エッグタルト美味すぎ リスボン空港のTAPポルトガル航空本丸ラウンジへ

おはようございます。4泊したポルトガルを離れ、次なる目的地であるモロッコへと移動します。

最高にポルトガルを満喫できた4日間だったのですが、髭がなんだか急速に濃くなった気がするのは気のせいでしょうか。食べ物による作用?日光による作用?ポルトガル育毛ブーム、来るんじゃないかコレ。と思ったけどザビエルのイメージがあるんで流行らなそうですね。

空港へ

なんだかもう髭を剃るのも面倒だったので、髭面のままメトロでリスボン・ウンベルト・デルガード空港へ。

ついつい居眠りしてたら終着駅の空港の先にある車庫まで連れてかれてましたwたぶん、「終着駅ー。降りて下さいー」的なアナウンスはあったのかとは思いますが、車内の確認無しに車庫入れするんすかw 結局、寝落ちてたワイは無地に車庫で発見され、次に車庫から出るメトロに乗って何事もなかったかのように空港へw 「おーい、あなた乗り過ぎたぞー。起きてー」って倉庫に入ってから言いますかw このゆるーい感じがポルトガルらしくて最高ですw

搭乗手続き


リスボン国際空港には1と2の二つのターミナルがありますが、一部のLCCを除き国際線・国内線共に殆どの主要路線はターミナル1を利用。吹き抜けのホールの2階に上がって搭乗手続きを済ませます。


エスカレーターを上がると、有人カウンターがゲロ混みだったからか、空港スタッフに自動チェックイン機を使うよう促される。パスポートの顔写真ページをかざすだけで搭乗券が発券されてくる優れものらしい…が、何故かワイのパスポートはデータを読み込んでもらえず。ゲロ忙しそうなスタッフを漸くの思いで捕まえて問題提起すると、なにやら機械をいじった挙句に、「Just a moment please」と言ってワイのパスポート持って別室に入っていきやがった。

で、15分くらい待たされて、導き出された結論は「有人カウンターにお並び下さい。」…うん、知ってた。もともと有人カウンターに並んでたら、今ごろワイはラウンジでヒャッハーしてましたわ。「Just a moment please」のmomentどんだけ長いんすかw

TAPプレミアムラウンジ


思わぬ形でタイムロスが発生し、搭乗開始時刻まで残り8分。時間は押してたけどせっかくなのでTAPのプレミアムラウンジに立ち寄ることに。本丸ラウンジってどこの航空会社も気合入れて作ってますからね。

今までの体験から言うと、ベスト本丸ラウンジはカタール航空のドーハ・アルサファラウンジ。

良い意味で期待を裏切ってくれました賞はミドルイースト航空の本拠地レバノンのラウンジ。

世界には色んな特徴を持ったラウンジがあるわけですが、ここリスボンのTAPラウンジは如何に!?

ひだり みぎ
ラウンジ内はポルトガルのナショナルカラーでありTAPポルトガルのコーポレートカラーであるグリーンをところどころに配したモダンポップな雰囲気。昨今の風潮である重厚でエクスクルーシブな雰囲気は一切無いカジュアルなラウンジです。

ひだり みぎ
バーテン付きのバーカウンターがあったり、立ち飲みスペースもあったり。



ボタンを押すだけでポートワインと地場の生ビールも飲み放題です。ワインサーバーがあるあたり、さすがはポートワインを生んだ国ですね。

ミールもワインに合うハムやチーズ、ちょこちょこっとしたカナッペが中心でしたが、ポルトガルらしいダックライスや本格的なエッグタルトも置かれてました。


特に、エッグタルトはガチのやつ。マカオのはサクサクっとした生地感を大事にしていて、ポルトガルのはクリーミーさを重視しているような印象。高温でぐつぐつされたカスタードクリームの濃厚なこと濃厚なこと。

このエッグタルトの為だけにラウンジに寄る価値があると言っても過言ではないくらい。お勧めです!

Related posts(関連記事):

宿泊記 Hotel Marques De Pombalとリスボンのお勧めレストラン“Rubro Avenida”
インターコンチネンタルが非常に残念な感じだったので、リスボンでの2日目はホテルを引っ越すことに。 やっぱりクリロナホテルに行くべきか!?どちらかといえばメッシ派だけど… クリロナが手掛けるPestana CR7 Lisboa Lifestyle Hotel、クリロナのサイン入りポストカードや公式球が貰える宿泊レートがEUR150程度からと意外と安くて微妙に惹かれる。リスボンの宿はここに...
バルセロナ国際空港 ワインの種類が豊富な Sala VIP Pau Casalsラウンジ
ターキッシュに乗りイスタンブールからやってきたバルセロナ。 既に日本時間午前2時近いのですが、ワイ変態フライヤーは本日もう一本のフライトに搭乗予定。東京⇒香港⇒シンガポール⇒ドバイ⇒イスタンブールと乗り継いできて、やっと最後のフライトでポルトガルに向かえますw もうあと少し!あと2時間のイベリア半島フライトでやっとこさユーラシア大陸最西端に辿り着きます。(無駄に回り道したせいで)ここま...
リスボンから日帰りでシントラとロカ岬へ4 港町ベレンの発見のモニュメント
ロカ岬で大航海時代の英雄たちへの想いを馳せたあと、更なる大航海ロマンを求めて港町ベレンへと向かいます。 往路はシントラを経由してロカ岬へと向かいましたが、帰路はカスカイユ経由で。 カスカイスもポルトガルでは有名なビーチリゾートで、カジノなんかもあったりするらしいんですよね。リゾートタイプでめちゃめちゃ良さげなインターコンチネンタルもあったんで、カスカイスで一泊しようかめっちゃ迷った。で...
宿泊記 インターコンチネンタル ポルト デュープレックススイート
フライトの遅延によりポルト1泊目は空港近くのエアポートホテルに宿泊先を変更せざるを得なくなってしまうなど、散々な出だしとなった2019年ゴールデンウイーク。 2泊目は当初から予約していたインターコンチネンタル ポルト パラシオ ダス カルドサス(InterContinental Porto - Palacio das Cardosas)へと引っ越すべく朝のうちからポルト市内へと移動します。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。