JL752 ハノイー成田 B787-8(SS8) スカイスイート787(Sky Suite 787) 搭乗記

ハノイから帰りの便は社畜殺しの短距離レッドアイであるJL752。現地時間00:25(日本時間02:25)出発で成田到着が07:10と飛行時間04:45ですからね。ハノイで退勤して一次会接待までした後に機上の人となり、ちょっと仮眠をとったと思ったら着陸前にネクタイ締めてから出社…なんて激務も辞さないモーレツサラリーマン御用達の便である。


2014年末に完成したハノイ・ノイバイ国際空港第2ターミナルは市内からは車で約40分の距離にあり、タクシーだとVND360,000±20%くらいの運賃が相場となる。

ひだり みぎ
無機質な近代的空港。夜の時間帯は特にアジアへの便が多く飛ぶから比較的混みあっている。パッと電光掲示板を見ただけでも…
23:10 KE ソウル行き
23:15 NX マカオ行き
23:35 VN ソウル行き
23:40 OZ ソウル行き
23:55 LJ ソウル行き
23:55 BL 広州行き
02:20 JL 名古屋行き
00:25 JL 成田行き
00:35 VN 成田行き
00:40 VN 大阪行き
00:50 VN プサン行き
01:10 ZE ソウル行き
01:20 7C ソウル行き
01:40 VN 福岡行き
01:50 VJC ソウル行き
23:00~02:00の3時間の間にソウル行き7発というね。ベトナム人の大卒を数万人単位で囲い込んでたS社がこけてどうなるか、これからが見物だけど。

さて、我らがJLのチェックインカウンターはアイランドG。深夜便で日付が変わってからの出発となるので、出発日は本当に要注意。この日も隣のカウンターで受付してたオジサンが「ごめんなさい!昨夜の出発便で予約してました!今夜の便に振り替えてくれないでしょうか」と汗ダラダラでお願いし倒してた。こういった際は温情措置で助けてくれるものだろうか。顛末は分からんが、搭乗ゲートでこのオジサンの姿を見ることはなかった。
ひだり みぎ
JL752はプレエコ搭載機材なので、プレエコに空席があればUS$100にてエコノミーからプレエコにアップグレード可能。マイルを使ってのアップグレードとは異なり予約クラスは関係ないのが助かるところ。

出国検査はアイランドのA側とH側の2箇所。出国検査後に保安検査されるんだけど、普通に考えると順序が逆だよなぁ。
【税関検査の注意】
・アンティークは持ち出せません。
・ビデオテープは事前にチェックを受けた証明書がなければ持ち出せません。
・USD5,000ドル相当以上を持ち出す際には証明書が必要です。

以上、JAL公式サイトから引用。
ビデオテープってwww。

ベルトまで取らされ靴まで脱がされる面倒くさい保安検査を抜けると、直ぐ左に進んだ先にラウンジフロアへと進むエスカレーターがある。ノイバイ空港のラウンジはスタアラ専用のベトナム航空ラウンジとNIAビジネスクラスラウンジの二つがあるが、残念ながらいずれもプライオリティパスは使えない。


エレベーター・エスカレーター脇にある各航空会社のCAパネル。


惚れ惚れする美男美女が並ぶ中、我らが日本航空のパネルに目をやると錦織が。いくら等身大ではないとはいえ、隣の可愛らしいベトジェット娘が錦織より一回り大きいのも違和感ある。

エスカレーターを上ると入口が見える。
ラウンジ:
ひだり みぎ
清潔感溢れるラウンジ。各エアラインの共通ラウンジだけあって広々しており、プリンタ・コピー機・FAX・パソコンを完備したビジネスセンターやマッサージチェア・ロッカーも用意されている。

ひだり みぎ
座席数も多く、緑も多くて南国風。天井が高くて解放感があるし、大きな窓の外には飛行機も見える。流石にベトナム航空の本丸だけあって、ハード面は悪くはない。

ひだり みぎ
シャワーが無いとの口コミもあったがトイレの中に2室あり、バスタオル・シャンプー・ボディソープ・歯ブラシ・クシも用意されている。深夜便なのでシャワーがあるのは助かるところ。

ひだり みぎ
食事は炭水化物系を中心にズラリと並ぶ。炒飯・麺・パン類を始め、フォー・お粥・フルーツ等等も用意されている。

ひだり みぎ
ベトナムの空港ラウンジって、どこもかしこも同じような料理ばっかだよな。特にこの手抜きミートソーススパゲティは何度見たことか。

搭乗:

今回も個室感に優れる窓際席を選択。時間帯的なこともあり往路便と違いC席は8割方埋まってた。一世代前のシェルフラットならまだしも、スカイスイートだと深夜便での疲労度が全然違いますからね。アップグレードディスカウントキャンペーンでハノイ-成田間のC席への片道アップグレードが17,000マイル、恐らくマイルでアップグレードされた方も多いのだろう。

ひだり みぎ
フルリクライニング+隣席とのパーティション全閉にして個室感MAXにした状態がコチラ。自分だけの秘密基地感があるので、出発前に巣作りする時とかもドキドキワクワクしますw。

[table id=73 /]



機内食の選択を聞かれてからドアクローズ⇒プッシュバック。深夜便だと和食・洋食以外に「食事不要。寝たいので起こすべからず。」という選択肢がある。食事を必要とした場合、基本的には着陸2時間前にサーブされるが、小生は起きれたら食べさせて下さい程度でお願いする。こんな時間帯の便で2時間前に叩き起こされるとかたまったもんじゃない。


離陸前から西部劇仕立ての密室ミステリー映画・ヘイトフルエイトを見てたら刺激的過ぎて眠れなくなり、気付いたら外は南寧。賞金首の女囚人・絞首刑執行人・連邦軍兵士上がりの曲者賞金稼ぎなどなど…登場人物全員がいわくつき・鬼畜・贋者な密室殺人劇というR18+指定の強烈な内容ですからね。腕がちょん切られたり銃弾で顔面がぶっとんだりの残虐描写も盛り沢山だし…JALがタランティーノ作品を取扱うとか新鮮な驚きだ。

ひだり みぎ
映画鑑賞後に寝落ちして、起きたらもう快晴の別府上空。


ということで、周りが食べ終わってた頃に一人食べ始める。


朝からガッツリとすきやき御飯。

ひだり みぎ
ホント癖になる。この機材なら社畜が如く飛び回されても問題無いわ。

Related posts(関連記事):

どこか寂れた遊園地・ダムセン公園
中華街から歩く事20分、ようやくダムセン公園に到着しました。ここもお客さんからおススメされた観光スポットで、ジモティ達の憩いの場だそうです。 地味~な色に塗られた竹の傘に、南国フルーツっぽいロゴ。何となくベトナムらしい門構えで期待が持てます。中は『遊園地』兼『植物園』兼『動物園』になっているらしい。 チケットを購入し、園内に入場。 誰も並んでないんだから真っすぐに進ませてくれれば...
バック滝で体験できるエクストリーム・スポーツ(!?)
午前中に赤ザオ族の村の訪問を終え、午後は絶壁を流れ落ちるバック滝の観瀑台へと登⇒モン族・ザオ族の住むラオチャイ村・タヴァン村巡りという旅程を組んでみた。時間に余裕があれば少数民族の村々を結ぶ渓谷を自らの足でトレッキングしたり、少数民族のお家へのホームステイにも参加したいのだが、明日の午後にはハノイ行きのバスに乗らねばならぬ強行日程で来ている身、しょうがなく午前と同じバイタクのジンさんにVND250...
ホーチミン市で食す世界三大料理のトルコ料理 Pasha
ホーチミン市中心部のDong Du通り、シェラトンホテルの正面にあるトルコ料理レストラン“Pasha”。ベトナムの日本語フリーペーパーにも宣伝を打つなど日本人へのマーケティングもしているようで名前は聞いていたし、今まで幾度となく店の前を通り過ぎてきた。その度に『おっ、トルコ料理じゃん』と思っていたのだが、その度にスルーwww 場所はご覧の通り一等地にある。昨晩は一人で特に食べたいものもな...
SPGポイント修行の一環でシェラトン・サイゴンの李白へ
3月以来のホーチミン出張。到着日は一人飯をすることになり、夕食はシェラトンサイゴンで摂ることに。SPGがSpice it Upキャンペーンをやってるんで、スターポイントを利用したSQファーストクラスの旅に向けてせっせとスターポイント貯金に励みます。 さて、宿泊先のニッコーホテルから中心街に移動してみると、目抜き通り・グエンフエ通りの工事が一段落した模様で、市民の憩いの場になっていた。ダンスし...