キャセイパシフィックのバンコク新ラウンジ

バンコク出張を終え、いつものキャセイで香港へと戻る。残る楽しみは今年6月にスワンナプーム国際空港にオープンしたキャセイパシフィックのラウンジだ。

ラウンジを堪能する為に余裕を持ってフライト3時間前に空港に来たところ、チェックインカウンターがカオス混み。

バンコク以遠便であるシンガポール行きCX713のチェックイン時間と被ったからだろうか、カウンターの数も十分あるのに列を捌ききれていない。


優先出国レーンもこの通り混んでいて、空港到着からラウンジに着くまで1時間半もかかってしまう誤算。カウンター嬢曰く、日曜日は比較的混むのだと。あの大群は週末バンコク弾丸旅行者だったのか?


土産はウィークエンドマーケットで調達済みなので免税店はスルーして、新ラウンジがある3階コンコースGへ直行。相変わらずここらな内装は殺風景でパッとしない。

ひだり みぎ
新ラウンジは羽田のキャセイラウンジと同じテイストで設計されている。総床面積679㎡、総座席数140とのことで羽田のラウンジよりはやや小ぶりだけど、前のラウンジみたいにトイレが無いなんてことはありませんw

【営業時間】
月水金: 0400 – 1830
火木土: 0400 – 0100
日: 0400 – 2230

ラウンジ室内の作りは、入って左奥にヌードルバー、正面にサラダバーを中心としたカウンター席コーナー、右手に進むとバーコーナーという横に長い設計になっている。
ひだり みぎ
前のオフィススペースみたいな庶民的ラウンジとは違い、新ラウンジは高級感を漂わせる。香港のピアファーストクラスラウンジのようなオットマン付きの一人掛けソファやデザイナー家具なんかもあったりして、居心地は悪くない。

ひだり みぎ
サラダバーにはソムタムなんてタイらしいメニューも置かれてる。羽田だとサラダを盛り付ける専属スタッフがいるので沢山食べるのが躊躇われるが、ここでは自分が食べたいだけ自分のペースで食べられるw

ひだり みぎ
ダイニングエリアではオーダー制のホットミールが供される。シーティングも十分に余裕があったと思ったのだが、またたくまに満席となり、ボックス席は食べ散らかす系の中かな男とまさかの相席。どんだけ食うんだよ!ってくらい次から次へと料理を持ってきて、相席者にお構いなく机上のスペースをどんどん占拠していきやがる。11月にはカンタスラウンジが閉鎖となるようなので、ワンワールド利用客がここに殺到する予感。

ひだり みぎ
お品書き。
【ブレックファースト】
・エッグヌードルのワンタン麺
・卵、ほうれん草、ベーコン
・魚粥
・卵炒飯

【Dim Sum】
・豚マン
・小海老、豚の焼売
・サゴ米プリン

【ベジタリアン】
・野菜スープのマッシュルームヌードル
・パッタイ
・サゴ米プリン
・サゴ米ココナッツプリン

【昼以降のメニュー】
・ワンタン麺
・トムヤムスープと魚身団子
・グリーンカレー
・パッタイ

ひだり みぎ
左は別の日に頼んだパッタイで、右はサゴ米プリンに魚身団子。一つひとつの料理の分量が少ないので色々なメニューを楽しめる。因みにパッタイは甘すぎ、魚身団子のトムヤムスープは辛すぎた。


薬味やソース類が充実してるので、お好みのテイストにアレンジできる。


続いてバーカウンターのドリンクメニュー。シャンパン(パイパー・エドシック ブリュット)やカクテルも楽しめる他、モクテルやフルーツジュースまであったりとノンアルコールメニューも充実してる。


ガリガリ君のソーダ味みたいな色をしたラムベースのブルーハワイ。こいつをストローでグビグビと飲み干してから慌ただしく出発ゲートへと向かう。

今回は混雑しててじっくり見て回れなかったが、一見したところシャワーが無い点を除けば素晴らしい出来に纏まっている。サクララウンジのシャワーはいつも鬼のような順番待ちだし、営業時間が5:40~9:45と18:00~0:20に限られてるので、これでBKKのシャワー問題が解決される!と楽しみにしてたんだけどなぁ。

1月3日追記
ひだり みぎ
空港内のマップでは削除されていませんでしたが、やはりカンタスラウンジは無くなっておりました。

Related posts(関連記事):

ルメリディアン チェンマイ宿泊記(Le Meridien Chiang Mai)
タイ北部の小都市を回り終え、チェンマイへと戻ってきた。チェンマイ後半戦の宿泊先である立地条件最高のルメリディアン チェンマイに投宿する。ここ3日間は辺境の安宿の岩の様に固いベッドに寝たりもしたので、自分が思っている以上に疲れが溜まっているようだ。昔は安宿の方が逆に落ち着いて過ごせたんだがなぁ。 ひときわ大きい淡い黄色の建物がメリディアンホテル。チェンマイ中心部のチャンクラン通りに位置し...
田舎町ピサヌロークの夜
夜、特にあてもなくピサヌロークの町を探索してみることにする。 先ずは町で一番賑やかであろう鉄道駅前へとペダルを漕ぐ。昼間の殺人的な暑さが嘘のように過ごし易く、チャリで走っていると薄ら寒く感じる程に気温が落ちている。20℃切ってるくらいじゃなかろうか。 町に出てみると電飾が派手に飾られてキレイなのだが、おかげでそこらじゅうから虫が光に誘われ集ってしまっていて、足を止めた瞬間に虫の標的と...
アンコール王朝のルーツが見れるワット・プー
Honda WaveというASEAN仕様の100ccのカブを飛ばしてやって来たワット・プー。プーなんて脱力系の名前ではあるが、れっきとした世界遺産になっている。ラオス南部のタイ・カンボジア国境近くの山の中腹にあるこの遺跡の由来に関しては諸説あるようだが、今から遡ること千年以上も昔に、クメール人の王国・真臘によって建造されたヒンドゥー教大寺院跡という考えが定説となりつつあるようだ。当時はワット・プー...
スコータイ芸術の最高芸術が…残らない ワット・トラパン・トーン・ラーン
次なる目的地は城壁東部のワット・トラパン・トーン・ラーン(Wat Traphang Tong Lang)。初日に城壁内の似たような名前の寺院を見ているが、向こうはワット・トラパン・トーンで、こちらはワット・トラパン・トーン・ラーン。紛らわしいが、二つの異なる寺院となっている。 この寺院の場所は本当に分かりずらい。地図を見るとスコータイ旧市街地と新市街地を結ぶ幹線道路沿いにある筈だが、なかなか...

コメント

  1. 疾風 より:

    こちらでははじめまして。
    某所でお世話になっている者です(IHGダイニングの件・・・その他でw)。

    CXは、最近他社との差別化を図っているのか、ラウンジに力を入れていますよねー。
    BKKのラウンジは、待合所みたいな雰囲気で、正直お茶飲んだらすぐに退出していました。
    しかし、ご紹介頂いた内容ならば、是非立ち寄ってみたいなあと思いましたが、客層は微妙みたいですね(苦笑)。

    ところで、カンタスラウンジは既に閉鎖されてしまったのでしょうか?(涙)。
    以前あったBAと並んで、QFラウンジ好きだったのですが、残念なニュースです。

    • ポンズ より:

      おっ、疾風様、コメントどうもどうもです!
      CXは新塗装機の外観や新ラウンジのコンセプト、会員プログラムの改定内容等から、お上品なハイソ路線、上級国民選民思想的な方向に走ってるような気がしてます。BKKも新ラウンジコンセプトに基づいて設計され、殺風景なオフィスかのような以前のラウンジからはお上品な隠れ家的ラグジュアリー空間に大改良されましたので、お立ち寄りになられる価値はありますよ!

      カンタスのラウンジに関しては余りニュースになっておりませんが、先月の中旬頃に公式に案内があったようで、以下の公式サイトにもバンコクではCIPラウンジの利用と書かれています。ちょうど年明けにBKKを利用するので、念の為に確かめてきます。
      http://www.qantas.com/travel/airlines/qantas-club-lounge-locations/global/en?loungeCategory=qcLounge#international