無人寺とタイのハッピーイエロ―マンデー

続いては中洲の外にあるワット・プーカオトーンへと向かう為、おんぼろチャリを一路北へと走らせる。

DSC_1386
激しく濁っているオールドロップリー川を越えて初めて中洲の外に出た。

暫くすると、左手に立派な造りの門を発見。
DSC_1387
地図には何もかかれていない場所にあるようだが、入ってみると綺麗に区画された敷地内には新し目の建物が幾棟か建っている。どうやら遺跡ではなくて現役の寺院のようである。

DSC_1388
巨大化したニワトリの親分夫婦とその子分たちに敬礼で迎えられているようで不気味だ。

DSC_1390
髪をオールバックに整えた冴えない男性の像。

DSC_1394

DSC_1392

DSC_1393

DSC_1405

DSC_1395

DSC_1391
参拝客はおろか僧や警備員すら人っ子一人いないがどうなっているのだろうか。

DSC_1401
一つ扉が開いていた建物があったので入ってみると、おばあちゃんが一人で内職中であった。私が入室すると一瞬驚いた顔をしたが、直ぐに笑顔を見せて迎え入れてくれた。もしかしたらオープン前の寺院とかでまだ入場禁止とかなのかな。結局、この広い敷地内で見たのはこのおばあちゃん一人だけだった。

DSC_1400
建物内の仏壇。

DSC_1454
お供え物はすっごく俗世的で、シャンプーやリンス、ハンドクリームが殆どを占めている。美容に縁のある仏様が祀られているのであろうか。

DSC_1452
こちらは曜日毎の仏像と賽銭箱。タイの寺院ではしばしば曜日毎の守護仏に熱心に拝んでいる人の姿が見られる。我々日本人が血液型占いをするようにタイの人達は自分が生まれた日の曜日を大切にして、お寺に行けば自分の曜日の仏像に拝み、占いでは自分の曜日をネタにするのである。以前に取引先のタイ人に曜日を聞かれた際に答えられなかったのだが、その際にその取引先の女性から受けた冷ややかな軽蔑的な眼差しは今でも覚えている。タイでは余程の気違い以外は自分の生まれた日の曜日を知っているそうだ。タイに来られる方々、自分の誕生日の曜日を確認してから渡航下さい。

因みに現在のプミポン国王は月曜日の生まれでシンボルカラーは黄色。公務員は月曜に黄色のポロシャツを着用するよう推奨されているそうで、一時期『月曜日=黄色のポロシャツ』という方程式が定着し過ぎ、黄色のポロシャツの価格跳ね上がったそう。その為、悪質な便乗値上げを防ぐべく、一時的にポロシャツの価格を400バーツ以上にすることを禁ずる法律まで作られたそうだ。

DSC_1403
この異常な黄色シャツ着用率は偶然ではないのである!黄色のポロシャツはタイでは正装と定められているので、スーツの代わりにもなるらしい。


Related posts(関連記事):

元ヒンドゥー寺院のワット・シー・サワーイ
ワット・マハタートの次は南に350mほど下った先にあるワット・シー・サワーイ。ここは元々スコータイ王朝以前に当地を支配していたクメール族がヒンドゥー教の神殿として建てたそうで、そのクメールの遺産をスコータイ王朝が仏教寺院としてリニューアルオープンしたので、ヒンドゥーと仏教の要素が絡み合った不思議な遺跡らしい。 典型的なスコータイ様式が殆どの史跡公園で、ドングリのような形をしたクメール式の...
魅惑のミャンマー タチレイ(タチレク)中編
気の弱そうなトゥクトゥクドライバーによるタチレイ観光ツアーが始まった。タイ側ではチェンマイからメーサイまで豊かなプランテーション地帯が続いてたのに、ミャンマーに入ったとたん険しい坂道だらけで、山肌に張り付く集団墓地なんかも見えてくる。道路は一応舗装されているものの至る所に穴や段差などのトラップが張り巡らされていて、段差や穴を越える度に腰が浮き、着地をする度にケツを固い座席に打ち付ける。走行スピード...
CX703 キャセイで飛ぶバンコク出張 B777-300(773Z)
急なバンコクでの打合せが入り、いつものキャセイでバンコクにひとっ飛びすることに。 幸いにして、香港―バンコクはシャトルバスかよと突っ込みたくなるくらい頻繁にCXがピストン運行してるので、出発直前でも乗りっぱぐれる心配はない。この日を例に挙げると… 08:40 CX705 A330-300 09:10 CX713 A330-300 10:00 CX615 A330-300 12:0...
古都チェンマイそぞろ歩き~モン族市場・ターペー門・寺院~
メリディアンにチェックインを済ませた後は、休憩する間も惜しんでブラブラと古都チェンマイを歩いて回ることに。 チェンマイは、北タイ一帯を治めたランナータイ王国が1296年にチェンライからチェンマイの地に遷都したことにより開かれた歴史のある古都である。今でもランナータイ王朝の旧王都として100を超える古寺や城壁が残されていて、歴史薫る風情ある街並みの中で、賑やかなバンコクとはまた一味違った経験を楽し...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。