テーマパーク化したカシュガル老街

週末バザールを出て大通りを西に数百メートル進むと、カシュガル老城なる砂上の要塞のような一角に突き当たる。10世紀に興ったカラハン朝の都の中心部であったとされる歴史ある場所で、今でもウイグル族が住まう居住区なのだという。


観光客用テーマパークのエントランス然とした門が入り口に聳え立つ。少なくとも、ぱっと見ではウイグル人居住区のようには見受けられん。


街の中心部にもかかわわず入り口の手前に巨大で不自然な更地があることからも、中共の手による派手な再開発が進行中といった印象を受ける。

今や世界経済を牽引する程の発展を遂げた中国。その発展・再開発の波は、かつては漢族も近づかなかった西域の辺境の町にも確実に押し寄せいていて、止まることを知らぬ漢族の勢いは旧市街の伝統的で古い町並みを飲み込み、カシュガルの町の姿は劇的に漢族化してきているそうだ。少数民族の特有文化を否定し、漢族との同化を進めることで民族アイデンティティを根絶して民族支配するというのは中国の常套手段である。
ひだり みぎ
うーん、本当にテーマパークのようであり、旧市街地の風情は無い。やはり、最近になって建て替えられたウイグル「風」の居住なんだろうな。

エントランスを入って正面、テーマパーク風な地図が設置されている。「ビジターセンター」や「ビジターインフォ」まで設けられているので、やはりここ老城もウイグル風住居をテーマにした漢族運営の観光地と化してしまったのだろう。

内部は迷路のように複雑な路地が入り組んでいるので、当時は九龍城のように中々にカオスな町であったのだろう。


こんなんとか、もうまさにザ・中国の観光地。

ひだり みぎ
一応は取り壊し前の街並みが再現されているようではあるし、見世物みたいで嫌だろうに実際にここに住むウイグル族もいるにはいるようだ。

ひだり みぎ
嘗ては新疆ウイグル自治区の人口の大部分はウイグル人を始めとする“少数民族”が占めていたが、ここ十年そこいらで漢族の割合が急増。今では漢族が全人口の40%を占めるほどまでに増殖しており、近いうちに人口比率が逆転するとまで言われている。

ひだり みぎ
なんだか映画のオープンセットみたい。

ひだり みぎ
モスクやモール的な建物も再現されてはいるんだけど、新しめの焼き煉瓦で造られているので、やはり最近になって再開発されたものなのだろう。後で行くガチのウイグル族民居は、今にも崩れ落ちそうな日干し煉瓦で造られていたからな。

ひだり みぎ
西側の入り口近くにはマーケット通りがある。

ひだり みぎ

ちょい悪系風なウイグル男性が愛用するテイスティなロシア帽が主な商品。

確かにウイグル人が住んでいてウイグル人が買い物しててと、ウイグル人居住区であるんだろうけど、10世紀カラハン朝時代からの流れを汲むカシュガル「老城」って感じはしないわな。

【カシュガル老城】



Booking.com

【2017年新疆・敦煌・西安旅行記】











Related posts(関連記事):

中国旧正月④正月商戦を戦う香具師に細工師に
普段からワイワイガヤガヤ賑やかな中国ですが、春節(旧正月)ともなると、正月商戦を戦う出店・催し物やら、赤を基調としたド派手な装飾物やらが街頭を派手やかに彩どり、街は更に活況を呈します。 街を歩いていると、前方に何やら人混みを発見。 観衆が凝視でる先には胡散臭い風貌のオッサンが、言葉巧みに賭け事の挑戦者を募っている。この青空賭博、果たして公安の許可とってやっているのだろうか。W...
ホリデイイン エクスプレス上海新虹橋 (上海新虹橋智選假日酒店)
この日は待ちに待った金曜日、夜遅くに上海虹橋空港に到着した。翌日はSPG遠征修行で虹橋鉄道駅から蘇州のエレメントホテルへ向かう予定だったので、この日はトランジット目的で虹橋にあるホリデイインエクスプレス上海新虹橋に泊まることに。 虹橋周辺のホテルだと空港内にありエアーチャイナ直営の中航泊悦酒店が一番便利なんだけど、この日は一泊900元としがないサラリーマンにはお高かったので、IHGポイント1...
インターコンチネンタル麗江 宿泊記 雲南省旅行13
麗江での最終宿泊日はホテルインディゴからお隣のインターコンチネンタル麗江エインシエントタウン(麗江和府洲際酒店)へとお引越し。インディゴとオーナーが同じだからかホッピングすることは予約システムからお見通しだったようで、インタコへの移動の際にはバギーカーにて送迎頂いた。ほんとインディゴのスタッフはおもてなし度が高かったし、常にゲストが望んでいる以上のサービスを提供しようという心意気が感じられて素晴ら...
カシュガル班超記念公園 
果てしない無限の砂の中を駱駝の隊商の列が往き、勇ましく逞しい騎馬隊が旗を掲げて疾駆…。地上の万物を焼き焦がすような強烈な日差し、湖を凍てつかせる程の酷寒…。厳しい自然の中で繁栄と滅亡が繰り返され、今日でも所々で古代西域諸国の城跡や町跡が残るロマン満点の中国西域地帯。そんな西域ロマンに憑りつかれ、後世を西域運営に捧げた男が今から2000年も前に存在した。後漢時代を生きた軍人・班超だ。 歴史関連...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。