バンコクで感じるアラブ…

バンコクには日本人だけでなく様々な国籍の人々が集結している。ファランと呼ばれる白人や、物を仕入れに来るアフリカ系、政情が不安定なアフガンから商機を求めてお店を出しに来たハザラ人、遊びに来る韓国人に商売する中国人、こじんまりと個人商店やレストランを出しているインド人にアラブ人…そんな国際都市バンコクの中でも一際強烈に異国情緒を放つ地区が有る。アラブ人街だ。
WP
勿論、アラブ人街とはいえバンコク市内の中心部。トゥクトゥクも走るし、屋台も出ていて、タイとアラブを混ぜ込んだような不思議な世界になっている。今日は出張前にアラブ世界へと潜入してきました。



アラブ色が濃いエリアは大体ここらへん。ナナプラザがあるスクンビットのソイ3にある。

WP_20131219_018
オシャレなナナスクエアが目印になるが、周囲にはアラビア語の看板も多いので直ぐに分かる。ムンムンとするアラブの匂い、鼻や直感の利く方なら臭いで分かるだろうw

アラブ人街では普通のカフェなんかを期待しちゃいけない。ここにあるのはArab Cafeだ。オマーン、アラブ首長国連邦、サウジ、バーレーン、イラク、カタール、クウェートの国旗とアラビア文字によるお品書き…完全にアラブ世界で す。ここまで中東国旗が揃えられていると、ハブられているレバノンあたりが非常に可哀想なんだが、レバノン国旗は調達できなかったのだろうか。
WP_20131219_001
入ってみたかったが残念ながら開店前で閉まっている。何がWelcomeだ!!

WP_20131219_004
ソイ3に入るとアラビア文字の看板やスカーフをまとったイスラムスタイルな女性、ターバンに長ーい顎鬚を蓄えた漫画に出てくるアラブ人のような男性の姿が目に入る。頭から黒い衣装を被って目だけ出した所謂オバQルックの女性やアラビア半島から抜け出てきたような白いアラブ服を着た男も悠々と歩いていたりするし、朝早くとはいえ独特の香辛料も香ってくる。路地ではアラブ歌謡が流れ、店の中ではシュワルマがぐるぐると回っている。明らかにバンコクの他の地区とは違う雰囲気で、『ああアラブに来たんだな』と実感が湧きます。アラブには来てないけど。

WP_20131219_006
エジプトやパレスチナ、イエメン、レバノンなど中東料理のレストランが軒を並べている。アラブ素人の私には全部『アラブ料理』と一括りにしてもらいたいところだが、その国その国の料理で分かれているようだ。流石に客先接待には使いたくないが、今度一人の時に改めて来てみよう。
WP_20131219_002
ていうかちゃっかりインド料理屋も多く店を出しているようだが、君たちは中東じゃないでしょう。でもパキスタンやウズベキスタンレストランもあったりしたので、アラブ諸国だけでなく広義のイスラム圏全体の食事が楽しめるようだ。

WP_20131219_013

ひだり みぎ

WP_20131219_008
商われている商品もアラブアラブしています。

香水。アラブの香水といえば、ねっとりとした甘みのあるエロティックで独特な雰囲気の香りというイメージがあるが、日本人には合わないであろう…
WP_20131219_009
マレーシアのイスラム博物館に行ってからというものの、こういうアラビックなお品に高級感を感じるようになってしまった。

WP_20131219_012
陶器もいいなぁ。器とセットになっているのは豚カツ屋にあるようなすり鉢セットみたいなことなのだろうか。

WP_20131219_014

WP_20131219_015
シーシャ(水タバコ)も青や緑の石で彩られたもの、透明のガラス瓶付きのものなど、オシャレなのが揃っている。紙巻きタバコのようにただ吸えればいいというのではなく、デザインも楽しむものなのだろうか。

WP_20131219_011
実際、水パイプを完備したオープンカフェが多く並んでいて、アラブなおじさんがたが、道行く人を眺めながらゆっくりくゆらせていたりし、前を通りすぎる時に目があうと、パイプをくわえたままニッコリしてくれたりするw中国やベトナムの路地の喧騒とはまたちょっと違った雰囲気だ。

クアラルンプールではアラブ人を多く見かけたが、マレーシアがイスラム圏であることを考えれば不思議ではない。でも何故こんなにも多くのアラブ人が仏教国タイに…それでもこんな完全に違う異文化カルチャーを完全に呑み込んでしまうのがタイの凄いところである。こんな世界が日本のどこかに出現したら官民一体となって排除されること請け合いだ。今回は食事する時間は取れなかったが、次回はアラブ人街で水タバコやレバノン料理などに挑戦してみたいと思う。

Related posts(関連記事):

チェンマイ市芸術文化センターで北タイの歴史文化を学ぶ
チェンマイの旧市街を見て回る前に、市内のド真ん中にある芸術文化センターでチェンマイの町に対する理解を得ておくことにする。学生時代に一単位だけ興味本位でアジアパシフィックのクラスを受講してみたりもしたが、タイ北部の歴史など一分一秒たりとも取り上げられることすらなかったので、事前知識は皆無。逆に偏見や下手な先入観も無くまっさらな無地状態で訪問出来て良いのかもしれない。 こちらは芸術文化センターの...
チラリズム愛好家による超大作 ワット・シー・チュム
スコータイ最終日は初日に時間切れで見れなかったスコータイ遺跡公園の北部・南部・東部に点在する寺院群を順に攻め、スコータイ観光最後の仕上げにかかる。 先ずは北部のワット・シー・チュムへ。 ガソリンを満タンにして、スコータイ滞在中に何往復も走った新市街地と旧市街地を結ぶ大通りを西へ。これがラストランだと思うと何だか寂しい気持ちになってくる。 城壁の外れにあるワット・シーチュム。駐輪場...
ワット・プラシー・ラタナー・マハタート
恐怖の吊橋をバイクで渡りきった先にシーサチャナーライ遺跡群の一番東のはずれにあるワット・プラシー・ラタナー・マハタートのチケット売り場がある。 ここは世界遺産に登録されているシーサッチャナーライ遺跡公園の枠の外にある為、遺跡公園のチケットとは別に20バーツの入場料をお支払い。ついでにチケット売り場横の露店にある土産屋のおばちゃんが寄り添ってきてニコニコと仏具商品の説明をされたが、まったくも...
観光客にはスルーされがちな地味な町 ウボン・ラーチャターニー
シーサケートからカオプラウィハーンの最寄町・カンターララック経由でタイ国鉄で行ける最東部の町・ウボンラーチャターニーへとやってきた。タイ、カンボジア、ラオスの3国にまたがるこの地域は自然の多いことからエメラルド・トライアングルなどとも呼ばれているが、見所はいずれもウボン郊外になるので観光客にはスルーされがちな地味ーな田舎町だ。私もウボンに何の期待もしていないし、先史時代の壁画が残るとされるパー・テ...