に、けばけばしい極彩色のドラゴンを模したボートが大量に停泊してる。「ミスター!リバーボート!10ダラー!」なんて船頭に声かけられ迷ったけど、嫌な予感がしたのでここは謝絶。明日はDMZツアーで朝早いので、大人しくホテルに帰って早寝することにした。



Booking.com

【2017年フエ旅行記】











Related posts(関連記事):

チャンパ王国の聖地跡・ミーソン遺跡
今日は、シンツアリストで申し込んだミーソン遺跡ツアーに参加する。遺跡で朝日を見る洒落たツアーなんかもあるようだが、私のようなおっさんには早起きは億劫だし、ここは無難に通常のツアーを選択。07:40にホイアンをバスで出発し、数時間のツアーを経て13:00にホイアン着となる。帰りの足をボートにするオプションもあったが、悪天候が予想されるし、ボートの場合はホイアン着が14:30と遅れてしまうので、ベーシ...
バッチャン焼きアウトレットモール・ハンザ市場
今日は待ちに待ったハノイの伝統演劇が楽しめるトゥオン中央劇場の開園日。18:00の開演に合わせてハンザ市場前にあるトゥオン中央劇場へと移動する。 ハンザ市場前の通りは行き交う車やバイクの数が半端なく、渡れるタイミングを伺って暫し立ち往生してしまう。 おっ、劇場前では獅子の踊りで道行く人の関心を集めている。本日は開演が遅れそうとのことなので、劇場前にあるハンザ市場で時間を潰すこと...
ホイアンのランドマーク的存在の来遠橋(日本橋)
トゥボン川のミニクルーズを終えた後は、ホイアンのランドマーク的存在として知られる日本橋へと向かう。日本橋は16世紀末に造られた屋根付きの古ーい橋で、日越友好の架け橋ともされている。16世紀末といえば日本はまだ安土桃山時代、アジアはアジアは大航海時代の真っただ中か。中南米における爆発的な銀の生産、更に戦国時代を終えた日本の銀が市場に参入し、東南アジアの貿易量が急増した頃である。当時の東アジア貿易の基...
チャンパの遺産が眠るチャム彫刻博物館
時は2世紀末~15世紀後半頃、今日のベトナム中部ではチャム族を中心とした民族の国家、チャンパ王国が一時代を築いたという事実は深緑の山々に囲まれたミーソンの圏谷に残された聖地跡に見て取れる。ただ、あれだけの大規模な遺跡の割に、ミーソン遺跡には出土品が殆ど展示されていなかったことに軽い失望を受けた。なんていうか、だだっ広い谷に廃墟に近い姿の遺構がデーンって残ってるだけというか、それはそれで感動的なんだ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。