シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無人寺とタイのハッピーイエロ―マンデー


続いては中洲の外にあるワット・プーカオトーンへと向かう為、おんぼろチャリを一路北へと走らせる。

DSC_1386
激しく濁っているオールドロップリー川を越えて初めて中洲の外に出た。

暫くすると、左手に立派な造りの門を発見。
DSC_1387
地図には何もかかれていない場所にあるようだが、入ってみると綺麗に区画された敷地内には新し目の建物が幾棟か建っている。どうやら遺跡ではなくて現役の寺院のようである。

DSC_1388
巨大化したニワトリの親分夫婦とその子分たちに敬礼で迎えられているようで不気味だ。

DSC_1390
髪をオールバックに整えた冴えない男性の像。

DSC_1394

DSC_1392

DSC_1393

DSC_1405

DSC_1395

DSC_1391
参拝客はおろか僧や警備員すら人っ子一人いないがどうなっているのだろうか。

DSC_1401
一つ扉が開いていた建物があったので入ってみると、おばあちゃんが一人で内職中であった。私が入室すると一瞬驚いた顔をしたが、直ぐに笑顔を見せて迎え入れてくれた。もしかしたらオープン前の寺院とかでまだ入場禁止とかなのかな。結局、この広い敷地内で見たのはこのおばあちゃん一人だけだった。

DSC_1400
建物内の仏壇。

DSC_1454
お供え物はすっごく俗世的で、シャンプーやリンス、ハンドクリームが殆どを占めている。美容に縁のある仏様が祀られているのであろうか。

DSC_1452
こちらは曜日毎の仏像と賽銭箱。タイの寺院ではしばしば曜日毎の守護仏に熱心に拝んでいる人の姿が見られる。我々日本人が血液型占いをするようにタイの人達は自分が生まれた日の曜日を大切にして、お寺に行けば自分の曜日の仏像に拝み、占いでは自分の曜日をネタにするのである。以前に取引先のタイ人に曜日を聞かれた際に答えられなかったのだが、その際にその取引先の女性から受けた冷ややかな軽蔑的な眼差しは今でも覚えている。タイでは余程の気違い以外は自分の生まれた日の曜日を知っているそうだ。タイに来られる方々、自分の誕生日の曜日を確認してから渡航下さい。

因みに現在のプミポン国王は月曜日の生まれでシンボルカラーは黄色。公務員は月曜に黄色のポロシャツを着用するよう推奨されているそうで、一時期『月曜日=黄色のポロシャツ』という方程式が定着し過ぎ、黄色のポロシャツの価格跳ね上がったそう。その為、悪質な便乗値上げを防ぐべく、一時的にポロシャツの価格を400バーツ以上にすることを禁ずる法律まで作られたそうだ。

DSC_1403
この異常な黄色シャツ着用率は偶然ではないのである!黄色のポロシャツはタイでは正装と定められているので、スーツの代わりにもなるらしい。


Related posts (関連記事):

アユタヤに残る日本人町跡
チャオプラヤー川によって海洋と結ばれたアユタヤは、16~17世紀、中国や近隣アジア諸国の他、東インド会社を展開したオランダやイギリス、フランス、ポルトガルなど世界中の40もの国々の商人が集まる国際都市...
観光客にはスルーされがちな地味な町 ウボン・ラーチャターニー
シーサケートからカオプラウィハーンの最寄町・カンターララック経由でタイ国鉄で行ける最東部の町・ウボンラーチャターニーへとやってきた。タイ、カンボジア、ラオスの3国にまたがるこの地域は自然の多いことから...
アンコール王朝のルーツが見れるワット・プー
Honda WaveというASEAN仕様の100ccのカブを飛ばしてやって来たワット・プー。プーなんて脱力系の名前ではあるが、れっきとした世界遺産になっている。ラオス南部のタイ・カンボジア国境近くの山...
地味系世界遺産・バーンチエン遺跡(Ban Chiang Archaeological Site)
コンケンからの鉄道移動が遅延も無く予想に反してスムーズで、予定より早くイサーン随一の商都・ウドンタニの町に到着した。駅を出るなり商業都市としての活気が感じられる賑かな町であることに気付かされるものの、...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする