チェンマイの夜 2014年度はチェンマイで年越し

リアルタイムは夏も真近という今ごろに去年末の記事を更新するのは可笑しな話だが、2014年も残すところ数時間。チェンマイの新市街と旧市街を結ぶターペー門ではカウントダウンイベントが催されていて、周辺の小路を塞ぐかのようにびっしり露店や屋台が並んでいる。平日の町の落ち着きぶりからは考えられないくらいの人出で、賑やかで宜しいこと!

ひだり みぎ

ひだり みぎ
ロックコンサートさながらのガンガンイケイケスタイルで凄い大音量。近くにホテルなんかもあったりするのに仮設ステージの周りはお構い無しの盛り上がりぶり。熱気狂気に包まれながらの年越しもたまには悪くないもんだ。何だか10歳くらい若返った気がするw


凄まじい人口密度で文字通り人の波を手で掻き分けて進むしかない中国大陸も顔負けの混雑した状況、というか、よく見たら中国人ばっかりじゃんwww昼間は見かけなかったのに一体どこから湧いて出てきたのか知らないが、大陸人の波はチェンマイにも押し寄せていた。

ひだり みぎ
餃子に寿司にたこ焼きに焼き鳥にと、けっこう日本語も見るんだよなー。「名物いか焼き」の旗を掲げながら実際にはたこ焼きしか売ってないのはご愛嬌。

ひだり みぎ
食欲を刺激するような匂いが辺り一面に充満、祭り気分を盛りたてる。しかもまた安いんだわ、焼きそば500円とかしちゃう日本と違って。腹一杯、「これ以上は食えない勘弁してくれー」と助けを乞うまで食って食わされて、それで500円もしないくらい。ロングステイというか、沈没していく人間が多いのも頷ける。気候も良いし、物価安いし、バンコクとか大都市とは違ってのんびりノホホンとしているし。

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ
ワゴンカー販売の京都ソフト…あたかも日本の人気店くらいの説明を受けるが、聞いたことねぇwwでも美味いwww

ひだり みぎ
こちらはKane mochi。んん、金持ち??雪見大福のパチモンみたいだが、これも聞いたことねぇwwそもそも餅に金持ちをかけるネーミングがどうなのよってところだが、15種類も味があるんだけど流行ってるのか、試しにクッキー&クリーム味を頼んだら普通に美味い。でも、1欠片25バーツ(≒80円)とか、本件本元の雪見大福より高いじゃないですかい。

そんなこんなで食べ歩いていると、カウントダウンが近づくにつれて人の数が更に増加!ゆっくり座って食べるスペースも無いので、どこかのレストランに入ることに。
ひだり みぎ
ひっそりとした隠れ家的なミャンマー料理レストランThe Swan。タチレクではまともなミャンマー料理を食べることができなかったので、ここぞとばかりにリベンジすることに。

ひだり みぎ
怪しげなアートや人形、ミャンマー紙幣などが壁に飾られていて独特な雰囲気の店内。ミャンマー=アヘン巣窟という偏見からだけど、それこそ、アヘンを混ぜた裏メニューがあるんじゃないかってくらいの感じ。

ひだり みぎ
流されているミャンマー風ポップミュージックもその不思議で謎めいた雰囲気を増長してる。


頼んだのはミャンマー風から揚げ。フィッシュボーみたく丸く模ったあっつあつの鳥唐をピリ辛ソースにつけて食べるのだが、これまたビールに合う!欲を言えばビールもミャンマーの銘柄のを飲みたかったんですが、品切れというのでしょうがない。

ひだり みぎ
その後はバーをハシゴ。チェンマイは白人旅行客にも人気なことから、田舎町のくせして白人沈没者が経営してるような洒落た西洋風バーなどが結構あり、飲み処には事欠かない。

ひだり みぎ
古都チェンマイを妖しく彩るバーストリート。ど派手だなー。もう、フルオブエナジーなテンションで流石にオッサンがついていくにはハードルが高すぎる。

ひだり みぎ
最後はコムローイを打ち上げて2014年終了。ロイカートン祭りの時とは違って数は少ないけど、それでも人々の夢希望を託されたランタンが一斉に放たれて夜空を埋め尽くしいく様子は十分に幻想的。

ひだり みぎ

自分の携帯カメラじゃ美しさが伝わらず悔しいので、ロイカートン祭りのフリー素材の画像を張っとく。実際大晦日はこんな数のランタンは飛んでなかったけど。

こりゃあ来る年も良い1年になるに違いない。うん、間違いない。



Booking.com

【2014年チェンマイ旅行記】














Related posts(関連記事):

癒しの家・クンペーン・レジデンスと象
アユタヤ歴史公園の中心地まで戻ってきた。ワット・プラ・ラームの道路を挟んだ向かい側に建つ風情ある建物がクンペーン・レジデンスだ。タイの有名な叙事物語『クンシャンとクンペーン』の描写を基に再現されたアユタヤ時代の伝統家屋である。 寝っころがりたくなるような美しく管理された芝生。 内部も見学可能とのことなので、靴を脱ぎ、梯子を登って2階へと向かう。バリアフリーなんて概念はここには無...
VIEホテル バンコク Mギャラリー バイ ソフィテル 宿泊記
本日はバンコクのアコー系のVIEホテル バンコク Mギャラリー バイ ソフィテル(VIE HOTEL BANGKOK, MGALLERY BY SOFITEL)での宿泊記をアップさせて頂きます。 アコー系のデザイナーズホテル的ブランドのMギャラリーにはサイゴンのホテル・デ・ザール、ソロのロイヤルアルカルタヘリテージ、ジョグジャカルタのフェニックスホテルと泊まった中で各ホテルの独創性に好印象を...
激動の時代の貴族の館 ラーンナー建築センター
ワット・チェディ・ルアンの東隣り、ラチャダムヌーン通りに面してラーンナー建築センター(Lanna Architecture Center)がある。先日宿泊したシャングリラチャンの受付嬢に、「どうです?ラーンナースタイルのホテルも良いものでしょう。」なんて聞かれた際に気取って「ええ、良いもんですね。」なんて答えたが、自分の中でラーンナー様式の建築物がどのようなものなのか全く持って具体的イメージが湧か...
ピサヌロークの町をレンタサイクルでウロウロ
特に観光名所の無いのんびりとした田舎町ピサヌローク。世界遺産のある世界的観光名所であるスコータイへの中継地点だけに町の中では観光客の姿も時折見かけるが、町の規模は非常に小さく、ゆっくりと南北に流れるナーン川から鉄道駅を中心に市街地が申し訳程度に広がっている程度。本当に見所らしい見所の無い平凡な所なんだけど、折角なんで自転車をレンタルして町を徘徊してみることに。 レンタサイクルはトップランドホ...