ナイトマーケットでダラット特産品を買い漁る

ホーチミンからのバスの到着が1時間程遅れてしまったが、ここベトナムにあって1時間程度のバスの遅延は想定内の事であり織り込み済みだったので、ダラット到着日の観光は概ね計画通りに消化することができた。

ホテルで一休憩挟んだ後、夜のダラット市場に繰り出して土産物を見て回ることに。ダラットの中心市街地はダラット市場を中心として多くの露店が並んでいて、夜には人とモノでごった返すカオスなナイトマーケットと化すようだ。

540
丘の上から望むダラット市場脇の小路。道路一面びっしりと露店で埋め尽くされているのがよく分かる。

510
市場前のロータリーの階段には、焼きスルメや串物の屋台も出ていて香ばしい匂いが広がっている。

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ
縁日かのような賑わいで、露店やオープンエアーの屋台式レストランは人だかりで賑わっている。これぞアジアのナイトマーケットだ。

ひだり みぎ
う~ん…これらのキャラクター、どこかで見たことがあるような…

ひだり みぎ

ひだり みぎ
ダラットの定番土産物の一つであるダラットフラワーに、シャネルなどの高級カーディガン(言わずもがな、これらは全てバッタ物。)

531
市場で見つけて大ヒットだったのがこちらのサツマイモチップスと、ダラットの高原野菜を使った乾燥野菜チップスにドライフルーツ。ダラットはサツマイモの産地でもあり、サツマイモとショウガを一緒に練って丸く薄く延ばしたチップ状のものが激ウマ!これらは何と3パックでVND25,000(100円)という驚きの値段で売られていた。迷うことなく12パックをまとめ買い。

511
市場の近くにはダラットの特産品を余すことなく取り扱うラングファームという便利な土産物ショップもあるので、土産調達には困らない。ダラットに13店舗、ホーチミンに3店舗構えるチェーン店のようだ。決して広くはない店舗にこれでもかという程にダラットの特産品が整然と並べられている。

ひだり みぎ
瓶詰めされたダラット特産のイチゴジャムやフルーツ濃縮ジュース、(マルベーリー)桑の実とブドウで作られるダラット・ワイン、アーティチョーク茶など。アーティチョークは苺やアボガドなどと並んでダラットの特産品で、町中の市場ではかごに山盛りになって売られている。

5599480139_895ff5042c
こいつがアーティチョーク。ベトナムでは強壮、強肝の花野菜としてそのままサラダで食べたり健康茶として飲まれるなど一般家庭の食生活に根付いているそうだ。肝機能を高める為に二日酔いに効くというだけでなく、食欲増進、美肌効果、利尿作用、コレステロールの抑制などにも効き目があるという魔法の野菜である。お茶はこのアーティチョークの若いつぼみを刻んで乾燥させてお茶にしたもので、基本的にティーバッグの袋詰めで売られている。値段は非常にリーゾナブルで、20パック入りで15000ドン(約60円)。

ひだり みぎ

531
ワインの種類はベーシックな赤と白は勿論、アルコール度数が16度と高めのストロングワインや女性向けの甘口ワイン、フルーツ系、最上質のスーペリアワイ ンなどがありバラエティに富む。価格もVND50,000(約200円)~VND500,000(約2000円)とピンキリだ。主に使うブドウ品種は、カ ルディナルとシラーで、これに、まろやかな苦味と酸味を演出するダラット特産のマルベリーやストロベリーを加えたものがダラット産ワインの特徴。

ひだり みぎ
ラングファームにもサツマイモスウィートが!!

534
こちらはダラットゼリー。マシュマロのようなグミのような柔らかく不思議な食感で、噛んだ瞬間に甘いフルーツの味が口いっぱいに広がる。ホーチミンやハノイでもなかなかお目にかかれない珍しいお菓子である。

ひだり みぎ
結局、アーティチョーク茶のティーバッグの他、ダラットゼリーに葡萄とパッションフルーツの濃縮ジュース、サツマイモチップス、乾燥フルーツ、財布や小物入れなどの民芸品を購入。これだけ買っても約800円という物価の安さに感動。偽物時計や衣服類の店が並ぶホーチミンの市場とは違い、ダラットならではの特産品が並ぶダラットナイトマーケットは見ごたえがあり、十二分に楽しめた。

Related posts(関連記事):

歴史博物館【ホーチミン】 
土曜日の午後は時間が空いた為、ホーチミン市の博物館巡りに行ってきました。 先ずは歴史博物館。 以下は私が把握していた大雑把なベトナム史の流れ。 ・紀元前から1000年以上に渡り支那の支配下。 ⇒10世紀くらいに独立を回復!民族意識高まる。 ⇒独立後も1000年近く支那やらモンゴル軍の侵略活動に晒される。民族意識高まる。 ⇒フランス支配。民族意識高まる。 ⇒日本の統治下に。民族意識...
場末感溢れる田舎町・ビエンホア
前回からの続き。突如の思いつきでベトナム南北統一鉄道に乗り込み、サイゴンの次の停車駅・ビエンホアに辿り着いた。地図も事前情報も無い、文字通りの未知の世界だ。サイゴン都市部から列車で僅か40分、日本で言う横浜や浦和的な郊外都市をイメージしていたが、ところがどっこい、駅には戦乱直後のような混沌とした風景が広がる。どうやら辺境の地まで来てしまったようだ。 民家の様だが詰所か何かだろうか、...
タイ湖(西湖)と鎮武観
タンロン遺跡を見て回った後も北を目指して歩いていると、タイ湖(西湖)へとぶち当たった。湖が多いハノイの中でも最も美しい湖として庶民に愛されている湖だ。市街地にあるホアンキエム湖と比べて人やバイクが圧倒的に少ないので、都会の喧騒を忘れてゆっくりとリラックスをすることができる。周りを見てもベンチに座っておしゃべりをする者あり、散歩を楽しむ人の姿あり、釣りをしながら転寝をするお父ちゃんあり、仲間と集まっ...
ホイアン五大華人会館+明郷華先堂をコンプする(明郷・瓊府・潮州)
ここからは本格的に総合チケットを消化していくことに。先ずはホイアン五大華人会館(広肇・福建・中華・瓊府・潮州)を攻めてみよう。 ここで言う「会館」とは、同郷出身者の互助や親睦を目的とした公所のことで、集会所兼鎮守社とでも表現すれば良いだろうか。だいたい華人はどの街に於いても日本人の県人会よろしく地方ごとのコミュニティーを作ってなんとか会館というものを建てているのだが、ここホイアンにも中国人の信仰...