Fanny ベトナムのアイスクリームパーラー

10月も半ば秋彼岸も過ぎ、日本ではそろそろそぞろ寒さ感じる頃でしょう。常夏のホーチミンに拘束中の私はいつになったら秋麗に酔いしれることができるのでしょうか。

ホーチミンは秋も冬も関係なく連日の30°超え。退社後はアイスでも食ってリフレッシュせんとやってられません。

ということで仕事終わりにホテル近くにあるFannyと言うアイスクリームパーラーに寄ることに。戸外はオシャレなオープンテラスになっていますが、既に額に汗が滲み出始めた私はクーラー目当てで室内へ直行。


落ち着いた雰囲気でWifiも繋がるので仕事の処理にはもってこいです。


100%ナチュラルのアイスクリームと果実入りシャーベットが同店のウリです。流石にアイスクリーム専門店だけあってフレイバーの種類はすこぶる豊富、その数なんと41種類!!メニューが豊富過ぎて中には聞いたことのない味も用意されています。


モカ・生姜・アボガド・シナモン・ツッチーフルーツ・アニス・ピーナッツ・イチゴ・塩キャラメル・イチゴ2・マンゴー・ラズベリー・レモン・パッションフルーツ・オレンジ・シエムのカスタードアップ・ミックスベリー・バナナ・ブルーベリー・パイナップル。


マカダミアナッツ・チョコレート・バニラ・チリチョコレート・ダークチョコレート・ココナッツ・ミントチョコレート・ドリアン・コーヒーチョコレートチップ・抹茶・コーヒー・ラムレーズン・スチャシャテラ・ヘーゼルナッツホイップクリーム・おこし・キャラメル・ミント・ヨーグルト・ヨーグルトイチゴ・バイリーズ・クッキー。

その他、創作メニューも多数。

シクロ型アイスは一番の人気商品だそうです。


寿司アイス。

小生は喉が渇いていたので、手始めにドリンク型アイスの『Fruity Subtle』を選択。

オレンジ・マンゴー・レモン・シエムとカスタードアップのシャーベット・キーウィー・オレンジで作った力作です。南国風テイストで暑い夏にはもってこいです。


底にはオレンジリキュールが入っています。

その後、寿司アイスとシクロアイスを追加注文。


人生素晴らしすぎる!朝からクレーム処理に奔走した後に食らうアイスはまた別格!3つも頬張って尚食べたりぬアイスクリーム。毎月第一金曜日の18:30~23:00はVND 110,000でアイスクリーム食べ放題らしいので、次回の出張は月初めに計画する予定。

Related posts(関連記事):

バイタクで赤ザオ族の住まう村落へ!
ホテルでアーリーチェックインを済ませた後は、休む暇も惜しんで街探索へと繰り出すことにした。 サパの町はこじんまりとしていて、30-40分もあればゆうに一周できてしまうほどの規模で、サパ市場を中心とした半径数百メートルの範囲にホテルやレストラン、ツアー会社などが密集している。首都ハノイからは376km離れた中国国境近くの標高1,600メートルの山岳地帯にあるこの小都市への訪問客のお目当ては市内観光で...
ルネッサンス リバーサイド ホテル サイゴン クラブフロア宿泊記
この日のホーチミンでのお宿はマリオット系列のルネッサンスリバーサイドホテルサイゴン。シェラトンサイゴンと並ぶホーチミンの二大「日本人ツアー客様御用達ホテル」である。 モンゴル軍を3度に渡って撃退したという地元の英雄・チャンフンダオ像の傍、サイゴン川に沿って走るTon Duc Thang通りに聳え立つタワー型の同ホテル。オペラハウスから雑貨店がひしめくドンコイ通りを歩いて10分程という立地で、...
場末感溢れる田舎町・ビエンホア
前回からの続き。突如の思いつきでベトナム南北統一鉄道に乗り込み、サイゴンの次の停車駅・ビエンホアに辿り着いた。地図も事前情報も無い、文字通りの未知の世界だ。サイゴン都市部から列車で僅か40分、日本で言う横浜や浦和的な郊外都市をイメージしていたが、ところがどっこい、駅には戦乱直後のような混沌とした風景が広がる。どうやら辺境の地まで来てしまったようだ。 民家の様だが詰所か何かだろうか、...
毎度毎度のベトナム航空A321 ホーチミン⇒香港 VN594
ダナンからベトナム航空国際線でホーチミンに飛び、いよいよ香港へと戻る時間がやってきた。今回乗るVN594の機材も毎度毎度のA321。この路線のビジネスクラスでは日本人の姿も多く見かけるので、知り合いと鉢合わせなんて可能性も否めない。しかしこの日の私はTシャツ、短パン、サンダルという南国仕様三種の神器セットを身に纏い、連日の観光で肌も別人のように焼けている。きっと知り合いに見られても気付かれずに済む...