クアラルンプール国際空港のマレーシア航空ゴールデンラウンジ

KULでのトランジット時間を潰す為に三井アウトレットパークKLIAまで足を運んだものの、ショッピング欲が刺激されるような目ぼしい物がなく…。結局KLIAに戻ってラウンジ詣ですることに。クアラルンプールのゴールデンラウンジはマレーシア航空の本家本丸ですからね。やっぱり本拠地ラウンジって期待しちゃうんで、ボーディングまでの50分でパパッとラウンジを見て回ろう。

ここクアラルンプール国際空港のマレーシア航空ラウンジだが、国際線で飛ぶ場合はサテライトとメインターミナルの2箇所のラウンジを利用することができる。

・サテライト(サテライトビル)
・リージョナル(メインターミナルビル)
・ドメスティック(国内線)

いかにもメインターミナルの方が本気ラウンジっぽい感じがするが、規模が大きく立派なのは国際線の大型機や長距離線が離発着するサテライトターミナルの方。この他、ワンワールドのラウンジ入室資格がありマレーシア航空に拘らないのであれば、キャセイラウンジやプラザプレミアムラウンジなんかも利用可能。

先ずは出国検査を済ませた先にあるメインターミナルビルのリージョナルラウンジへ。

メインフロアからエスカレーターで上階へ…。こちらのラウンジはファーストクラス・ビジネスクラス共用ラウンジとなっていて、規模も小さめ。まぁ自分でリージョって言っちゃってるくらいですからね。リージョ相応の規模となっている。


エスカレーターを上りきったらいきなり目の前が受付で、厳つい顔つきの男性スタッフが厳めしい表情で迎えてくれる。こういう受付業務は若い華のある女性に任せた方が印象が良くなるんだけどなぁ。


内部は優雅にも池なんか設けちゃったりして、スタイリッシュで上品な設計になっている。リージョだなんて馬鹿にしちゃったけど、入った感じは結構立派で好印象。

ひだり みぎ
メインのシーティングエリアは大きな窓に面していて日当たりが良く、メリディアンのロビーを広くしたようなアーティスティックな空間になっている。

ひだり みぎ
餌はフルーツからオードブル・野菜系、ガッツリ系、デザートと一通り揃っており、品数は多くないものの、フードファイターなラウンジ利用者の方々でもまぁ満足できる内容だろう。

ひだり みぎ
ガッツリ系メニューも多し。味は知らん。

ひだり みぎ
専属スタッフが配員された有人ヌードルステーションやバーカウンター、シャワー、有料スパなんかもあったりと、ラウンジ規模の割には充実したサービス内容となっている。昔あったハーゲンダッツが無造作に放り込まれてたアイスケースが撤去されてたのがちょっと残念だけど。


冷蔵庫の中はノンアルコールのソフトドリンクやデザート類のみ。アルコールは先述の友人バーカウンターでオーダーする必要がある。メニューはビール(タイガー・ハイネケン)に簡単なカクテル、ワイン、シャンパンなど。勿論全て無料で供される。

香港行きの便がサテライトのゲートだったので、リージョナルラウンジでは適当に観察だけしてエアロトレインでサテライトビルへと移動することに。
ひだり みぎ
サテライトのゴールデンラウンジは床面積4,000m²と、世界でも最大級の広さを誇るマレーシア航空の国際線旗艦ラウンジとなっていて、こっちは完全なる本気仕様。レセプションの床や壁もピッカピカしてて、マレー航空の気合が感じられる。


受付の右手がファーストクラス・左手がビジネスクラスのラウンジと分かれており、今回は丸子ダイヤパワーで右側に入れてもらう。


広くないラウンジの中を5人ものスタッフが巡回しているが、利用客は小生のみという状況。手持無沙汰にしていたマレー系男子スタッフ曰く、ラウンジ内はシガールームやバー・ダイニングエリアがある他、ベッド付きの仮眠室もあるんだとか。24時間営業でシャワーまであるし、ここなら夜越しのトランジットでも全くもって苦にならないな。普通にトランジットホテルとして利用できてしまう。

色々と内部監察させてもらいたかったが、この日は時間が無かったので、ダイニングエリアのみ利用させてもらうことに。

通されたダイニングスペースは完全なる高級レストラン仕様。30席程の広さの店内に着席すると、非常に礼儀正しくマナーのある給仕が注文を取りに来た。


メニューはランチ仕様だけど、アペタイザー・スープ・メイン・デザートと揃えられている。とりあえずシャンパンだけ頼み給仕さんに時間が無い旨を伝えると、「それでは宜しければブッフェコーナーの食事をどうぞ。」とセルフサービスのブッフェコーナーへと案内された。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
こんだけ利用客が少ないのにようやるわ。ビジネスクラスラウンジの方にも更に多くのブッフェメニューが用意されているとのことだが、ここではフルーツだけ美味しくいただいて、慌ただしく出発ゲートへとダッシュする。無駄にアウトレットパークなんか行かなければもう少しマレーシア航空の本気を堪能できたのになぁ。

最後に…関連情報としてマレーシア航空のアップセル価格表を載っけておく。

価格行先
420CMB
460PNH・HKT・BWN・SIN・REP・KTM・DAC
590TPE・XMN・PVG・CAN・PEK・HKG
710KNO・CGK・DPS・SGN・HAN・RGN・BKK・MNL・MLE・MAA・HYD・BLR・BOM・COK・DEL
770DRW
840ICN・KIX
1250NRT
1950ADL・BNE
2080JED・DXB
2290SYD・MEL
2460AKL
2540IST
3810AMS
5510LHR

*KULからの片道価格。往復の場合は2倍。
*通貨はリンギット。

Related posts(関連記事):

中国南方航空 シンガポールー広州 A319 ビジネスクラス搭乗記 チャンギdnataラウンジ
シンガポール出張を終え、南方航空にて広州へと移動する。 広州-シンガポールは一日平均8便(シンガポール航空=2便・スクート=2便・南方航空=4便)飛んでるんだけど、広州での仕事終わりに飛べる夜便は南方航空しかないので、広州からシンガポールに飛ぶ際にはいつも糞機材(A320・A319・B737)を飛ばす南方航空の利用を余儀なくされている。南方航空は良い機材も多数保有してるんだけど、東南アジア路線は...
JL751 成田ーハノイ B787-8(SS8) スカイスイート787(Sky Suite 787) 搭乗記
この日はJL751便で成田からベトナムの首都・ハノイへ一っ飛び。機材は普段から中距離路線でお世話になっている787だけど、ハノイ路線は同じ787でも新型ビジネスクラスシートを積んだ新仕様機材「SKY SUITE 787(SS8)」の787で運航されている。 そう、JALは二種類の787-8を運行しているのである。 旧機材:JALシェルフラットネオのC42席+Y144席の計186席 新...
ガルーダ航空国内線ビジネスクラス B737-800
定刻通りに搭乗開始となったジョグジャカルタ行きGA202。外は未だ真っ暗闇の中、ボーディングブリッジを通り機内へと進む。初のガルーダ・インドネシア航空だ。社名の「ガルーダ」は、言わずもがなインドネシアの国章でもあるヒンドゥー教の神鳥ガルーダに由来するもの。ヴィシュヌ神を乗せ、炎のように光を発しながら天空を駆け抜けたと言われている伝説の鳥・ガルーダだが、今日では神ではなく普通の一般客を運ぶ役割へと都...
深夜便 CX753でジャカルタへ
新年明けて間もない1月13日、インドネシアから一本の電話が入る。 この担当者様とは新年挨拶の電話で話したばっかりだが…嫌な予感。そして、嫌な予感は大体当たる。 「新年早々だが、新規プロジェクトで問題発生の兆し有り。関係各社も集合させるので、明日の午前中に来訪されたし。」来れますか?ではなく来なさい。質問ではなく強制。しかも問題解決するまで軟禁状態になりそうな雰囲気なので、予定していたシンガ...

コメント

  1. […] クアラルンプール国際空港のマレーシア航空ゴールデンラウンジKULでのトランジット時間を潰す為に三井アウトレットパークKLIAまで足を運んだものの、ショッピング欲が刺激されるよう […]