ナイトマーケットでダラット特産品を買い漁る

ホーチミンからのバスの到着が1時間程遅れてしまったが、ここベトナムにあって1時間程度のバスの遅延は想定内の事であり織り込み済みだったので、ダラット到着日の観光は概ね計画通りに消化することができた。

ホテルで一休憩挟んだ後、夜のダラット市場に繰り出して土産物を見て回ることに。ダラットの中心市街地はダラット市場を中心として多くの露店が並んでいて、夜には人とモノでごった返すカオスなナイトマーケットと化すようだ。

540
丘の上から望むダラット市場脇の小路。道路一面びっしりと露店で埋め尽くされているのがよく分かる。

510
市場前のロータリーの階段には、焼きスルメや串物の屋台も出ていて香ばしい匂いが広がっている。

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ
縁日かのような賑わいで、露店やオープンエアーの屋台式レストランは人だかりで賑わっている。これぞアジアのナイトマーケットだ。

ひだり みぎ
う~ん…これらのキャラクター、どこかで見たことがあるような…

ひだり みぎ

ひだり みぎ
ダラットの定番土産物の一つであるダラットフラワーに、シャネルなどの高級カーディガン(言わずもがな、これらは全てバッタ物。)

531
市場で見つけて大ヒットだったのがこちらのサツマイモチップスと、ダラットの高原野菜を使った乾燥野菜チップスにドライフルーツ。ダラットはサツマイモの産地でもあり、サツマイモとショウガを一緒に練って丸く薄く延ばしたチップ状のものが激ウマ!これらは何と3パックでVND25,000(100円)という驚きの値段で売られていた。迷うことなく12パックをまとめ買い。

511
市場の近くにはダラットの特産品を余すことなく取り扱うラングファームという便利な土産物ショップもあるので、土産調達には困らない。ダラットに13店舗、ホーチミンに3店舗構えるチェーン店のようだ。決して広くはない店舗にこれでもかという程にダラットの特産品が整然と並べられている。

ひだり みぎ
瓶詰めされたダラット特産のイチゴジャムやフルーツ濃縮ジュース、(マルベーリー)桑の実とブドウで作られるダラット・ワイン、アーティチョーク茶など。アーティチョークは苺やアボガドなどと並んでダラットの特産品で、町中の市場ではかごに山盛りになって売られている。

5599480139_895ff5042c
こいつがアーティチョーク。ベトナムでは強壮、強肝の花野菜としてそのままサラダで食べたり健康茶として飲まれるなど一般家庭の食生活に根付いているそうだ。肝機能を高める為に二日酔いに効くというだけでなく、食欲増進、美肌効果、利尿作用、コレステロールの抑制などにも効き目があるという魔法の野菜である。お茶はこのアーティチョークの若いつぼみを刻んで乾燥させてお茶にしたもので、基本的にティーバッグの袋詰めで売られている。値段は非常にリーゾナブルで、20パック入りで15000ドン(約60円)。

ひだり みぎ

531
ワインの種類はベーシックな赤と白は勿論、アルコール度数が16度と高めのストロングワインや女性向けの甘口ワイン、フルーツ系、最上質のスーペリアワイ ンなどがありバラエティに富む。価格もVND50,000(約200円)~VND500,000(約2000円)とピンキリだ。主に使うブドウ品種は、カ ルディナルとシラーで、これに、まろやかな苦味と酸味を演出するダラット特産のマルベリーやストロベリーを加えたものがダラット産ワインの特徴。

ひだり みぎ
ラングファームにもサツマイモスウィートが!!

534
こちらはダラットゼリー。マシュマロのようなグミのような柔らかく不思議な食感で、噛んだ瞬間に甘いフルーツの味が口いっぱいに広がる。ホーチミンやハノイでもなかなかお目にかかれない珍しいお菓子である。

ひだり みぎ
結局、アーティチョーク茶のティーバッグの他、ダラットゼリーに葡萄とパッションフルーツの濃縮ジュース、サツマイモチップス、乾燥フルーツ、財布や小物入れなどの民芸品を購入。これだけ買っても約800円という物価の安さに感動。偽物時計や衣服類の店が並ぶホーチミンの市場とは違い、ダラットならではの特産品が並ぶダラットナイトマーケットは見ごたえがあり、十二分に楽しめた。

Related posts(関連記事):

ダラット高原鉄道で隣町のチャイマット村へ
縦に長い国土の南北が統一鉄道という交通大動脈で結ばれているベトナム。山岳地帯にあるここダラットにも1932年~1938年にかけて鉄道が敷設され、統一鉄道南北線のタップチャム駅からの支線が伸びていたそうだ。だが、ベトナム戦争後の主要路線復旧工事に際して行政から不要不急の路線というまさかの戦力外通告を突きつけられ、資材供出のために路線を残して廃線とされてしまう。駅、建てたのに…路線、引いたのに…当時の...
『東洋のパリ』を感じるオペラハウス
ハノイ中心地に建つハノイのシンボルの一つであるオペラハウス、その歴史は仏領時代まで遡る。1873年にホン河から上陸したフランスはハノイを占領、植民地化しました。現在オペラハウスや歴史博物館がある一帯が最初に接収した租界地となり、おフランス風の建物が次々と築かれます。その中でもパリのオペラ座を模したこの建物は1901年から10年もの歳月をかけた末に完成、オペラや室内楽、劇などが催されましたが、訪れる...
ファンボイチャウ記念館・ホーチミン博物館 フエの世界遺産巡り4
取りあえずカイディン帝陵・ミンマン帝陵・ティエウティ帝陵と南から3つの帝陵を見て回って、締めとしてフエの市街地に一番近いトゥドゥック帝陵を…と思ったんだが、どうにもホテルで貰った地図が指し示す場所を探しても見つからない。あっちをウロウロ、こっちをウロウロ…30分くらいしても見つからず、その内に照り付ける灼熱の太陽で腕と首裏が日焼けで痛くなってきた。人に道を尋ねたくとも周囲に人の姿が見えないし…。牛...
ベトナム航空 A321ビジネスクラス搭乗記 ホーチミン⇒ハノイ
この日はホーチミンからハノイへと移動。 わいわいがやがやローカル感の強いホーチミン国内線ターミナルを利用するのは何年ぶりになるだろうか。ベトナムの方は全家族をあげてお見送り・お出迎えに来ちゃったりするので、相変わらずテーマパークとか動物園の中かのような凄い人口密度である。 黄色いアオザイのベトナム航空スタッフも久しぶり。これはこれで爽やかで良いんだけど、昔のエンジ色の方がベトナ...