搭乗記 中東発の民間航空会社 ジャジーラ航空 ビジネスクラスラウンジは?

酒ダメ娯楽ダメ観光ダメと無いもの尽くしのクウェートからの脱出フライト。中東初の民間航空会社として設立されたクウェートベースのJazeera Airwaysで260マイル南の島国バーレーンへ。


クウェートからバーレーンは羽田-伊丹程度の距離。オイル業界の需要に支えられているのか複数の航空会社がフライトを飛ばしてる。


意外なのは以遠権を使ってクウェート⇒バーレーン区間を飛ばすKLMオランダ航空。バーレーンからアムステルダムに飛ぶ前にクウェートで乗客を拾っていくらしい。ロイヤルダッチシェル関係?

クウェート国際空港


ジャジーラ航空はクウェート国際空港の第5ターミナルを利用。

ひだり みぎ
第5ターミナルはジャジーラ航空専用として2018年5月に完成したばかりらしい。


怒涛のジャジーラジャジーラジャジーラ。A320/A320Neoのみを保有するLCCらしく、就航地は中東メイン。LCCとは知らずに発見した自分涙目w

ひだり みぎ

JAZEERA。JAZEERA。この専用ターミナルは一年弱という短期間での突貫工事で仕上げ、2018年5月に完成したらしい。ありえないスピード…印パ系出稼ぎ労働者オツっす。


ひだり みぎ
チェックイン完了。荷物検査後の制限エリアに進むと、一応カフェや免税店なんかも並んでた。新しい空港だけあって無料wifiも飛んでます。


さて、ビジネスクラスラウンジへ…って、ラウンジはどこ?ビジネスクラス発券時にラウンジの案内があったので楽しみにしてたのに、どのスタッフに聞いてもラウンジなど無いという。Business Class Loungeって標識まで作っておいて…


ジャジーラ専用のターミナルが完成してから半年以上も経つのにラウンジは未完成とかやる気ないにも程があるし、ラウンジが無いのにラウンジの案内を出してくるとかどういうこと?ジャジーラの職員に問い合わせても、「ラウンジはありません。」の一点張り。


いやいや、おたくのホームページに

Lounge at Jazeera Terminal 5, Kuwait International Airport. Lounge access is available complimentary to all Jazeera Business Class passengers.

って記載されてるじゃん!ってジャジーラ航空のホームページを指し示してみせても「でも、ラウンジはありません。」の一点張り。「新しいターミナルだから、まだラウンジが完成してないんですか?」って聞いても、「ラウンジはありません。」……
謎の湾岸クオリティ、ほんと意味分からない。

フライト クウェート⇒バーレーン


ラウンジは諦め、出発ゲート前で時間を潰す。こんな柔らかくて可愛らしいアラビア語のフォント初めて見た。


ひだり みぎ
黒装束の人々に紛れてバスでご搭乗。石油富豪の奥様方なのか、乗客はアラブ人女性が殆どでした。これは意外。



ビジネスクラスは欧州域内の短距離便で見られるような、3列席の真ん中を強制ブロックする仕様でした。ちなこの日のC席はワイの貸し切りでした。


お見合い席ならぬ、アクリル板越しの刑務所面会席。非フレンドリーな客室乗務員が真正面に座り、かなーり気まずいので1A席はお勧めできませんw


ひだり みぎ
LCCなので機内食は有料。ラップがKD1.0(≒JPY360)~、サンドイッチがKD1.5(≒JPY540)~。


機内サービスは機体していませんでしたが、出発前にはコーヒーが出てきました。使い捨てのミニカップで出てくるあたりLCCですが。

ひだり みぎ

空気霞みきったクウェートを脱出。開放的な中東の楽園バーレーンへ!


お腹減ったので、シートベルトサインが消えるなり速攻でサラダをオーダー!…すると、ビジネスクラスは食事が付いてるとの嬉しいお知らせが。しかもちゃんとメニューまで用意されている。やるやんジャジーラ!


選択したのはチーズ&マッシュルームサンドイッチ。クウェート人ホワイトワーカーのオフィスランチみたいというか、そこらへんのスーパーで買ってきたようなサンドイッチとスターバックスのコーヒーという内容でした。


1時間程のフライトなので、まぁ確かに機内食を出せるとしてもサンドイッチくらいですよね。サンドイッチをかっ喰らってる間に速攻でバーレーンに着きました。


駐機場からターミナルへのバスはビジネスクラス専用のがあった。逆に、アウェーで用意できるC席専用バスを本拠地クウェート用意できないんだ…

Related posts(関連記事):

中国南方航空 シンガポールー広州 A319 ビジネスクラス搭乗記 チャンギdnataラウンジ
シンガポール出張を終え、南方航空にて広州へと移動する。 広州-シンガポールは一日平均8便(シンガポール航空=2便・スクート=2便・南方航空=4便)飛んでるんだけど、広州での仕事終わりに飛べる夜便は南方航空しかないので、広州からシンガポールに飛ぶ際にはいつも糞機材(A320・A319・B737)を飛ばす南方航空の利用を余儀なくされている。南方航空は良い機材も多数保有してるんだけど、東南アジア路線は...
ベトナム航空のゴールデンロータスクラブ
ベトナムのハノイとホーチミンを拠点とするベトナムのフラッグキャリア・ベトナム航空。日本でも成田、関西、名古屋、福岡へ乗り入れているくらいに航路を拡大してきており、2010年にはスカイチームにも加盟するなど順調に成長を続けてきている航空会社である。ただ、個人的にはスーツケースを2個も破壊されたしCAにジュースをこぼされたりしたので余り好きな航空会社ではない。いや、忌憚なく言わせて頂くと、あまり好きで...
ホーチミン空港でVAT還付の手続きをしてみた
今回、初めてベトナムでVATの還付手続きをしてみたので、還付申請の方法を記録として残しておく。 VATとは課税の対象となる物品やサービスに対して課される消費税のようなものなのだが、これがなんとまぁ一定の条件を満たせば空港で還付してもらえることになっている。 【還付条件】 1.申込者はベトナム国籍を有さない外国人 2.申込対象品は輸出禁制品目に該当せず、且つ飛VAT還付対象の未使用品 3...
深夜便 CX753でジャカルタへ
新年明けて間もない1月13日、インドネシアから一本の電話が入る。 この担当者様とは新年挨拶の電話で話したばっかりだが…嫌な予感。そして、嫌な予感は大体当たる。 「新年早々だが、新規プロジェクトで問題発生の兆し有り。関係各社も集合させるので、明日の午前中に来訪されたし。」来れますか?ではなく来なさい。質問ではなく強制。しかも問題解決するまで軟禁状態になりそうな雰囲気なので、予定していたシンガ...