搭乗記 エアアスタナ A321ビジネスクラス ラウンジ飯はまさかの有料

カザフスタンの商都アルマトイでの短い滞在期間を終え、次なる目的地であるウズベキスタンのタシケントへ。今回もカザフスタンのフラッグキャリアであるエアアスタナで飛んできます。中央アジア・インド地域で7年連続ベストエアラインに輝いたその実力は如何に。

ビシュケク⇒アルマトイのアスタナ航空搭乗記:


この記事がアップされる頃にはエアヌルスルタンに改名されてそう。

搭乗手続き


中央アジアでも最大規模の町の国際空港なんで込み合ってるかと思いきや、時間帯的に離発着する便が少ないのか空港内はガラガラ。空港に入る為の無駄な荷物検査もなければ悪徳ポーターもいない、なんとも平和な空港です。

出発ターミナルには土産物屋も飲食店も出てるけど、悲しいくらいにガラガラ。

電光掲示板を見るとフライトの本数が少ないわけではないようだけど、各フライトの目的地を見ると半数以上は国内線。国内の移動だと鉄道やバスの方が人気なのかな。


いかにも旧ソ連製といった武骨な作りの携帯電話充電サービス機も、ターミナルの端っこで使われることなく錆び付いてます。


町の規模に比べると空港も小さめ。エアアスタナのハブ空港というのにチェックインカウンターもエコノミーが2レーン、ビジネスが1レーンしか用意されていない。


お陰で待ち時間も無くすんなりと搭乗手続きが完了。空港に着いてから10分程度で搭乗手続き⇒保安検査⇒出国審査を終えることができました。

出発フロアの制限エリアにも土産物屋やキャビアショップ、カフェ、ファーストフード店なんかが出店してる。流石は中央アジアきっての大国、しょぼしょぼな土産物屋が数店あるだけのキルギスの首都空港とは違います。

ひだり みぎ
ウォッカがEUR2.5~と市内と比べて大きな価格差がないのも良いっすね。

エアアスタナ ビジネスクラスラウンジ

アルコール臭の激しい安物ウォッカを調達してから、お待ちかねのエアアスタナラウンジへ。

驚くほど飾りっ気の無いラウンジのエントランス。黄色いサインが非常階段へと続く勝手口かのようではあるが、一応、ここがエアアスタナの本丸ラウンジらしい…

ひだり みぎ
中もやる気の無い待合室レベル。資源国のフラッグキャリアの本拠地ラウンジって豪華爛漫な作りって相場が決まっているんじゃなかったんですかね。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ミールも辛うじて軽食が置いてある程度。美味しくはなさそうだけどドライフルーツくらいつまんでやろかと思って手を伸ばすと…「あなたは食事を食べる資格はありません」と、社会主義国クオリティの不愛想さがウリのラウンジスタッフに止められるではないか。ビジネスクラスに乗ってビジネスクラスラウンジで食事をする資格が無いというのは初めてのことで戸惑ったが、このラウンジ内の食べ物・飲み物の一切は有料なのだと。

エアアスタナからの説明書きも準備されていた。

一時的な処置ではあるようなことをにおわせた文章になっているが、「Air Astana temporarily stopped providing food and beverages service in international Business Class Lounge. We are pleased to invite you to the Business Lounge where you can wait for the boarding call invitation to your flight.」だと。これじゃあガチでただの待合室やんけw 同情されたのか、最後はウォーターサーバーの水は飲んでいいとの許しを受けましたw


気になってアスタナエアーのホームページも見てみましたが、確かにAccess Only, No Service Includedと書かれていました。いくら自社ラウンジではないとはいえ、ハブ空港のラウンジでこの仕打ちは酷い…


有料メニューも用意されているが、サンドイッチが3,200タンゲ(≒1,000円)もする。羽田でも1,000円も出せば大勝軒のつけ麺を食べられるんですが。


Horse Assorted(馬の盛り合わせ、5,500タンゲ)は気になって注文しそうになりましたがw


ラウンジの外のオシャレカフェでも800タンゲ(≒250円)でピザ丸々一枚が食べれる世界ですからね。ラウンジの外で食べ物を買って中で食べようとしても注意されたし、このラウンジはほんと利用価値無い。

ぼちぼち搭乗開始時刻が迫ってきたので待合室を出ると、既に搭乗ゲート前には人だかりができていた。

エアアスタナの優先搭乗ルール:エアアスタナのノマドクラブ上級会員及びビジネスクラスの乗客は、エコノミークラスの乗客の列の前に割り込んでいくという図々しさが試されるスタイル。


この人並みを描き分け最前列に特攻しろと。こんなん先に並んでた方々の顰蹙を買うこと間違いないじゃないっすかw カザフスタン人って体格良いし、身体能力高くてレスリングとかボクシング強いんで、下手に割り込もうもんならボコられるんじゃないかw

フライト:カザフスタン・アルマトイ⇒ウズベキスタン・タシュケント

結局、カオスな人込みの中を中央突破して最前列に行く勇気がなかったワイ。大人しく順番待ちして搭乗することに。


ひだり みぎ
この日の機体はA321。シートは先日に乗ったA320と変わらないけど、A321には一席一席にエンタメシステムのモニターが付いてきた。プログラムも、カザフスタン映画や音楽が楽しめたりと中々充実してました。

ひだり みぎ
ヘッドセットもあるし、充電用のグローバルソケットとUSBポートも完備。スタイリッシュだし、ナローボディ-のビジネスクラスとしては確かにレベルの高さを感じさせるシート周りではある。


ひだり みぎ


ウェルカムドリンクの泡を飲みながらオシャレなセーフティービデオを鑑賞。

そしてテイクオフ。

6,000m級の山々に覆われたアルマトイの町から山脈に沿うように一路西へ。

ひだり みぎ
マウンテンフライト並みの迫力を楽しんでいると、朝青龍似の女性CAさんによりガーリックトーストとコーヒーが運ばれてきたのだが…当地の文化的にはコーヒーに入れるのはシュガーでもミルクでもなくハニーなのか、カザフスタン産のハチミツがコーヒーと共にサーブされた。


馬肉or羊肉くらいのエスニックな選択を迫られるかと思ったのですが、メインの方はチキンのガランティーヌとハッセルバックポテトというあっさりとした内容。フライト時間1時間半の短距離路線の飯なんてどこのキャリアでもこんなもんでしょう。

あっという間ですからね、1時間半のフライトなんて。Tar Zamanというカザフスタン産歴史物ノンフィクション映画の結末を見届けることなくタシケントに到着してしまいました。

後日乗ることになるウズベキスタン航空に見守られながらのスポットイン。


ありがとうエアアスタナ!ラウンジのミールが有料だったこと以外は素晴らしかったです!

タシケント国際空港

タシケント国際空港は世界の空港のワーストランキングの常連なので心してかかったけど、悪評とどろく税関申告も入国審査も何も問題なく入国出来て拍子抜け。以前は所持している各通貨の手持ち金額を記入させられていたそうですが、今回は税関申告書や入国カードも無くあっさり入国できました。ビザ免除、闇両替廃止で随分と訪問しやすい国になったようですね。

Related posts(関連記事):

宿泊記 ソ連時代の大箱ホテル ホテルウズベキスタン
タシケントでの宿は立地最強の大箱宿、ホテルウズベキスタンに泊まることに。町の中心に作られたティムール広場に面して建ち、地下鉄のAmir Temur Hiyoboni(アミール・ティムール・ヒヨボニ)駅から徒歩1分という立地至便の4つ星ホテルっす。ソ連時代の国営ホテルということで古さが気になりますが、どうせ観光で出ずっぱりですからね。ここは部屋の快適性よりも立地条件を取りました。 メトロマ...
VN175 HAN⇒DAD ベトナム航空国内線ビジネスクラス
香港からのVN593は定刻通り15:30にハノイに到着したものの、沖止めされた機体からターミナルへのマイクロバスの手配が遅れているようで、機内にて足止めを食らうことに。CA「あっはっはー。これだからランドスタッフはねぇー」じゃないぜ!何でそんなに他人事なんだい、まったく!ベトナム到着からほんの数分でベトナムクオリティーをまざまざと見せつけられる。はぁ…ここでの時間のロスに加え、去年の大晦日に国際線...
ラオス国営航空 ビエンチャン ワットタイ空港⇒バンコク エコノミークラス搭乗記
遂にラオスを離れる時がやってきた。ビエンチャンからバンコクまでは1日6本の飛行機が飛んでいて選択に悩んだが、今回は翌日00:25バンコク発JL738への接続を考え、18:40ビエンチャン発19:40バンコク着のラオス国営航空QV445で移動することに。 [table id=36 /] ビエンチャン⇒バンコクのフライト。ラオス国営航空って数年前にパークセーで墜落事故起こしてるんで怖かったけど...
敦煌から西安へ 中国東方航空A319エコノミークラス
さぁ、年末年始のシルクロード旅行もいよいよ大詰めを迎え、この日は中国東方航空便で甘粛省の敦煌から今回の旅の最終目的地である陝西省の西安へと飛んでいく。本当は鉄道、いや、三蔵法師諸氏のように駱駝と苦楽を共にしながら西安まで向かいたかったところなんだが、時間の都合上、今回はどうしても飛行機をつかわざるを得なかった。 空港への移動はホテル前から12番のバスで3元。新疆では殆ど見なかった観光客...