シンガポール航空 ファーストクラスラウンジの奥の間 プライベートルーム

さぁ、やってきましたシンガポール。
ファーストクラスラウンジの中のファーストクラスことシンガポール航空の“The Private Room”に潜入してきます。

ファーストクラスラウンジの中のファーストクラスラウンジというのはどういうことかというと、SQのファーストクラス/スイート搭乗客しか入れないエクスクルーシブなラウンジということなんす。
スターアライアンスのダイヤモンドメンバーや他社のファーストクラス利用客、ガチ富豪が集うSQのソリティアPPSクラブメンバーですら入れないくらいの狭き門。

コンセプト的にはロンドンヒースローのBAコンコルドルームや、ドーハのQRアルサファラウンジ的な。アルサファラウンジがラウンジの概念を覆すほど衝撃的だったんで、否が応でもプライベートルームへの期待も高まります。


エントランスはラウンジターミナル3にあるSQシルバークリスラウンジ。プライベートルーム・ファーストクラスラウンジ・ビジネスクラスラウンジともにこちらのシルバークリスラウンジの入口から入室します。


中に入ると、左がビジネスクラスラウンジ、右がファーストクラスラウンジと運命の分かれ道的に分岐。エントランスの時点で既に高級感があって、プライベートルームに対する期待のハードルが更に高まります。


受付を済ますと、Fラウンジの奥に広がる秘密の空間へとエスコートされます。


Fラウンジの奥に隠れたプライベートルーム。秘密の花園。奥の院。秘め処へ。

ひだり みぎ
プライベートと銘打たれることだけあってガラガラ…というかワイしかいなくて文字通りプライベートな空間になってました。



Fパッセンジャーはやはりお一人様が多いということか、一人掛けの座席が多め。高級ホテルのロビーラウンジって感じっすね。ただ、やはりブリティッシュエアウェイズのコンコルドルームやカタール航空のアルサファラウンジを経験してると、んんん??これで終わり?ってな拍子抜け感は否めない。業深いぜアルサファさんよ!


2009年のドンペリヴィンテージを一杯頂いたところで、高級レストランかのようにセットアップされたダイニングスペースへ。広さや豪華さと言った面では確かに他社のF客専用ラウンジに負けるけど、確かにリラクシングなプライベート感という点では素晴らしい。ワイがシャンパンをグビる音まで周りに漏れてしまうくらいの静寂に包まれてます。ここにクチャラーが出てきたらそれはもう悲劇w

ひだり みぎ

中華ありインド料理ありとメニュー内容はやはり機内より遥かに充実してるけど、ランチタイムだからか全体的に凡庸な印象。冷静に考えればオーダーメイドでこれだけ豊富なメニューが揃ってるってだけで凄いんですけどね。ちょっと期待しすぎたかもしれない。


シェフステーションから福建麺、メインから魚粥を注文してみたのですが、これはオーダーチョイスミスった系かも。機内食の点心からの流れで中華に攻めたかったのですが…美味しくなくはなかったのですが、普通に街中でも食べれるレベルでした。


気を取り直してアイスで〆る。神聖な場所だけあって、アイスはもちろん崇高なるハーゲンダッツ様でした。


まぁいい、これからまたF飯が待ってますからね。


では、ドバイへと行って参ります!

Related posts(関連記事):

ホリデイイン エクスプレス シンガポール クラークキー Holiday Inn Express Singapore Clarke Quay 宿泊記
今年のゴールデンウィークに巡礼したシンガポールのSPGホテル宿泊記は書き終えたけど、そういやちょい前にIHG系のホリデイインエクスプレス シンガポール クラークキー/Holiday Inn Express Singapore Clarke Quayにも泊まってたので、宿泊記を残しておこうと思う。 初めて泊まるホリデイインエクスプレス シンガポール クラークキー、この日の夕方はクラークキーで野...
国の歴史は浅いが展示内容は充実のシンガポール国立博物館
日曜日は朝から歩いてシンガポール国立博物館へ。 宿泊先のインターコンチネンタルホテルから歩いて10分、特徴的なドーム型天井と白亜の建物が見えてきた。シンガポール国立博物館はシンガポールの父・ラッフルズ卿が夢見た「文学と歴史について学べる機関の設立」という意思を汲み、彼の没後1849年に図書館兼博物館としてスタートしたのが始まり。円形のドームと石造りの建造物が前庭を覆う芝生に映えて大変な威...
チャイナタウンの味香園でマンカキを食す
チャイナタウン観光の〆はチャイナタウン・ヘリテージセンターで。 全人口の7割強を華人が占めるシンガポールに中華系移民が押し寄せたのは19世紀後半、人口過剰だった福建・広東両省から「小さな赤い点」程のシンガポール島に大量の中国人移民が殺到した。彼らは英国による植民地化が進むマレー半島で主に錫鉱山やゴム園での肉体労働に従事し、その後に都市の下層民として現地に定着していった。そんな異国で激動の人生を生...
マレー人郷土博物館(マレー ヘリテージセンター)
サルタンモスクを見学した後は、直ぐお隣のマレー・ヘリテージセンターへと移動する。空港で入手した観光マップによると、マレー・ヘリテージセンターはその名の通り「マレーの歴史や文化を紹介する博物館」とのことである。そのまんま過ぎて何の補足説明にもなってない。 それでは何故シンガポールにマレーのヘリテージセンターがあるのか。 そもそもシンガポールは19世紀初頭までジョホール王国(王都=現マレーシア...