シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレイジーセールin香港


幼い頃にどこかで目にした香港映画、超大売出しの婦人服目当てに開店と同時に怒涛の大群が我先にと一斉にデパートに流れ込むカオスなシーンが今も頭の片隅に焼きついている。今となっては映画のタイトルや粗筋すら覚えていないが、今なお、香港=バーゲンセールという印象が強く残っているのである。果たして実際はどうなのか?今日は香港のクレイジーセールの簡単なご紹介をさせて頂きます。

●セール開催期間と割引率: 季節の変わり目毎にバーゲンセールが行われるが、一番の大売出しは何と言っても7月~8月末と12月~旧正月の夏季・冬季クレイジーセールである。冬で言うと大体12月上旬から10%~20%off程度の控え目な割引セールがボチボチと始まりだし、時を追うごとに割引率が上昇、クリスマス前後には30%~40%、旧正月前になると最大で95%offという目ん玉の飛び出る大売出しになるのである。但し、旧正月に近づけば近づく程に価格が落ちていくのと同時に、品数も減っていくので要注意。更なる値引き狙いで買い控えていた所を売り切られてしまって買い損ねると言った2年前の私のようなヘマをしないようご注意ください。


『3折』は定価の30%での販売、即ち70%offの意味となります。商品を3つ折りに畳んでくれるわけではありませんし、30%offの意味でもありません。

●セール対象品: 全てのブランド、全ての品が大売出しにかけられる訳ではありません。超高級ブランドショップでは割引セールそのものがなかったり、定番商品は通常販売価格で据え置かれたりしまうので、過度の期待はされぬよう。

●主なショッピングモール
ランドマーク(セントラル)
IFCモール(セントラル)
パシフィックプレイス(金鐘)
SOGO(銅羅湾)
タイムズスクエア(銅羅湾)
ハーバーシティ(尖沙咀)
ランガムプレイス(モンコック)

各モールの入店リストは上記ウェブサイトを参照ください。

さて、今回の小旅行では後に来たる大バーゲンの事前情報収集だった為、フェリー乗り場近くのデパートでネクタイ一本とスーツケースを買ったのみに留まりました。次回はハーバーシティーのモンクレールから攻め、リモワ、オールデンのTasselsと効率的な買い物ができるよう今から戦略を立てておかねばなりません。

フェリー時間を待つ間に入ったデパート。日曜日とあって大勢が詰めかけていました。普段は大陸人と比べて理性のある香港人も、この日ばかりは我先に我先にと他人を押しのけてバーゲン戦争を戦っています。『押すな!どけ!止まるな!』これぞまさに香港冬の陣、の様相を呈したデパート各フロア。人間の自制心さえも破壊する香港クレイジーセール、恐るべし。


スーツケースは早くも1o%~40%off。大御所のSamsoniteやTumiは殿様商売をされているようでバーゲン無し。

ひだり みぎ
結局、今日はイタリア製ネクタイと機内持ち込み用のミニスーツケースのみを購入。ネクタイは4割引でHK$330、スーツケースはHK$500でした。まだまだセールは始まったばかりで割引額も控え目でセール対象品も限られていたという印象。旧正月前のピークに狙いを定め、今は購買意欲を抑えて、年明けの本戦に挑みたいと思います。

Related posts (関連記事):

香港駐在員の強い味方・トマトブックス
本日はトマトブックスのご紹介。以前は私も毎度毎度、一時帰国の度に日本の書籍を仕入れて戻ってくるようにはしていましたが、スーツケースの重量上限がある為に読みたい本全てを持って帰ることはできませんでした。...
香港⇒マカオの移動手段
今日は頻繁に聞かれる香港⇒マカオの移動手段のご紹介。香港からマカオはフェリーで約1時間の距離。香港側は香港島・上環の港澳碼頭、九龍半島の中港城、そして香港国際空港の海天客運碼頭、マカオ側はマカオ半島の...
香港の出入国スタンプに異変!
足を運べば運ぶほど、その魅力に引き付けられる文明都市・香港(小生が住まう中国大陸某氏と比べて相対的に文明的)。戦後、中国大陸の動乱を避けて資本家や文明人が挙って香港に雪崩れ込んできた歴史があるが、大陸...
香港で長期化する反政府デモの現場
1997年に香港が中国に返還されてから17年余り。一国二制度の下で高度な自治が認められ、アジアの金融ハブとして繁栄してきた香港で勃発した反政府デモが長期化、一国二制度継続の正念場を迎えている。今回のデ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする