シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

New Majestic Hotel(ニューマジェスティックホテル シンガポール)宿泊記


2017年7月1日追記:当該ホテルは惜しまれつつ閉業。

セントレジスに続いてやってきたのはデザインホテルズのニューマジェスティックホテル(New Majestic Hotel Singapore/大華飯店)。大華飯店…大衆食堂かのような安っぽい中国語の名称からそこはかとなく漂うハズレ臭が気懸りだが、SPGカテゴリーは4なので決して安っぽいホテルではないのだろう。

MRTの最寄り駅は東西線・北東線が交わるOutram Park駅。チャイナタウンの南の端という立地で、高層ビルとショップハウスの建物が入り乱れる一角にひっそりと建つ。
ひだり みぎ
モダンで爽やかなプラナカンスタイルの建物は、まるで美術館のよう。

ひだり みぎ
館内へと入ると、キュートな外観とは裏腹にコンクリ打ち抜きの屋根から豆電球がぶら下がるという武骨なスタイルになっていて驚いた。ホテルのロビーというよりは、何となく意識高い系美容院っぽい雰囲気だ。

ひだり みぎ
カラフルで凝ったソファーや椅子が並ぶだけでなく、フルヌードで方膝立ちするチョンマゲ頭の男を発見。デザインホテルならではのアーティスティックな感性によるものなんだろうけど、凡人にはこの像を設置する意図が解せない。普通にチ〇コ丸出しですから、このような卑猥な物体が公然と陳列されていることに驚きを禁じ得ないし、自分には芸術は解せないと改めて思わされた。

こんな奇抜なデザイナーホテル、もちろん部屋の方もラブホテルかと思うような特殊デザインとなっていて宿泊客にサプライズを提供してくれる。

部屋数は30で、大まかに「Premier Pool」「Junior Lifestyle」「Premier Garden」「Aqua」「Lifestyle」「Attick Suite」の6タイプにカテゴリー分けされるが、同じタイプの部屋でもデザイナーが異なるので、部屋ごとに設計が全く異なってくるようだ。従って、前回泊まった同じくデザインホテルズのWanderlust Hotelと同様、男一人でメルヘンチックな部屋とか泊まる羽目にならないようチェックイン時の部屋指定が重要になってくる。

ひだり みぎ
例えば、上の2部屋は同じLifestyle Roomだけど、部屋の雰囲気は全くもって異なるのがよく分かるだろう。

ひだり みぎ
どんな部屋が出てくるかチェクインしてのお楽しみっていう遊び方もあるけれど、凡人には理解できないような感性を持った気鋭のローカルデザイナーによるストーリー性の高い部屋ばかりなので、ハズレクジを引いた時のダメージはデカいだろう。サプライズ要素を嫌う方は予約時に部屋の好みを指定するように。

自分は予約時のリクエスト無しで飛び込んでみたんだが、部屋に入ってビックリ!部屋全体が赤。真っ赤っ赤。絶対落ち着かない!それに、部屋の構造も特徴的で、部屋の真ん中にベッドがあり、そのベッドに薄型テレビが備え付けられている。病院の入院用ベッドにテレビが付けられている感じで寝転びながらテレビを見れるようになっているのだが、いかんせん部屋が狭いもんでテレビモニターとの距離が近すぎる。
ひだり みぎ
セレクトコンフォート製マットレスに羽毛布団・羽毛ブランケットなど、寝具は上質で寝心地は悪くないが、ベッドの後ろのスプーンお化けと目玉の親父が気になるんだよな。部屋のデザインは地元の芸術家らしいけど、本当は水木しげるなんじゃないのか。


建物は1928年に建てられたショップハウスを改装したものなので積み重ねられた歴史の重みを感じるが、部屋の内装は逆にモダンカルチャーを強調し過ぎてて落ち着かん。

ひだり みぎ
やっぱりどこかゲゲゲの鬼太郎を想起させるようなキャラクターがチラホラと。

ひだり みぎ
Wanderlust Hotelと同じくミニバーのソフトドリンクは無料で、ネスプレッソも飲み放題。


持ち出し用のスマホがあるのも街歩き系旅行者にはありがたい。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
ひだり みぎ
洗面周りも徹底して赤い。どこか洒落たモダンチャイニーズレストランの化粧室のようではあるが、シンクが小さすぎて水が跳ねてしまうなどデザイン重視で機能性は二の次となっている。Wanderlust Hotelsも居住性が低かったけど、そもそもデザインホテルズはそういう趣向のホテルなので仕方ないのだろう。デザイン>機能という価値観の人向け。

ひだり みぎ
アメニティはKiehl’s。Wanderlust Hotelもそうだったけど、バスアメニティの選定は比較的高級志向。


窓の外はというと、中庭に設けられたミニプールビューになっている。朝は鳩の水場になるこちらのプール、底にあるマンホールのような黒いのは何だと思います?なんと、ガラス窓になってて、下階のレストランの様子が観察できる仕組みになっている。どっかの国にプールの下に広がるサンゴ礁の海が見渡せるよう底がガラスになったプールがあるみたいな話を聞いたことがあるが、まさかレストランがシースルーで見下ろせるとは…。食事中に見上げたらゴーグル付けた海パン一丁のオッサンが上の窓から覗きこんでるとか、見られる側にはホラー体験だろ。

ひだり みぎ
客室数僅か30なので、プールもジムも殆ど利用客がいないので使い放題なのは◎。賑やかなホテルが多いシンガポールにあって、高級ブティックホテルの存在は貴重である。

ジムとプールで体を動かした後はホテル周辺を探索する。
ひだり みぎ
チャイナタウンに近いからか、レトロな長屋風の建物が残っていて、単に歩くだけでも楽しめるし、その気になればマックスウェルフードセンターまでも歩ける距離にあるので、食事には困らない。


本当は天天海南鶏飯でチキンライスを食べたかったんだがが20:00で閉まってたので、近くの瑞臨肉骨茶・海鮮餐厅に入ってみる。

【瑞臨肉骨茶・海鮮餐厅(Swis Ling Bak Kut Teh Seafood Restaurant)】
住所:1 Teo Hong Road.


海南福建麺をば。SG$6.5で美味しいけど分量が少ないので、この店の名物らしい肉骨茶を追加発注。体は不調だが胃は元気!

翌日はチェックアウト後に天天海南鶏飯でリベンジ。


胃袋を満たし、次なる目的地であるウェスティンへと移動する。

【ニューマジェスティックホテル(New Majestic Hotel Singapore/大華飯店)】

住所:31 – 37 Bukit Pasoh Road Singapore 089845
電話: (65) 6511 4700



Booking.com

Related posts (関連記事):

シェラトンサイゴン ホテル&タワーズ クラブフロア宿泊記
ソフィテル、Mギャラリー、プルマン、ノボテル、ibisと、アコー系列のホテルが充実しているホーチミン。今回の出張では新規開業したばかりのMギャラリーを試したかったところだが、やはりここでも見事にシェラ...
チャイナタウンの味香園でマンカキを食す
チャイナタウン観光の〆はチャイナタウン・ヘリテージセンターで。 全人口の7割強を華人が占めるシンガポールに中華系移民が押し寄せたのは19世紀後半、人口過剰だった福建・広東両省から「小さな赤い点」程の...
ホテルインディゴ香港島 宿泊記
この日は気分的に一風変わったユニークホテルでのユニークな宿泊体験を体が強く欲していたので、ゴキゲンムード全開のデザイナーズホテル・インディゴ香港島に泊まってみることに。前々から気にはなっていたんですけ...
SPG Hot Escape Sale(5月17日~)
毎週水曜日に対象となるホテルと値下げ率が発表されるSPGのホットエスケープセール。72時間限定50%オフという強烈なヒルトンの50%フラッシュセールの影に完全に隠れてしまっているが、今週ももちろん地味...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする