カタール航空アルサファファーストクラスラウンジ(Al Safwa First Class Lounge)

ドーハに着いて先ず向かうはドーハ名物・カタール航空のアルサファファーストクラスラウンジ(Al Safwa First Class Lounge)。

このアルサファラウンジ、何が特別かって、羽田や香港のファーストクラスラウンジとは異なりワンワールド上級会員ステータスの印籠をもってしても入ることはできず、ファーストクラス利用客のみが入室を許されるという敷居の高いが高く特別なラウンジなんですわ。バンコク⇒ドーハはファーストクラスだったが、ドーハからオマーンのサラーラに向かう乗継便にはファーストクラスが無くビジネスクラスになるのだが、果たして入れてもらえるのだろうか。不安と共にラウンジを目指す。

時計を見るとカタール時間23:30。サラーラ行きの出発時刻は01:45なので、ボーディングまでは2時間切ってるので急ぎ足でラウンジへと向かう。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
飛行機を降り、係員の誘導に従って歩いていたら荷物検査とかも何も無く普通にそのまま出発フロアへ。

巨大な空間の中に殆ど人のいない何ともいえない不気味さの中、ラウンジのあるコンコースA・コンコースB側へとシャトルで移動。
ひだり みぎ
アイコン的存在のクマが鎮座する空港の中心部に着くも、ラウンジが沢山あって紛らわしく迷うw

Al Safwa First Class Lounge:ファーストクラスの乗客限定
Al Mourjan Business Lounge:ビジネスクラスの乗客限定
First Class Lounge:QRプラチナ会員+ワンワールドエメラルド会員用
Business Class Lounge:QRゴールド・シルバー会員+ワンワールドサファイヤ会員用
Al Maha Services Lounge:トランジット乗客用?
インド人顔負けのカースト制度w

係員に道を尋ねながらアルサファを目指し、漸く辿り着いたエントランス。

この長いエレベーターを上った先に…

ひだり みぎ
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!エントランスからして超別世界。入室が許されるか些か不安ではあったが、バンコクからの搭乗券と乗継便の搭乗券を提示すると、あっさり過ぎるくらいあっさりと入室許可を賜ることができた。


館内地図。左半分がファーストクラスラウンジで、右半分がアルムルジャンラウンジ。ファーストクラスの乗客限定ということで利用客は限られているだろうに…地図だけ見るとすっごい広くて古代遺跡のよう。

とりあえずこの奇妙な世界に足を踏み入れてみる。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
床や壁の独特の質感が宗教性溢れる独特の世界観を創り出していて、神様に扮したモーガン・フリーマンとかが歩いてても違和感ない感じ。空港の雑踏からも隔離された静粛さと人口密度の低さもまたこの宗教性を増幅させている。


天界から水が降り注いでるし。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
歴史あるタイルや壺などがさりげなく展示された館内は中東美術をテーマとした博物館ぽくすらあって、内部を徘徊しているだけでも楽しめる。

食事

ひだり みぎ
メインダイニングエリアへ。ここからは復路での利用時に撮った画像もセットでご紹介をさせて頂きます。

ひだり みぎ
手前にバーカウンターがあって、暇で死にそうにしていたバーテンダーに声をかけられる。


捕まったw。

【2017年12月度時点でのドリンクリスト(一部抜粋)】
Champagne:
Pommery Cuvee Louise Brut 2002
Philipponat Brut Rose Reserve

Red Wine:
Chassagne Montrachet 1st Cru 2011
Billa Maria 2015
Buchegger Gebling 2011

White Wine:
Chateau Leoville Poyferre 2008
Fox Creek Maclaren Vale 2013
Losada Vinos de Finca 2011
Castle Rock Pinot Noir 2012
Altano Douro Reserva 2013


一杯やってからダイニングエリアに着席。


お料理が来るまでの間どうぞ…ともう一杯。今度は普段飲まないロゼで。


オーダー式とのことで、ロブスターのテルミドールと“Festive Pudding”を注文し、合わせて“本日のカクテル”もお願いすることに。メニュー画像はクリックで拡大可能。

ひだり みぎ

味付けがこれでもかというくらいに中東風…

ひだり みぎ
ひだり みぎ
こちらはパリ行き便の前に頂いたフルコース。2017年12月⇒2018年1月と月を跨いだ利用だったがメニューは変わらずだった。

続いて朝食メニュー。


獲物の匂いを嗅ぎ付けた熊のように香ばしい匂いに誘われダイニングスペースへ、Al Safwaスペシャルを頼むもこれと言って特に特別感がない。

あとはもう一か所小さくてカジュアルな雰囲気のダイニングスペースがあって、こちらでは手巻き寿司やサラダが置かれてる他、ライブキッチンでサンドイッチ等の軽食を作って頂ける。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
エビやらチキンやらチーズやらズッキーニやらサンドライトマトやらと具材を指定すればシェフがお好み通りに仕上げてくれる。

シャワー・ゲームルーム・ペアレンツルーム・ファミリースペース

シャワールームを探していたところ、ゲームルームに彷徨いこんでしまう。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
カーレーシングゲームは電源が落とされていて、プレーするにはレセプションに連絡する必要があった。素晴らしい飲酒運転テクを披露してやりたかったが、一人だと流石に頼みずらいので遠慮することに。


ひだり みぎ
シャワーでさっぱりしてから往路はサラーラ行きの搭乗ゲートへと向かいやした。

クワイエットエリア

復路はオマーンのマスカットからドーハ経由でパリへと向かうのに13時間程の乗継時間があったので、馬小屋ことクワイエットエリアを使わせて頂くことに。

施錠可能な個室にベッドだけでなくシャワーやテレビまで付いているクワイエットエリア。まぁ言うならば仮眠室みたいなもんですかね。ラウンジの開業当時は制限時間無しに使えたみたいだが、いつからかルールが改悪となり、今では最大6時間までという制限が設けられている。これが本当に厳しくて、他に利用客がいなくても6時間ルールは厳守されているし、体質が少しでも遅れようものなら電話とノックによる攻撃で叩き起こされるようだ。

ひだり みぎ
ベッドもふかふかだし、寝るだけなら言うことなし。ただ、やっぱり6時間縛りの制限がなぁ。今回も03:00過ぎにチェックインすることになり朝早くからベッド難民に。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
そこらへんのトランジットホテルよりマシでホテル要らず。

砂岩の壁と古代アラブ世界の骨董品やコーランなんかの装飾がなんともイスラームなアルサファラウンジ。なんかもう凄すぎて他のラウンジと比べようもないというか、単なるラウンジを超越した何かだわ。凄いの一言。

Related posts(関連記事):

宿泊記 ハード面と総監の態度だけは立派なコートヤード上海虹橋
この日の宿泊先はマリオット系列のコートヤードバイマリオット上海虹橋(上海中建万怡酒店/Courtyard by Marriott Shanghai Hongqiao)。 この日も他都市への遠征があり、高速鉄道で上海へと帰還した。夜遅くに虹橋駅に到着し、翌々日にまた虹橋空港から他都市に向け飛ぶ予定となっていたので、高速鉄道の虹橋駅と虹橋空港から程近いこちらのホテルを選んでみた。 ところが...
宿泊記 ルネッサンスリゾート鳴門(現アオアヲナルトリゾート)
タフな一週間を乗り切った自分へのご褒美にJALのぶっ飛びカードでの空の旅を。偶然引き当てた縁もゆかりも無い阿波国へとぶっ飛びますよ~。 鳴門のルネッサンスがマリオットから脱退する前に泊まっておきたかったので、まぁ徳島はタイミング的には良い“引き”だったのかな。 ルネッサンスナルトは3月末をもってマリオットグループから脱退、2019年4月1日からはアオアヲ ナルト リゾートとして営業して...
2017年度 SPGカテゴリー変更
速報です。IHGに続き、SPGもカテゴリー変更のお知らせが入って参りました。今年は経済停滞&地場チェーンの台頭で中国のホテルに関して抜本的改善が見込まれていたので、まだかまだかと待ちわびていましたよ。 予想通り中国が大幅改善されている一方、日本ベースのホテラーには大変厳しーい内容となっている。日本市場に対する改悪アクションは予見はされていたものの、今回は予想以上に改悪対象ホテルが多く、日...
搭乗記 シンガポール航空 SQ494 B777-300ERファーストクラス シンガポール⇒ドバイ
シンガポール航空のプライベートルームでのまったりタイムを終え、ドバイ行きのSQ494便に乗り込みます。ええ、最終目的地はポルトガルだというのに何故だか次のフライトはドバイ行きなんですw 機材は香港⇒シンガポール便と同じくB777-300ER。ここでもA380のスイート搭乗ならず、無念…そう思って乗り込むと、Welcome Back Mr.ポンズ~とクルー一同が笑顔で迎えてくれ落ちたテンシ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。