搭乗記 フィリピン航空 A321 ビジネスクラス 香港→マニラ
搭乗記 フィリピン航空 A321 ビジネスクラス 香港→マニラ

搭乗記 フィリピン航空 A321 ビジネスクラス 香港→マニラ

今日はホングコングから真夏のおマニラへ。


まさかのP航ことフィリピン航空での移動となり、気持ち高ぶらないw

ラウンジ 紫荊堂(クラブ バウヒニア)


指定ラウンジは香港航空の紫荊堂(クラブ バウヒニア)。香港航空の自社客だけでなく、今回のフィリピン航空やロイヤルブルネイ、ネパール航空、吉祥航空、フィジー航空、フィンエアーなんかのビジネスクラス客にもサービスを提供しているそう。


階段でグランドレベルまで降りてみると、ラウンジ内は思ったより広かった。今回は利用してませんが、シャワーもあるそうです。狭い狭いと聞いていたけど、アライアンスに所属していない航空会社のラウンジとしては十分でしょう。


一番奥には横になれる仮眠スペースまであるし。短距離便なのに深夜の時間帯発が多かったり、たまーに激安な運賃を出したりするのでLCCと間違えられがちですが、香港航空はきちんとしたフルサービスキャリアですからね。

ひだり みぎ
お酒も充実で、ワインにもこだわりあり。

ひだり みぎ
他にもサラダや揚げ物、飲茶などがありました。高いレベルで安定の味。

ひだり みぎ
エッグタルトだけでなく、エッグワッフル(鶏蛋仔)まで用意しているあたりが香港航空らしいというか。P航の機内食が期待できなそうだったこともあり、ガッツリと香港飯を楽しませて頂きました。

フライト(A321 HKG→MNL)


搭乗ゲートは500番台。「馬尼拉(中国語でマニラ)」の漢字表記は脱力感あって良いですねw 尼さんを引っ張る馬www


マニラまでのフライトタイムは2時間20分、機体は小さめのA321ceoでした。予約段階ではA321としか表記されておらず、アタリ機材のA321neoとハズレ機材のA321ceoの判別ができないんですよね。こればっかしはもう完全ガチャ要素で、今回はハズレ籤を引いちゃいました。


ビジネスクラスは2-2のシート配列。A321neoだとナロー機材でもフルフラットシートになるのですが…今回は香港→マニラのウルトラショート便なので仕方ありません。


ウェルカムドリンクのレモネードは果肉入り。パックのジュースそのまま渡してきたらどうしようとか思ってましたが、オレンジジュースにもオレンジのスライスを入れてましたし、意外とやる気あるじゃないですかフィリピン航空さん。


機内食も超短距離便のものとしては及第点。
フィリピーノホスピタリティ全開の若い女性CAさんも好印象でしたし、ワイとCAさんの会話にグイグイ突っ込んでくる隣のフィリピン人(栄光のマブハイマイルプレミアエリート会員)も含めて、機内のノリが完全にラテン世界のそれでしたw


乗って食ってするだけで着いちゃう短距離便でしたが、予想に反して良い印象を受けたP航フライトでした。

Related posts(関連記事):

JL720 ジャカルター成田 スカイスイート767 ビジネスクラス搭乗記
ジャカルタからの帰国はJL720のスカイスイート767で。朝04:30にホテル出発し、ジャカルタ名物・暴走狂ドライバーによる荒~い運転で夜闇に包まれたスカルノハッタ航空へと移動する。 空港到着後の荷物検査を経てC客専用のプレミアラウンジ直通プライオリティチェックインカウンターへ。 しかし、JALはプライオリティカウンターが使えないとのことで敢え無く撃退され、せっかく空港の端っこまで来た...
搭乗記 アラビアンな香りがプンプン エミレーツ航空 B777-300ビジネスクラス ドバイ⇒香港
いよいよ今回の旅行の最終章。エミレーツのビジネスクラスでドバイから香港へと向かいます。 Fからの強制ダウングレードの刑に処されたのでしょっぼい機体が来ると覚悟はしていたけれど…案の定B777-300がゲートに鎮座してるのを見るとガックリきますね。エミレーツの深夜便でコレが来たら個人的には外れクジだと思います。 エミレーツらしい一見ゴージャスな雰囲気ではあるんですが、シートはフルフ...
CX703 キャセイで飛ぶバンコク出張 B777-300(773Z)
急なバンコクでの打合せが入り、いつものキャセイでバンコクにひとっ飛びすることに。 幸いにして、香港―バンコクはシャトルバスかよと突っ込みたくなるくらい頻繁にCXがピストン運行してるので、出発直前でも乗りっぱぐれる心配はない。この日を例に挙げると… 08:40 CX705 A330-300 09:10 CX713 A330-300 10:00 CX615 A330-300 12:0...
久しぶりのジャンボのアッパー B747-400(B74K)CX543 羽田ー香港
本日はいつものCX羽田便のいつものB747-400(B74K)でいつもの通り香港へ移動する。今年はこの便で10往復以上しているが全くもってインボラが発生していないので、この日も全くもって期待せずにチェックインカウンターへと向かう。インボラに対する夢も希望も捨て、無心、無欲、完全なる無の境地。ビジネスクラスへの一切の妄念・欲望・煩悩から解脱された悟りの精神でチェックインに臨む…すると、「本日、満席と...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。