ル・メリディアン クアラルンプール スイートルーム宿泊記

もうだいぶ前のことになるけれど、去年の下半期にマレーシア・シンガポールへの出張が2度ほど入りましてね。シンガポールでは大人事情もあり週末も単独行動がなかなかできないんだけど、マレーシアでの週末はほぼほぼ自由な単独行動が許される為、週末を使って何箇所かのホテルに泊まってきやしたわい。

一発目は空港からのアクセスの良さが魅力のル・メリディアン クアラルンプール
ひだり みぎ
空港からの移動手段はもちろんエアポートエクスプレス。2016年に片道35リンギット(≒980円)から55リンギット(≒1,540円)に50%超の大幅値上げを敢行したKLIAエアポートエクスプレスだが、やっぱりそれでも目的地がKLセントラル周辺だと断然早くて便利なんで利用してしまう。


ひだり みぎ
空港から30分でKLセントラルに着き、そこから標識に沿って歩くこと数分という最強立地にあるル・メリディアン。セントラル駅周辺には観光スポットがある訳ではないが、マレー鉄道に乗れば他都市へのアクセスも可能なので、周辺都市観光の拠点としても魅力的な立地条件である。

ひだり みぎ
駅から出て横断歩道を渡ると直ぐ目の前に聳え立つツインタワーが見えるのだが、この右手側がル・メリディアンで、もう一方の建物はヒルトンという構造になっている。

ひだり みぎ
ル・メリディアンとヒルトンは入り口も隣接。価格帯もほぼ同水準で、ヒルトン系かSPG系かお好みで選択することができる。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
SPG推しな自分はもちろんル・メリディアンを選択。なんだか妙にアダルトな雰囲気のロビーへと進むとフロントデスクに日本人スタッフさんが待ち構えて下さっていて、凄く事務的にパパパッとチェックインが完了した。

ひだり みぎ
こちらのメリディアンは全420室の中でスイートは23部屋のみという部屋割りでアップグレードに渋い印象があったんだけど、どうやら今回はスイートルームをご用意頂けていたようだ。これもSPGアンバサダーパワーなのだろうか。ホテルによってはアンバサダー会員であることを事前把握しているようなので、アンバサダー会員になることによってアップグレードされる確率が上がっているのかな。実感的には今までと何ら変わらないと思うんだが。


因みに今回ご用意頂いたメリディアンスイートは、有償でもそこまで高くない上にスイートスポットオファーで3,000ポイントが付いてきたりするので、海外出張時に一泊2万円程の宿泊予算が経費として出るのであればこちらのプランでの宿泊をお勧めする。

部屋:Le Meridien Suite


初めてのメリディアンスイートは、当たり前だけどデラックスやプレミアルームと比べて随分と広い。そしてメリディアンらしく超スタイリッシュで、どこかのイケイケ家具屋のモデルルームみたい。

ひだり みぎ
ひだり みぎ

前衛美術風インテリアやイスラム風幾何学アートが満載。


ひだり みぎ

ウェルカムスイーツはホテルで焼き上げたクッキーとマフィンで、丁寧な手書きレターと共にワークテーブルにセットアップされていた。普段ウェルカムフルーツは殆ど手を付けないままチェックアウトすることが多いので、夜に小腹が空いた時につまめるお菓子が出てくると小さなことだけど非常にありがたい。



ベッドルームもシックで落ち着けるし、ベッドも良い感じの沈み具合で寝心地抜群だ。

ひだり みぎ

バスルームは打って変わって明るい純白を基調にした清潔さがウリ。バスアメニティーは昔はスイートルーム専用にCINQ MONDESが用意されていたが、今はルームタイプにかかわらず全てMALIN+GOETZの物に統一されてしまった模様。この点だけCINQ MONDESが気に入ってた自分としては残念で仕方がない。

クラブラウンジ

クラブラウンジは33階に位置。生ビールのサーバーが3種類もあるのにも驚かされたが、なにより目を奪われたのはオープンキッチンになっている充実のバッフェエリア。事前の案内ではちょっとしたおつまみ程度の”軽食”が用意されているとのことだったが、そのラインナップは生ハムやチーズ、サラダといったコールドディッシュのみならず、ライブキッチンで作るパスタから始まりピザやパルミジャーナといったイタリアンに中華系の点心、インディアンカレーやラザニア、ラムキューブといった各種ホットミールととにかくすごいバラエティで、見る物の胃を驚かせ、奮い立たせてくれる。
ひだり みぎ

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ラウンジ内部は広いし良い雰囲気。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ


ほんとガッツリ食べさせてくれるわ、ここのラウンジは。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
生ビールのサーバーも3本もあってちょっとしたバーみたいだし、もう本当に言うことない。

ひだり みぎ
極めつけはフレンドリーシェフの作るパスタステーションやね。麺の種類や茹で加減、ソースや具材なんかも細かく指定してカスタムメイドのパスタを作って頂けるんですわ。ほんと、ラウンジのカクテルアワーの充実ぶりでいったら2017年度トップ3に入ってくると思う。

朝食

ひだり みぎ
夜そんなに食ったのに朝からまた食うんか!と叱られそうだが、もちろん朝からLatest Recipeでガッツリと朝食も頂きます。


朝食も和食からインド料理・中華など広く取り揃えられていて大満足の内容。特に完熟もの揃いのフルーツが良いね。食べ頃の赤・黄のスイカ、ドラゴンフルーツ、ジャックフルーツ、赤肉腫のメロン、青肉腫のメロン、パパイヤといったところがキンキンに冷やされてるんだから。


朝から腹いっぱいに食べ頃フルーツを頬張れる幸せ。

プール・ジム

ひだり みぎ
ひだり みぎ
後は8階にあるプールもヒルトンと共有なだけあって利用客も多いけど、そのぶん広くて豪華だった。滝やちょっとしたウォータースライダーまであったりするし、夜のライトアップも凝っててちょこっとしたウォーターパークっぽい。

アロフト・エレメント・シェラトン・ウェスティン・セントレジスに加え2018年7月からはWも開業するなどSPGのブランドが豊富に展開するクアラルンプールだけど、個人的にはここル・メリディアンがコスパの高さでは一番だと思う。

8,000円弱++~とかですからね。これで朝晩思いっきり食べ飲みさせて頂けるとかほんとSPGプラチナライフは止められない。

ル・メリディアン クアラルンプール/ Le Meridien Kuala Lumper


Booking.com



住所:2, Jalan Stesen Sentral, Kuala Lumpur Sentral, 50470 Kuala Lumpur
電話:+60 3-2263 7888
SPGカテゴリー:3
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00


Booking.com

Related posts(関連記事):

宿泊記 湾岸都市のアーバンオアシス インターコンチネンタル ドーハ ザ・シティ
ドーハに着き、カタール航空のアライバルラウンジであっつあつのシャワーを浴びてから宿泊先のインターコンチネンタルホテルへと移動する。 ドーハにはInterContinental Doha, InterContinental Doha Regidence, InterContinental The Cityと狭い範囲の中に3か所のインターコンチネンタルがあるが、今回泊まるのはディプロマテ...
エルミタージュ トリビュートポートフォリオホテル ジャカルタ 宿泊記
ようやくだ。昨年度は志半ばで断念せざるを得なかったSPG全11ブランド制覇の夢、漸く達成することができた。 今夏にエレメントを落城させリーチをかけてからというものの約3か月、ようやく最後の難関A Tribute Portfolio Hotel"を攻略して悲願達成。同時に今年のSPG滞在数44・宿泊数75となり、Your24の特典も手にすることができた。 まだまだホテル数の少ないトリビュ...
ウェスティン西安 コーナースイート宿泊記
西安での二泊目はSPG系列のウェスティン西安。ここには一泊だけの滞在として、翌日からはアコーのソフィテル人民スクエア⇒シェラトン西安賽瑞城北と観光中にもかかわらずホテルホッピングをする計画である。 ウェスティンを一発目に持ってきたのは立地的な理由。西安のシンボルである大雁塔まで徒歩数分と自分の観光計画にピッタリだったからである。 大雁塔の南広場に面して建つ茶系の縦格子と真っ赤な赤...
ウェスティンホテル東京 クラブフロア宿泊記
ヱビスビール記念館でヱビスビールを堪能した後は、恵比寿ガーデンプレイスの一番奥まったところに建つウェスティンホテル東京へ。恵比寿駅東口改札からスカイウォークで5分ほど移動し、そこからジョエル・ロブションの脇を抜けるか地下のプロムナードを通ってのホテルへのアプローチとなる。地下を通れば雨でも濡れずに移動できるのはありがたいが、歩いたら10分程と、駅からは少々距離があるかな。 高級ホテルは...