ティエウティ帝陵 フエの世界遺産巡り3

カイディン帝陵ミンマン帝陵と巡り、お次はグエン朝第3皇帝ティエウティ帝の帝陵へ。トゥドゥック帝陵に行く途中にあったのでここも寄ってみるか程度の軽い気持ちで見てみりことにした。


ミンマン帝陵から濁った土色のフォーン川に沿って北上する。今回はレンタルバイクで自分で移動する手段を取ったけど、なんかフエ市街地からフェリーで帝陵を巡るといった風情あるツアーもあるみたい。


いやー、なんかオフロード感が増してきた。こういった盗賊が出てきそうな田舎道を地図片手に走らないといけないが自力旅行の辛いところ。ローカル民に道を尋ねようにも牛しか周りに歩いてないし。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
フォーン川の東側に渡ると、後はほのぼのとした田舎道を川に沿って北上するだけなんだけど、道中は名も無き廃墟があったりして意外と走ってて飽きることはない。


注意して走ってなきゃ見逃してしまうくらい存在感の無い標識を発見。標識が示す先は民家の私有地っぽい畦道に続いてるけど、Lang Thieu Triと書かれてるのでこれがきっとティエウティ帝陵のことだろう。これでLang Thieu Triさんの邸宅に不法侵入とかになって拘束されたら目も当てられないけど。


ほんとにこの方向で間違ってないのかと半信半疑で畦道を進むと…


東南アジア名物の野犬の襲来に遭い、バイクを降り応戦。こちらが一歩進めば相手が一歩引き、こちらが一歩引けば向こうが一歩前進してくるような一進一退の攻防戦が続く。

そんな中、少しずつ前進を続けていると、いつの間にか気付かぬうちに帝陵の敷地に入っていたようだ。ミンマン帝陵と違って周囲を囲む壁が設けられておらず、自然の風景と一体になったような陵だったので気付かなかった。
ひだり みぎ
第二代ミンマン帝のスタイルを踏襲してなのか、御陵の前には池が設けられている。とても皇帝の御陵とは思えない廃れっぷりじゃないですか。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
池の正面には参道が伸びている。いやー、良いなこの廃墟感。ほんとグエン朝が無くなってから手付かずで今に至りますみたいなワイルドな廃れっぷり。ここまで放置するなら、もっとコケとか生やしてジャングル感を出してくれたら尚良かったのだが。


木と煉瓦で造られた鴻沢門。3段で構成された段上テラスの上にあり、奥に建つ表徳殿の入口となっている。ここは修復も進んでおらず荒廃しきったままの姿ではあるが、寧ろそのままの姿が見るものの心に訴えかけるものがある。

ひだり みぎ

一番奥の礼拝堂である表徳殿もミンマン帝陵と同じようなスタイルで建てられていて、殿内にはティエウチー帝と皇后の位牌が祀られている。

中華風味な漆喰塗りの柱が特徴的だけど、ほぼほぼミンマン帝陵テイストな造りとなっているので、ミンマン帝陵を見た後にわざわざここまで足を運ぶ必要もないような。不敬を恐れずに表すならば、ミンマン帝陵の下位互換版というか…
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ティエウティ帝は34歳の時に即位、治世7年目に陵の造営に着手するものの間もなく崩御してしまい、この帝陵は4代トゥドゥック帝によって1848年に造られたそうだ。突然の崩御により昌陵の建築は急を要した為、主要な構造物は3ヶ月間の突貫工事で完成させたのだと。ここら辺の事情が拝庭や門構えのチープさに表れてしまっているな。

【ティエウティ帝陵】



Booking.com

【2017年フエ旅行記】











Related posts(関連記事):

ホイアンで食べ歩き飲み歩き(モーニング・グローリー・シークレットガーデン)
一日ぶっ通しの観光でちょっと小腹が減ったので、休憩も兼ねて近くのレストランに入ることに。 グエンタイホック通りには歴史ある古民家を利用したレトロで洒落たカフェやレストランが多く並んでいるが、ハッキリ言ってどこもかしこも似たような外装でどのレストランに入っても大差無いように映る。どうするか。一通り見て回ったが、やっぱりどこも決定打に欠け、「おぉ!ここだ!!」という思いには至らない。こうな...
ケーブルカーに乗って自然溢れる竹林禅寺とダタンラ滝へ
ダラットの街から南に4Km程進んだ先にある丘のケーブルカー乗り場は、更に2.3Km南下した先の小山に建つベトナム最大の禅寺・竹林禅院とを結んでいる。街の更に南の雄大な大自然の中にあるダタンラ滝やプレン滝へと向かうにも、このケーブルカーが足となる。 バイタクオヤジとの別れを惜しみつつケーブルカー乗り場へと向かう。丘の頂上に建つケーブルカー乗り場へと続く階段の先には五穀豊穣の祈り...
カットカット村のしたたかなセールスレディー達
サパ市場で新鮮果物をかっ食らった後は本日18:30発ハノイ行きのバスチケットを購入。旅行代理店のマージン込みで運賃はVND350,000(≒1,400円)。ラオカイを経由し、翌朝05:00前後にハノイに到着する。サパからは10時間超の長旅だが、体力の温存などしてられない。ホテルに戻りチェックインを済ませた後は休む間もなくカットカット村のトレッキングコースへと向かう。カットカットはサパ市内の最寄村で...
カラベルホテルのハイティーと牛角ランチは不完全燃焼な結果に終わる
3月某日、久しぶりのホーチミンに降り立った。仕事での訪問だったけど日曜日がまるまるオフだったので適当に町をぶらつくことに。ここホーチミンは四季はないが、二つの季節区分がある。即ち、5~10月の雨季と11~4月の乾季。雨期は雨が降ってもどんより蒸し暑く、乾季は殺人的直射日光で焦げるように暑い。なんだよ結局いつ来ても暑いじゃん、ということで、今回も暑さからは逃れられません。 あるんですよガラ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。