メリディアン サイバーポート(数碼港)香港 宿泊記

今回は気分転換に香港のル・メリディアン・サイバーポート(数碼港)に泊まってみた。

そもそもサイバーポートなんて行った事ないんだけど、一体どこにあるのか。IT関連やハイテク情報産業を誘致・集積する為のオフィスビルや会議施設・商業施設・マンション・メリディアンホテルなんかが集まる香港政府肝入りの開発区らしいが…。

一応は香港島に立地してはいるものの、西の外れの外れのそのまた外れにあり、上湾やセントラルあたりから車で15~20分程度走った先の丘の上にあるようだ。MTRの港島線が2014年にケネディータウンまで延伸したけど、サイバーポートはもっともっと奥で山の向こう側。観光拠点としては至極不便だし、香港らしい下町風情を感じられるような場所でもないだろう。

ひだり みぎ
ホテルへは香港駅のプラットフォームフロアから一時間に一本の頻度で無料のシャトルバスが出てる。


[table id=44 /]
香港駅からホテルまでは少し迂回するので20分、ホテルから香港駅までは15分程。香港島なんて大きさ的にたかが知れてるので、島の西の最果てとはいえ思ったよりは移動時間がかからない。

【ホテルへのアクセス】
[table id=45 /]

香港駅を出たシャトルバスは上環の高層ビル群を抜け生活感溢れる下町に入り、やがて何も無い長閑な山道へと登っていく。あぁ…やっぱりホテル周辺には何も無いんだなぁ、ヤクルトスワローズの畠山選手の様な山賊が出てきそうだなぁ…なんて思い始めた頃にホテルが見えてきた。

画像はmeetingsbooker.com様から拝借させて頂きました。手前に海、背後に山という背山臨水の地にあり坐北向南なんで、風水マニアの方でも安心して泊まれそうw。

シャトルバスを降りると、控えめな笑顔のポーターに控えめに迎えられロビーへと控えめに促さられる。
ひだり みぎ
吹き抜けになっていて明るいロビー。風水的な意味合いがあるのか奇抜な形をした柱なんかが立っているが、全体としてはメリディアンらしいモダンスタイルなデザインで纏まっている。

【プラチナ特典】
4F朝食会場での朝食(06:30-10:30)
4Fバーでのカクテルアワー(17:30-20:00)
靴磨きとスーツプレス
飲食代金30%オフ
オーバーナイトの駐車料金50%オフ
ビジネスセンターでの料金20%オフ
スイートは数が少ないのでアップグレードは余り期待できなそう。


白を基調に近未来的な演出に溢れるロビーはまるでどこかの科学博物館のよう。

ひだり みぎ
通された部屋もコンテンポラリーで洗練されたデザインとなっている。

ひだり みぎ
スタイリッシュなガラスデスクの上には通信し放題のスマホが用意されている。町歩きには便利なアイテムだが、一度ホテルにチェックインしたら町に出るのが億劫に感じられる立地にあるからなぁ。今回も一日中ホテル内で籠城コースでスマホは使わず終いだったし。

ひだり みぎ
水回りもガラスが多用されていてスタイリッシュで明るい作り。


しかしまぁここの設計者は鏡とガラスが大好きだな。感性がすっごくヤング。


アメニティ入れは小生が中学生の時に愛用していた無印良品のポリプロピレンペンケースw

ひだり みぎ


ディティールまで見てみるとチャッチイし、ハンガーとかの備品もチープ。

ひだり みぎ
窓際に設置された一人掛けソファからは海沿いに広がる無機質なサイバーポートが見渡せる。香港と聞いて思い浮かぶような雑然とした雰囲気は一切皆無で、一切の猥雑さを排除した人工的な町のように見える。


大自然のど真ん中をくりぬいたような一角に近代的建築物が立ち並ぶ未来都市のような景観。ここもまたよく聞く都市開発の失敗例の一つなのだろうか。何もない郊外の一角を切り開いて工場や研究機関を誘致しようとしたり、南国リゾート風にアレンジしてみたり。結局思うように進まず、最終的には不良債権化、と。サイバーポートも構想段階ではITや情報サービス企業を誘致して東洋のシリコンバレーを目指すなど威勢の良い声ばかりだったそうだが、今や全くもって勢いを感じない。

ひだり みぎ
プールは170という客室数の割には小さいな~。せっかく郊外にあるのに、ホテル全体が小規模すぎる。かといってブティックホテルという訳でもないし、狙いがどこか中途半端。


ジムも最低限のウェイトトレーニングと有酸素運動マシンは揃っているけど狭い。


4階のバーではカクテルアワーのサービスを楽しめる。ドリンクもフードもオーダー制。店側としては仕方のないことなのかもしれんが、お金を落とす一般客が優先され、SPGの乞食プラチナメンバーの対応は二の次にされている印象を受けた。

ひだり みぎ
食事メニューは「温かい物セット」と「冷たい物セット」の二種類だから物足りない。

ひだり みぎ
そんなカクテルアワーは早々に見切り、胃袋を満たすべくホテルに連結した商業施設・アーケードを徘徊する。さすがサイバーポートというだけあってモールも巨大なドームの中にいるみたいだけど、モール内はどこもかしこも閑古鳥が鳴いていて、不動産屋ばかりが目立つ退屈な場所と言わざるを得ない。バブル期に生まれた負の遺産的な。

ひだり みぎ
日式なんちゃって豚骨ラーメンか迷ったけど、ガッツリ行きたかったのでペッパーランチでハンバーステーキとBBQ焼肉を(HK$63)。


夜は特に何をするわけでもなく早寝し、朝一で朝食会場“Prompt”へと乗り込んでいく。

ひだり みぎ


可もなく不可もない朝食。普通に食べればHK$272.80のところ、SPGプラチナだと無料にしてくれるのは有り難い。

うーん。中心部のホテルように騒がしい中国人で溢れていないのはサイバーポートのメリットだけど、場所が場所だけになぁ。SPG修行先としてなら深センまで行った方がお得だし、ラウンジが無いのでホテルでまったりするのにも適さない。ホテル自体は悪くは無いんだけど決め手に欠けるというか…。サイバーポートに進出する企業のみを狙って建てられたホテルなのか知らんが、いまいちターゲットが不明確な中途半端なホテルに感じられた。今回も結局ペッパーランチを食べに来ただけみたいな残念なステイになっちゃったし。再訪は無いかなぁ。

ル・メリディアン・サイバーポート・香港


Booking.com


住所: Cyberport 1, 100 Cyberport Rd, Hong Kong
電話: +852 2980 7788


Booking.com

Related posts(関連記事):

SPG修行での使い勝手も良いシェラトン広州
今回の宿泊先は広州の新市街地とも言うべき天河エリアにあり、空港からの移動も地下鉄で一本と何かと便利な立地のシェラトン広州。広州にはWホテル1箇所・ウェスティン2箇所・フォーポインツ1箇所・アロフト1箇所・シェラトン2箇所とSPG系列が5ブランド7ホテルと揃っているが、その中でもこのシェラトン天河がコスパも含めた総合力ではナンバーワンかと思う。アロフト・フォーポは宿泊費に釣られて昨年の修行時に利用し...
SPGに浮気がバレた!? ~特定会員への限定プロモ~
滞在先のホテルに戻り久しぶりに個人のメールアカウントをチェックすると、来てる来てるジャンクメールの数々が。半ば憂鬱になりながらコーヒー片手にこれらの迷惑メールをゴミ箱に廃棄するという単純作業をこなしていると、ジャンクの山の中にSPGからのメールを発見。 開いてみると、見事、特定会員への限定オファー当選!と。 とりあえず会員番号をインプットしてプロモに登録することに。
香港⇒マカオの移動手段
今日は頻繁に聞かれる香港⇒マカオの移動手段のご紹介。香港からマカオはフェリーで約1時間の距離。香港側は香港島・上環の港澳碼頭、九龍半島の中港城、そして香港国際空港の海天客運碼頭、マカオ側はマカオ半島の外港碼頭、タイパ島のタイパ客運碼頭がフェリーの発着場所となります。 【フェリー発着場所の位置 香港側】 ●港澳碼頭 通称マカオフェリーターミナル。香港島はMTRの上環駅のD出口と直結...
2017年一発目 マリオット メガボーナス&SPGプロモ
えー、遅ればせながら明けましておめでとうございます。カシュガル・クチャ・ハミ・ウルムチ・敦煌・西安とシルクロードを西から東に巡った一週間半の短期旅行を終え、無事に社会復帰を果たしました。 昨年度は隙あらば短期旅行にホテルステイ!の姿勢を貫き通し、SPGプラチナ75ナイト、アコープラチナ・IHGスパイア・JALダイヤモンドと、年初に掲げた目標は概ねクリアすることができました。(今日は「ですます...

コメント

  1. グリーン より:

    観光には不適合なホテルのようですね~やめておこうと思います。
    金の落とさない客にバーテンの力も入りまんへんな(笑)

    • ポンズ より:

      グリーン様
      観光目的、特に弾丸旅行で時間が限られている場合はお勧めできません。
      香港は都心部にアロフトやフォーポあたりが出来れば便利になるんですけどねー。シェラトンが去年から30%以上値下げしてきてるとはいえ、流石にあの立地だと一泊税込HK$1500以下にはならないので…。