昆明長水国際空港とエアポートホテル 雲南省旅行23

いよいよ国慶節休暇を利用した雲南省旅行もいよいよ最終日。翌日は早朝便で昆明を発つ為、この日は空港近くのエアポートホテル的な安宿に泊まることにした。


空港から無料送迎バスのサービスを提供する空港近辺のミニホテルは一泊2,000-3,000円程度と比較的手ごろなところが多く、今回私が利用した宝利莱長水エアポートホテルも税サ込で148元(≒2,500円)という宿泊費だった。

ホテル:宝利莱長水エアポートホテル


空港からのシャトルバス宝利莱ホテル専用ではなく、周辺に密集する何箇所かのホテル利用者との乗り合いバス。その為に他のホテルも順番に回っていくことになり時間がかかるのだが、自分の場合は空港を出てから約15分でホテル着となった。

ひだり みぎ
ロビーは似非高級ホテル風。清潔感はあるし、まぁ2,500円にしては上々か。ただ、国際空港のエアポートホテルを語る割にはスタッフが外国人慣れしておらず、私のパスポートを見るなり「あらま、外国人さん!」みたいな感じでパニって「ごめんなさいね、ごめんなさいね…えーとー…」みたいな感じで登録に戸惑ってしまって、結局別のスタッフが駆け付けるまで10分程待たされた。別に良いんだけどさ、急いでなかったし愛嬌のある方だったから。

ひだり みぎ

中国のB級ラブホ的な内装…シャワー・トイレ・洗面台が分離されていないのがきついが、一泊148元なら文句は言えんか。たかだか一泊、寝るだけと割り切れば全くもって問題無し。

ホテルの周辺環境

近くには雲南の特産品屋がアホみたく並んでるので最後の土産品調達には便利し、怪しげな雰囲気の中に屋台系飲食店なんかも多くあるので食にも困らない。まぁ典型的な中国のエアポートタウンといった感じかな。

ひだり みぎ
最後の晩餐は農民が営む家庭料理屋で牛肉炒めと謎の農民豆腐なる物を食す。旅行中は結構サラッとした薄めの料理ばっかり食べてたんで、こういうドバドバガッツリ系の濃い~料理を胃が欲してて…

昆明長水空港

北京首都国際空港・上海浦東国際空港・広州白雲国際空港と並ぶ中国4番目のハブ空港という位置づけで、主に中国各地から西方への乗継目的で利用される2012年開港の新しい空港。そういやたまに中国東方航空の昆明経由各地行き便でごっつい安い航空券が出てたりするわ。タイ・シンガポール・ベトナムといった定番どころだけでなく、ネパールやインド・バングラ方面行きとかの便。昆明経由デリー出張とか絶対いやだから使わないけど。
ひだり みぎ
いやー、それにしても凄い混雑。国慶節だからどうが、朝5時半という時間なのに、先ず空港に入る為に長蛇の列。続いて搭乗手続きをするのに長蛇の列。続いて荷物検査で長蛇の列…と人民様と朝から押し合いへし合いを余儀なくされる。

ひだり みぎ
こんな時にビジネスクラスカウンターは機能してないし、24社ごっちゃ混ぜのチェックインカウンターなんでとにかく混んで混んで仕方がない。


なんとか搭乗開始時刻までに搭乗ゲートに辿り着いたが、予想通り遅延案内が流れていた。

ラウンジへ

ラウンジ



おお、誰もいないw

ひだり みぎ
ひだり みぎ
食事はあっても食べたくなるようなレベルじゃないけれど、洪水のように押し寄せてきた人民様で超過密状態の外と違って静かにゆったりと過ごせるだけでも利用価値があるわ。


ということでこれにて雲南旅行も終わり!



Booking.com

Related posts(関連記事):

クチャの巨大仏教遺跡 スバシ故城
クチャ市街地から北へ23km。天山山脈の麓に広がる西域最大の仏教遺跡と後漢時代の町跡が残っている。山脈から流れ出るクチャ河の源流部近くに魏晋から唐の時代創建されたスバシ故城で、2014年には「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として世界遺産にも登録されている。 ホテルの受付嬢に運転手を紹介してもらい、500元でクチャ郊外に遺るスバシ故城・クスルガハ烽火台・キジル石窟を時間無制...
羅湖から上水経由で香港国際空港へ 待ちに待った国慶節!
いよいよ待ちに待った国慶節休暇の始まりだ。今回は金曜日の仕事終わりにジャカルタ経由でジャワ島中部の古都・ジョグジャカルタまで飛ぶことに。勤務後の深夜便移動は体力的にキツイけど、数時間でも多く旅行先に滞在する為には多少の無理は仕方が無い。 【移動計画】 00:10 香港発 03:40 ジャカルタ着 05:10 ジャカルタ発 06:30 ジョグジャ着 06:45 シェラトンジョグジャ着...
B級感あふれる上海博物館
本日は久しぶりに上海でゆっくりできる日曜日を迎えられたんだけど、疲れすぎて何もやりたくない重度の社畜症候群に見舞われたので、宿泊先近くにある上海博物館でゆるーく暇潰しするこ程度の活動に控えることに。 まぁ博物館で暇潰しって言っても、故宮博物館・南京博物館と共に中国三大博物館に数えられる上海博物館は2-3時間でサクッと見きれるような生温い弱小博物館ではなく、中国うん千年の歴史を伝える数々の重要...
成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地 楽山・成都旅行11
成都といえば三国志とパンダ!成都最終日は朝から成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地を訪問することに。 パンダって朝早く行かないと食事を終えて寝ちゃったり暑さに耐えきれずにエアコン完備に室内に移動させられたりするらしいので、開演時間と同時に入れるよう急いでタクシーにて向かう。市街地のセントレジスからタクシーで20分、35元の運賃だった。寛平さんみたいな幸薄そうなドライバーに、1時間とかなら100...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。