香港駐在員の強い味方・トマトブックス

本日はトマトブックスのご紹介。以前は私も毎度毎度、一時帰国の度に日本の書籍を仕入れて戻ってくるようにはしていましたが、スーツケースの重量上限がある為に読みたい本全てを持って帰ることはできませんでした。そんな私に朗報(笑)香港の尖沙咀に古本まで扱うリーゾナブルな価格の本屋さんを発見。

場所は尖沙咀駅のB2出口横、文遜大廈の4階になります。

グーグルストリートビューだと見やすいかも。画面右手が尖沙咀駅のB2出口で、その左のGiordanoが入っているビルの4階になります。

道を挟んだ正面には…

九龍モスクがありますので良い目印になるかと思います。


建物内には他に日本食屋やエステ屋、ゴルフショップ店などが入っています。


店内入口。早くもクリスマスムード。店内右手が新刊雑誌/書籍・左手が中古本の販売コーナーとなっています。規模はコーズウェーベイSOGO内の旭屋書店の半分くらいでしょうか。街角書店といった雰囲気でこじんまりとしています。


新刊価格は基本的に日本での定価の3割増で、週刊誌など鮮度が大切な物は空輸されてくる為、更にお高くなっています。


店内での飲食は厳禁ですが、腰を下ろして読書を楽しむスペースは確保されており、中国の本屋のように、地べたに座ってまで読書に没頭する必要はありません。新刊はビニールが被さっていますので、古本のみ立ち読みならぬ座り読み可です。


そしてやはり本屋の醍醐味は中古本コーナー。書籍のジャンルごとに案内板がついていて、お求めの本を探しやすくなっています。


子供向けコミックから


歴史小説系文庫本や


参考書・ビジネス本・一般書籍まで幅広く扱っており、価格もHK$ 15(≒150円)~と非常にお得です。今回は小林よしのり氏の著書を購入。以前に『中国屈服』と表紙に書いた雑誌を税関で没収された上に口頭注意を受けたことがあるが、今回は検査されることもなく無事に持ち入ることができた。

また、不要になった書籍の買い取りもしてくれるそうです。中国まで出張買い取りに来てくれないかな…

OPEN:10:00~21:00
ADD:尖沙咀彌敦道74-78号文遜大廈4楼
TEL:(852)2314-3283

最後に耳寄り情報

『毎日が読書ふぇあ』と題したセールが行われており、日曜祝日は古本が20%off、平日は5冊以上の一括購入で20%offとなります。セール期間は不明ですがこの機会をお見逃しなく!

Related posts(関連記事):

ホテルインディゴ香港島 宿泊記
この日は気分的に一風変わったユニークホテルでのユニークな宿泊体験を体が強く欲していたので、ゴキゲンムード全開のデザイナーズホテル・インディゴ香港島に泊まってみることに。前々から気にはなっていたんですけどね、なかなか30過ぎのオッサン一人で80年代ヒッピーの巣窟のようなインディゴに泊まる勇気を持てなくて。自分のイメージでは、デザインホテルズより更にポップでコンテンポラリーなアート要素を強めたブティッ...
占いのメッカ・黄大仙
香港人は風水占いが大好きだ。 普段はおとなしい社員がオフィスの細かな家具配置なども風水に基づくよう小言を挟んできたりする。『ちょっとこの会議室の椅子の配置が悪いので、運が上向きません。』何かに取りつかれたかのように次々とオフィス家具の配置にダメ出しをしたりする。彼女の発言の根拠は全て本で自己学習した風水だ。香港も負けず劣らずの風水崇拝文化が蔓延っており、建物建築の際には位置決めから建築物デザインま...
香港でクラフトビール 旺角のTAP The Ale Project
JAL機内誌の隅っこに軽ーく取り上げられていた香港の地ビール特集。高い地価や用地不足が足枷になり地場のビール会社が育たなかったビール不毛の地・香港で今、空前のクラフトビール人気が起きているのだと。 その人気の渦の中心にいるのが2013年に元金融マンのロヒット・デュガー氏が開業した醸造所「Young Master Ales(ヤングマスターエール)」だそうだ。アメリカから転勤するなり香港に地場の...
最強濃厚ラーメン「ばり馬」を香港で食す
麺タルヘルスタイム。香港滞在時に無性に濃厚なラーメンが食べたくなったので、最強濃厚ラーメンと自称する日系ラーメン屋「ばり馬」に助けを求めて駆け込むことに。 バリ馬は日本の中国を発祥とするラーメン屋で、今や香港だけでなく、中国、インドネシア、マカオ、マレーシアにも店を出すグローバルフランチャイズ。日本の関東には埼玉県の所沢と東松山にしか支店がないので食べたことはないのだが、最強濃厚ラーメンとい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。