JWマリオット鄭州 クラブフロア宿泊記 鄭州・開封旅行8

鄭州での初日の宿は鄭州のラグジュアリーホテルの代名詞的扱いをされているJWマリオット鄭州(鄭州緑地JW万豪酒店)。

流石に街一番の高級ホテルだけあって、有償での宿泊だと税サ込で一泊約16,000円。これに対してポイントによる宿泊だと10,000ポイント(=3,333スターポイント≒7,000円~8,000円)。随分と特典宿泊とした場合のポイント単価が良かったので、ため込んでたSPGのスターポイントをマリオットに移行してポイントでの宿泊とすることに。SPG然りマリオット然り、中国の地方都市は最高級ホテルクラスでもカテゴリーが低くてホント助かるわ。ここJWマリオット鄭州も9段階中、ボトムから2番目のカテゴリー2だったし。

河南省初のマリオット系列ホテルとして開業したJWマリオット鄭州。千璽広場に建つ60階建て高さ280メートルのランドマーク的ビルは「ビッグコーン」として中国河南省で最も美しい現代建築物の一つとされているそうだ。確かに形状的には言われてみればトウモロコシっぽくもあるけれど、開封の鉄塔のようにも見えるけどな。


開封の鉄塔。改めて見るとやっぱ似てなかった。

ひだり みぎ
2014年オープン、全416室を持つJWマリオット鄭州は、トウモロコシビルの41-55階に入っている。中国本土で営業する他の多くのマリオットホテルと同様、ここも超高層仕様のホテルである。



ひだり みぎ
一階はカフェとコンシェルジュ程度の機能しかなく、チェックイン・チェックアウトは38階のロビーフロアで行うことになる。

ひだり みぎ


ロビーには独立したカウンターが3つ。その内2つしか使われていないのでチェックイン時もチェックアウト時も10分程待たされた。マリオット会員用カウンターも一般客用に開放されてしまっているし、ラウンジでのパーソナルチェックインをクラブ特典としてるのにラウンジにはロビーでルームキーを入手しないとアクセスできないし…。たかが10分とは思うが、されど10分。直ぐには捌けない順番待ち列ができてるんだから、3つめのカウンターを使って列を早く消化できんもんかと。

ホテルに入ってから20分弱、ようやくルームキーを入手して部屋へと移動する。
ひだり みぎ

客室フロアは真ん中が吹き抜けで円筒のような構造となっている。建物の外周部分に設けられた各客室には床から天井までのフルハイトウィンドウが備わっており、見晴らしの良さが当ホテルの特徴の一つ。出来れば景色の良い部屋を指定するのが良いだろう。


何も指定しなかったら展望の良さとは無縁の部屋をあてがわれる可能性大で、今回の小生の場合も窓の外に大きなフレームが被さった部屋が用意されていた。これで高層階のお部屋を用意しておきましたって言われても…。大陸のホテルで言うとやっぱりSPGの方が細かい気遣いをしてもらえるかなーという印象。マリオットはアップグレードにも渋いし基本はプラチナ会員でも塩対応というところが多い。まぁアップグレードに関してはチェックイン時に空きがあったらスイートまでアップグレードしちゃうSPGが凄すぎるんだろうけど…。

部屋:プレミアルーム+ラウンジアクセス

ひだり みぎ
モダンなロビーフロアから打って変わって古風で渋いデザインの客室。ソウルCOEXのインターコンチネンタルもそうだったけど、緑のカーペットってどうも自分の好みには合わんところがある。どうせなら館内パブリックスペースと同じくモダン路線で纏めてくれればよかったのに。

ひだり みぎ
窓際に設置されたソファにテーブル。ワークテーブルもソファサイドのテーブルもちょっと小さすぎて、ソファをテーブル代わりに使わざるをえなかった。


ひだり みぎ
ひだり みぎ
水周りは新しいホテルだけあって清潔だし、深く大きなバスタブで湯に浸かりながらテレビを見れたりと文句のない造り。バスアメニティもアロマセラピーの上質な物だし。

エグゼクティブラウンジ

41階のエグゼクティブラウンジは、ウッディで落ち着いた空間となっている。利用客は殆どいなかったな。白人カップルが一組と、昔の古田敦也のメガネのようなパーティーグッズですか?といった感じのメガネをかけた中国人メガネマン1人。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
部屋からもこの展望を期待していたのに…という圧巻の見晴らしで、中国内地随一の交通の要所として今や1,000万人都市となった大都会・鄭州の町を一望できる。静かだし広々としているし夜は証明を落してムーディーだし、このラウンジは中々気に入った。

イブニングカクテル&オードブル
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ミールはお世辞にも美味しいとは言い難いが、オードブル・サラダ・ホットミール・デザートとバランスよく揃っている。肉系のガッツリ系メニューも充実しているので、十分に夕食代わりには使える内容と言えるでしょう。

ひだり みぎ
ドリンクも、とりあえず安くてベーシックなリキュールは全部揃えてみましたよ的な内容。とりあえず何でも揃ってます。

朝食

朝食はロビーフロアの朝食会場で。チェックイン時にあれだけいた人民様は朝からツアーで出払っているのか、こちらもすっごく空いてます。
ひだり みぎ

ひだり みぎ

大好物の牛肉丸(肉団子)ヌードル、しかも肉団子食べ放題が食べれて大満足。

ひだり みぎ
蜂蜜に謎の拘りを持っているようで、“ハニーバー”には蜂蜜が6種類も用意されていた。蜂の巣ごと蜜を供するホテルはあれども、これだけの種類の蜂蜜を供するホテルは初めてだ。スタッフに鄭州は蜂蜜の名産地なのか訊いてみても、どうやらそういう訳ではなさそうだし…。単にオーナーの趣味か?

プール・フィットネスセンター

ひだり みぎ
誰も利用客がいなかったんで独り占めで使わせてもらったわ。水温が低めで、火照った体にちょうど良かった。天井が低くて開放感はないけど、高級感溢れるプールを独り占めできてヒャッホーだったわ。

JWマリオット鄭州(鄭州緑地JW万豪酒店)


Booking.com



ホームページ:http://www.marriott.co.jp/hotels/travel/cgojw-jw-marriott-hotel-zhengzhou/
住所:鄭東新区商務中央公園2号千玺広場
電話: +86 371 8882 8888
マリオットカテゴリー:2


Booking.com

Related posts(関連記事):

カシュガルのバザールで防寒具を調達する
中国の中の異国、カシュガル。 辺りに立ち込めるワイルドな羊肉と強烈な香辛料の匂い、どこからともなく聞こえてくる楽し気な民俗音楽、町を行き交うエキゾチックな顔立ちのトルコ系の人々にロバ、そして各所に配備された武装治安維持隊。複雑な事情を抱えた実に異国情緒に溢れる町である。 残念極まりない内容で痛く失望させられたカシュガル地区博物館より、寧ろカシュガルの町を歩いていた方がウイグルの生活の息吹が感...
珠海郊外の寂れた郷村 ・東坑村
普陀寺の拝観を終え、市内から普陀寺に向かう途中で見つけた農科奇観(植物園)を徒歩で目指します。途中、東坑村というところを通り抜けました。観光客など皆無の超ディープチャイナです。 普陀寺から農科奇観は距離にしてジャスト3Km。東坑村はその中間に位置します。 中心地の宿。 悲しくなるほど寂れた村。経済特区である珠海市中心地からバスで40分程度しか離れていないのに、人里離れた過疎地域の...
広州ー上海虹橋 南方航空A330-200 ビジネスクラス 搭乗記
広州から上海虹橋への戻りもモチロン我が愛する(?)中国南方航空で。頑張って取ってもあまりおいしくなさそうなCZゴールドのステータス取得に向けて、今日も元気でCZで飛んできます。 この日は珍しくスカイプライオリティレーンも混雑していたので、ビジネスクラス・ファーストクラス専用のチェックインラウンジを利用。座りながらにしてチェックインが出来るが、国内線で預入荷物もないとなると1分足らずで搭乗...
【IHG修行】実は結構ハードルの低いスパイアエリート
今年の4月に刷新されたIHGのエリートステータス条件。以前は15泊または20,000ポイントが条件だったゴールドは10泊または10,000という条件に、同じく50泊または60,000ポイント必要だったプラチナは40泊または40,000に条件が大幅緩和されることとなった。 そして、だ。新たな最上級ステータスとして、プラチナの上にスパイアエリートなるVIPクラスが出現した。こいつは従来のプラ...