宿泊記 やっぱりお酒は禁止 JWマリオット クウェート

クウェート2日目はJWマリオットクウェートシティへとマットレスラン。


先ずはサルヒア・コンプレックス(Salhia Complex)というホテル直結のモールへ。これまた高級で凄いのなんの。


ニューイヤーセールの棚に900ディナール(≒32万円)の香水の小瓶が何気なく置かれてて目を疑ったわ。希少性のある材料を用いてると店員が言ってたけど、ちょっとかがせてもらったら、そこらへんのアラブのおっさんの匂いとの違いが自分には分からず…

ひだり みぎ
外に出てホテルの外観を見てみても、バブリーな感じっす。明らかに一泊目に泊まったコートヤードとは客層も違くて、石油王っぽいアラブ人や石油買い付け担当みたいな白人の姿もちらほらと。

DSC_6684
DSC_6661
お上品なロビー。フロント脇に掲げられた王家の方々のポートレイトからしてコートヤードとは高級感が違いますw

部屋:エグゼクティブスイート

フロントスタッフはコートヤードと同じくオール出稼ぎ組で、今回は湾岸戦争直後からクウェートに住み着いているという大ベテランのインドネシア人マダムが担当してくださった。

DSC_6667
ここでもやはりアンバサダーステータスは強く、オイルエグゼクティブでもないただのしがないサラリーマンなのに、エグゼクティブスイートにアップグレード頂いてしまった。テラマカシッ!

DSC_6703
窓の外のビューも楽しめますよ~なんて聞かされていたけど、カーテンを開けると霞んだテレコムタワービュー。どれだけ景色が良くても、

ひだり みぎ

通常のデラックスルームの2部屋分かな。リビングだけで3人掛けのソファ×1、1人掛けソファ×1、木製チェア×3と一人で泊まるのに座るところありすぎぃぃw

ひだり みぎ
DSC_6679
水周りはリビングに比べて若干手狭だけど、アラブ人富豪が好きそうな上品な空間に仕上がってる。

プラチナ会員用ベネフィット

ひだり みぎ
ラウンジでのフルサービスの他、ロビーフロアのオシャレレストランでの朝食も付けて頂けます。

ただ、気になるのはAppetizers and Hors D’oeurvesというところ。Evening CoctailやHappy Hourと表現されていないあたり、やはりアルコールは提供されないのか…

DSC_6749
また、これは凄いなーと思ったのは空港へのシャトルバスサービス。空港空港から20kmも離れてるのに一時間に一本の頻度で無料の空港送迎バスを走らせてるのは素晴らしい。
宿泊前にゲストリレーションズのマネージャーからメールを貰ってたんだけど、無料空港送迎の情報を教えてもらいたかったわ。そうすれば昨晩もこちらに泊まってたのに。

エグゼクティブラウンジ

ひだり みぎ
朝食:06:00-10:30
アフタヌーンハイティ:15:00-17:00
オードブル:17:30-19:30
イブニングデザート:19:30-21:30

アフタヌーンハイティー:
ひだり みぎ
ハイティーのサービスがあるとのことでラウンジに来てみたが、なんともしょうもない内容。17:30からのオードブルに期待して、ここはスルー。


イブニングオードブル:

DSC_6729

DSC_6732
スパークリングワインはありますか?スパークリングウォーターならあります。ビールはありますか?ノンアルビールならあります…

ということでMoussyなる中東で人気の麦茶で乾杯。お食事は種類が少なかったですが、アルコールが無い分ミールにお金を回せるのか、なかなか美味しかったです。

朝食

DSC_6722
朝食はロビーフロアのレストラン“Crossroad”で。

DSC_6765
DSC_6762
雰囲気あるわー。

ひだり みぎ
ナッツ類すっごい色々あって質も高かったのが個人的にはポイント高い。

DSC_6764
ただ、肉も野菜も卵もホットミールが全て冷めきってしまっているのは非常に残念だった。中東ではアツアツの料理を食べないのかな?と思うくらい、ことごとく冷え切ってしまっていました。

プール

DSC_6752
プールは室内のみで、営業時間は06:00-23:00。

所感

普通に優秀なホテルですが、有償だと1泊3万円はやっぱり高い。
アジアは勿論、他の中東諸国と比べてもクウェートのグローバルチェーン系ホテルのレートは高めです。ラウンジでのアルコール古事記もできないですが、ホテルでまったり滞在というのにも不向き。来る前から分かりきっていたことではありますが、残念ながらクウェート自体が観光で来るようなところでは無いっすね。

まぁ明日は中東の遊び場バーレーンだから、クウェートで溜めたストレスをバーレーンで思いっきり発散してきたいと思います!

【JW Marriott Kuwait City(JWマリオットクウェートシティ)】

所在地:Al Shuhada Street Safat, Kuwait City
電話: +965 2245 5550
HP:https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/kwijw-jw-marriott-hotel-kuwait-city/

Related posts(関連記事):

インターコンチネンタルホテルハノイ ランドマーク72 クラブフロア 宿泊記
この日は2017年9月21日にグランドオープンした“ばかり”のインターコンチネンタルハノイ ランドマーク72(Intercontinental Hanoi Landmark72)に宿泊することに。“ばかり”と言っても怠けていて宿泊記のアップに時間がかかってしまい、既にオープンから1年超の時が経ってしまっているが… ハノイにはゆったりまったりと過ごすには絶好の場所であるタイ湖の畔にベトナム風情...
深センJWマリオットホテル(深圳金茂JW万豪酒店)宿泊記
この日はツイッター等々でお世話になっているホテラーマイラー界の大御所様の訪中スケジュールに合わせて小生も深セン入り。JWマリオット深センホテルに泊まり、ラウンジでオフ会を催す運びとなった。 深センには宝安空港傍にもJWマリオットがあるが、今回お会いさせて頂く方が羅湖にお泊りとのことだったので市内に近い方のJWマリオットを選択。車公廟駅と地下鉄香蜜湖駅の中間地点にあり、マリオット系列のホテルの...
宿泊記 Golden Triangle Boutique Hotel サンクトペテルブルク
レニングラード、もとい、現サンクトペテルブルクでの宿をどこにするか。高級ホテルからゴリゴリのスターリン様式で建てられた変化球系ホテルまで、良さげなホテルが多いモスクワでもホテルの絞り込みで迷ったけど、ペテルブルクでは逆に選択肢が少なくて迷いに迷った。 マリオット系列のWサンクトペテルブルク様がご存命であれば即決だったんですけどね、残念ながらアコー系列のソフィテルにリブランドされてお逝きになら...
Eldora Hotel Hue (エルドラホテル フエ)宿泊記
世界遺産グエン朝王宮を有すベトナムきっての観光名所フエ。さぞかしホテルオプションは豊富なのだろうと思ったが…残念ながらフエには所謂グローバルチェーン系のホテルが進出しておらず、泣く泣くベトナム内資系で一番まともそうなエルドラホテルをBooking.comで予約した。チェーン展開しているわけではなく、フエだけで運営するミニブティックホテルらしい。 (adsbygoogle...