シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国南方航空 広州ーホーチミン B737-400 ビジネスクラス搭乗記


この日も我らが南方航空で広州からホーチミンへ一っ飛び。ビューンと行っちゃいますよ、ビューンと。


利用するのは19:55広州発のCZ367。この日のフライトでCZ銀(スカイチームエリート)へ昇級となり、CZ金(スカイチームエリートプラス)修行もこれで漸く折り返し地点。年度後半も近郊都市への週末ぶらっと旅行を継続してなんとかCZゴールド行っちゃいますよー。

ということで業務終わりに広州白雲机場へ。

パパッとチェックインを済ませて保安検査場に向かうと、今年の頭に導入された性別ごとのレーンがあった。女性客が人目に気にしてカバンを開ける動作などが減り、従来より通過速度が20%ほど向上する効果が期待出来る(ドヤッ)ってことだったけど、本当にそんな効果あるんかね。


真に評価すべきは「Late Passangers」向けの特別レーン。今までビジネスクラス優先レーンで並んでいても「俺たち、急いでるからさっ」と容赦なく激しい割り込み攻撃に晒されていたのだが、これでそういった輩は別のレーンに弾かれることになった。これでLate Passangerレーンだけすっごい長蛇の列になって機能しなくなったら笑えるけど。

ラウンジについても、ビジネスクラス利用客用のスペースが特別に設けられていて好感が持てる。

入り口で乗客のスクリーニングが行われていて、入って左手がビジネスクラス専用スペース、スカイチームエリート+エリートプラスでエコノミークラスを利用する乗客は右手のスペースへと誘導される。日本でこれやったら大多数の方が「右手にご案内コース」になると思うんだけど、中国はC席パッセンジャーも結構多い。日本と比べるとエコノミーとビジネスの値差も小さいし、そもそも白雲空港から飛び立つ利用客の母数が大きいからな。

ひだり みぎ

ビジネスクラス利用者用スペースはゆったりとしたメゾネットタイプの造りとなっている。主な利用者は短距離中距離便利用のビジネスマン中国人で、たまーに北米・ヨーロッパ行きの白人や富豪中国人の家族連れなんかも見る。食べ方汚い系(クチャラー含む)や全力の大声で電話系の迷惑な利用客もいるにはいるが、そこまでうわー不快だーとなるようなレベルはあまり見かけない。

それよりお食事をどうにか改善してもらいたい。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
これでもかというくらい中華。まぁ中国のラウンジだから仕方がないっちゃ仕方がないんだけど…。一番まともに食べれるのは市販のヨーグルトとピーナッツというね泣

ひだり みぎ
ドリンクもショボー。こんなに面子を重んじる方々なのに、ホームのCZラウンジで他のクレカラウンジよりショボイ内容って…。南方航空のプライドが泣いてるぜ!

ということで食事の楽しめないラウンジは早々に見切りをつけ早めに機内に乗り込むことに。

機材はいつもの寛ぎずらさに定評のあるB737。

これで機内食が美味しければ許せるんだけど…

この日は「牛肉面」「鶏肉米」「点心」と3つのセレクションがある中で点心を選択。これがレンチン食のようで酷いのなんのって。「機内食界の大御所陳氏監修のお料理ですよ(ドヤッ」なんて案内があったけど、そこらへんのローカルレストランのシェフに作らせた方がまともなレベル。


食後は機内エンタメ用として渡されたタブレット端末に入ってた映画をチェックするも、中国語の字幕が殆ど分からず速攻で断念⇒不貞寝をかます。


今日はがっかりフライトだったけど、ホテルこそは当たってくれよーと願いながら夜のサイゴンにアプローチ。

ひだり みぎ
お疲れ!

Related posts (関連記事):

キャセイパシフィックのマルコポーロクラブ
キャセイパシフィックのマイレージクラブ。先日のタイ旅行の際に遂に加入してしまいました。 私は旅好きの母がJALグローバルクラブ(=通称JGC)に属していることから、家族会員としてJGCの恩恵...
マルコポーロクラブの隠れベネフィット“誕生日アップグレード”
今年は誕生日が出張移動日と重なってしまったので、迷わずCXのビジネスクラスを発見。そう、マルコポーロクラブの中の隠れベネフィットの一つとされる誕生日アップグレードを受けられるのだろうか、身を持って試す...
SPGと中国東方航空のクロスオーバー・リワード
えー、今日も誰得なニッチ情報のお時間がやって参りました。日本在住の方には意味のない情報だとは思うが、昨年度末にSPGがエミレーツ・デルタに次ぎMU(中国東方航空)ともクロスオーバーリワードの提携を開始...
中国南方航空 シンガポールー広州 A319 ビジネスクラス搭乗記 チャンギdnataラウンジ
シンガポール出張を終え、南方航空にて広州へと移動する。 広州-シンガポールは一日平均8便(シンガポール航空=2便・スクート=2便・南方航空=4便)飛んでるんだけど、広州での仕事終わりに飛べる夜便は南...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. hiro より:

    いつも楽しく拝見しております。
    特にCZ搭乗記など中国路線はたいへん楽しいです。
    さて、教えていただきたいことがあります。
    北京や上海浦東だと、航空管制によるフライトのキャンセルなどが多発しますが、広州白雲もそのようなことがよくあるのでしょうか?
    広州白雲での乗り継ぎ利用を考える上で、お教えいただければありがたく存じます。

    • ポンズ より:

      hiro様
      搭乗記系は全く需要が無いだろうと思っていたので、コメント頂き励みになります。ありがとうございます!
      北京・上海浦東は小生もよく利用しますが、広州の方が随分とマシな印象です。今年に入って主に南方航空で25回ほど広州空港から飛んでいますが、自分が幸運なだけなのか、30分以上1時間未満の遅延は1回だけで、あとは10分程度の軽度の遅延があるくらいで、遅延がストレスになるようなことは今のところありませ。広州に着く際も、管制による指示でグルグルと空港周辺を周らされたのは悪天候時くらいのものでしょうか。定時発着率はここ1-2年で随分と改善されたと思います。
      とかいって、何故か肝心な時に限ってしでかしてくれるのが中国系キャリアなので…hiro様のご無事を祈っております。統計データ等をご提示できればもう少し説得力のある回答になったのですが…まともな回答できず申し訳ございません。