バンコクで感じるアラブ…

バンコクには日本人だけでなく様々な国籍の人々が集結している。ファランと呼ばれる白人や、物を仕入れに来るアフリカ系、政情が不安定なアフガンから商機を求めてお店を出しに来たハザラ人、遊びに来る韓国人に商売する中国人、こじんまりと個人商店やレストランを出しているインド人にアラブ人…そんな国際都市バンコクの中でも一際強烈に異国情緒を放つ地区が有る。アラブ人街だ。
WP
勿論、アラブ人街とはいえバンコク市内の中心部。トゥクトゥクも走るし、屋台も出ていて、タイとアラブを混ぜ込んだような不思議な世界になっている。今日は出張前にアラブ世界へと潜入してきました。



アラブ色が濃いエリアは大体ここらへん。ナナプラザがあるスクンビットのソイ3にある。

WP_20131219_018
オシャレなナナスクエアが目印になるが、周囲にはアラビア語の看板も多いので直ぐに分かる。ムンムンとするアラブの匂い、鼻や直感の利く方なら臭いで分かるだろうw

アラブ人街では普通のカフェなんかを期待しちゃいけない。ここにあるのはArab Cafeだ。オマーン、アラブ首長国連邦、サウジ、バーレーン、イラク、カタール、クウェートの国旗とアラビア文字によるお品書き…完全にアラブ世界で す。ここまで中東国旗が揃えられていると、ハブられているレバノンあたりが非常に可哀想なんだが、レバノン国旗は調達できなかったのだろうか。
WP_20131219_001
入ってみたかったが残念ながら開店前で閉まっている。何がWelcomeだ!!

WP_20131219_004
ソイ3に入るとアラビア文字の看板やスカーフをまとったイスラムスタイルな女性、ターバンに長ーい顎鬚を蓄えた漫画に出てくるアラブ人のような男性の姿が目に入る。頭から黒い衣装を被って目だけ出した所謂オバQルックの女性やアラビア半島から抜け出てきたような白いアラブ服を着た男も悠々と歩いていたりするし、朝早くとはいえ独特の香辛料も香ってくる。路地ではアラブ歌謡が流れ、店の中ではシュワルマがぐるぐると回っている。明らかにバンコクの他の地区とは違う雰囲気で、『ああアラブに来たんだな』と実感が湧きます。アラブには来てないけど。

WP_20131219_006
エジプトやパレスチナ、イエメン、レバノンなど中東料理のレストランが軒を並べている。アラブ素人の私には全部『アラブ料理』と一括りにしてもらいたいところだが、その国その国の料理で分かれているようだ。流石に客先接待には使いたくないが、今度一人の時に改めて来てみよう。
WP_20131219_002
ていうかちゃっかりインド料理屋も多く店を出しているようだが、君たちは中東じゃないでしょう。でもパキスタンやウズベキスタンレストランもあったりしたので、アラブ諸国だけでなく広義のイスラム圏全体の食事が楽しめるようだ。

WP_20131219_013

ひだり みぎ

WP_20131219_008
商われている商品もアラブアラブしています。

香水。アラブの香水といえば、ねっとりとした甘みのあるエロティックで独特な雰囲気の香りというイメージがあるが、日本人には合わないであろう…
WP_20131219_009
マレーシアのイスラム博物館に行ってからというものの、こういうアラビックなお品に高級感を感じるようになってしまった。

WP_20131219_012
陶器もいいなぁ。器とセットになっているのは豚カツ屋にあるようなすり鉢セットみたいなことなのだろうか。

WP_20131219_014

WP_20131219_015
シーシャ(水タバコ)も青や緑の石で彩られたもの、透明のガラス瓶付きのものなど、オシャレなのが揃っている。紙巻きタバコのようにただ吸えればいいというのではなく、デザインも楽しむものなのだろうか。

WP_20131219_011
実際、水パイプを完備したオープンカフェが多く並んでいて、アラブなおじさんがたが、道行く人を眺めながらゆっくりくゆらせていたりし、前を通りすぎる時に目があうと、パイプをくわえたままニッコリしてくれたりするw中国やベトナムの路地の喧騒とはまたちょっと違った雰囲気だ。

クアラルンプールではアラブ人を多く見かけたが、マレーシアがイスラム圏であることを考えれば不思議ではない。でも何故こんなにも多くのアラブ人が仏教国タイに…それでもこんな完全に違う異文化カルチャーを完全に呑み込んでしまうのがタイの凄いところである。こんな世界が日本のどこかに出現したら官民一体となって排除されること請け合いだ。今回は食事する時間は取れなかったが、次回はアラブ人街で水タバコやレバノン料理などに挑戦してみたいと思う。

Related posts(関連記事):

スコータイ遺跡公園のワット・トラパン・トーン
時は13世紀前半、圧倒的軍事力を背景に東南アジア最大の勢力を誇ったクメール族の支配に甘んじてきたタイ族がクメールに対して反旗を翻し、タイ族による独立国家が建国された。そのタイ人初の独立国家こそ今回訪れるスコータイを都として建国されたスコータイ朝だ。スコータイの王都は東西1800m・南北1300mに渡り建築された三重の壁と濠に囲まれた城を中心に築かれ、1438年に王位後継者が絶えてアユタヤ朝に併合さ...
ルメリディアン チェンマイ宿泊記(Le Meridien Chiang Mai)
タイ北部の小都市を回り終え、チェンマイへと戻ってきた。チェンマイ後半戦の宿泊先である立地条件最高のルメリディアン チェンマイに投宿する。ここ3日間は辺境の安宿の岩の様に固いベッドに寝たりもしたので、自分が思っている以上に疲れが溜まっているようだ。昔は安宿の方が逆に落ち着いて過ごせたんだがなぁ。 ひときわ大きい淡い黄色の建物がメリディアンホテル。チェンマイ中心部のチャンクラン通りに位置し...
魅惑のミャンマー タチレイ(タチレク)後編
トゥクトゥクでのタチレイ観光を一通り終えた後は国境付近のローターリーで降ろしてもらい、イミグレ脇の猥雑な偽物市場に向かうことに。 先ずは手始めにマーケットの様子を階段の上から遠望。どんなもんかと遠目から探りを入れることに。 通路に広げられたパラソルの下は露店になっていて、雑多な商品が狭い通りに無秩序に並んでいる状態。その中を大勢の人たちやバイクが行き交い、もうなにがなんだかワケが...
バンコクの鉄道乗車券をオンライン決済で事前手配する
旧正月前の激務週間を無事乗り切ったので、ぼちぼちタイ旅行のディティールを決めていくことに。 今回はJALの名古屋-バンコクCクラスダブルFOPキャンペーンを絡めた旅行なので、名古屋からバンコク入り。バンコクからはコーンケン・ウドンタニ・ノーンカイ経由でビエンチャンを目指してゆっくりと鉄道で北上する。 羽田⇔名古屋・名古屋⇔バンコク・ビエンチャン⇒バンコクのフライトは確保して旅行の骨組みは作...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。