ベトナムアートとベトナムカフェ

今日は土曜日。15:00に仕事が終了し、一旦ホテルに戻って着替えてからホーチミン市内の散歩に出かけました。常夏のホーチミンではあるが、市内は緑が多く日陰は快適なので、ウォーキングをしていて気持ちが良い。歩き疲れたらカフェにて一休憩、シントー(ベトナム版フルーツシェーク)やチェー(ベトナム版ぜんざい)でエナジー補給して街ウォッチングを兼ねた散歩を再開するというのが最近のベトナムでの休日の日課となっいます。

今日のウォッチングのテーマは『ベトナムアート』。ホーチミン市内を歩いていると、街中至る所でプロパガンダアート的な看板が掲げられているのを目にします。それらの看板がどんな内容の物なのか以前から気になっていたので、今日はそれらを写真に取り、看板の文字を自動翻訳機にかけてみました。

①爽やかな男女カップル。

予想『資格の大原:ホーチミン市の若者よ、30歳からの将来に想いを馳せよ。』

翻訳『展覧会:30人の若者が、ホーチミンの規律と成熟度を曲げ食用油。』

②最近見かけるようになったこの看板、交通安全を呼びかけているのかと思いきや…

予想『運転手は家族の命を預かる立場。安全運転を心がけましょう。』

翻訳『連帯、イニシアチブや創造、新農村計画』

③爽やかな男女カップルその2

予想『我が共産党が明るい未来、便利で豊かな都市を築き上げる。』

翻訳『ホーチミンに成功国民会議党火かき棒のLANを実装するための決意』

④これも交通安全関連の看板かと思いきや…

予想『道路横断は係員の指示に従って下さい!』

翻訳『ベトナム女性連合の82周年を祝う 銃を保持して、国の工業化と近代化の間にベトナム女性奥羽大学の良い伝統を開発』

⑤頭蓋骨に拳。こちらは大体想像通りのようです。

予想『薬は厳禁 貴殿の健康を害します。』

翻訳『直ぐに薬を停止 犯罪との闘い 薬物防止』

う~む。パソコンの自動翻訳機はどれくらい信用できるのだろう…

⑥ストリートアート

真ん中の窪みを活かして立体的に描かれています。

⑦アートギャラリー

やっぱりベトナムアートは独特なタッチで眺めていて面白い。

⑧まさかの鄧小平(!?)

どう見ても鄧さんですよね??中国からの輸入品なのだろうか。

続いて本日立ち寄ったカフェのご紹介。

①『KIM THANH』

『キムタイン』という名で、牧場直営のプリンの名店としてガイドブックにも載ってる有名店のようです。ネットで探してみると『プリン食べなきゃアホ』『感動もの』『プリン!プリン!プリン』との情報ばかり。相当の人気を博しているようです。


店内は清潔。人気店と言う割には客は私だけです…


店の奥には商売繁盛のえびす講がにっこりと鎮座。


えびす前の席に座るとメニューを渡されました。デザートだけでなく、オムレツやチキンウイングなども用意されているようです。私は店員のおススメ通りプリン(VND 15,000)と飲むヨーグルト(VND 30,000)を注文。

注文後2分で運ばれてきました。

小せ~~~!!!ヨーグルトもグラスの半分しか入っていません…

サイズ比較の為に自分の指を置いてみました。

やはり小せぇ~~!!食べてみると…卵の味が良く効いて美味しいと言えば美味しいが、ホテルの朝食に出るプリンと大して変わらないような…大絶賛されていて期待値が高かった分だけ多少ガッカリしてしまいました。価格的にもベトナムの他店と比べると非常に高く、コスパは極めて悪いと思う。

②Hello Boba


マンゴー味のシントー。アイスシェークのようなまろやかな口当たり。価格は確かVND 18,000でした。ジャスミン茶は無料。コスパ高し。

③ Vy

人でごった返しています。


ここでのおススメは豆から挽いてくれるベトナムコーヒー。ベトナムは地味に世界第二位のコーヒー豆生産国なんです。


ベトナムコーヒーは砂糖・コンデンスミルクたっぷりで甘ったるいので賛否両論分かれそうですが、甘党の私にはキャラメルっぽくて結構病みつきになります。

いや~しかし歩いた歩いた。

こんなモーターバイク軍団の間を縫って道路を横断するのもすっかり板についてきました。今日も健康的な一日を過ごしてぐっすり眠れそうです。

Related posts(関連記事):

ホイアン歴史文化博物館⇒関公廟
さてさて、今日は丸一日費やしてホイアンの町を歩き倒すことに。 ホテルの朝食会場で生絞りのスイカジュースと残念なホイアン名物・ホワイトローズを平らげてから行動開始。 先ずはホイアン観光を始めるにあたり「ホイアン観光チケット売り場」を目指すことに。ここホイアンにはホイアン観光局が厳選した18か所の見どころがあるのだが、それら見どころを訪問するには指定ベンダーにて販売されるチケットを購入する必要があ...
ダラット市民の台所・ダラット市場
ダラット2日目、余りの寒さの為に朝06:00に起床、ホテルの朝食に出た高原野菜サラダと野菜スープを胃袋に流し込む。甘味のある人参に玉ねぎ、そして新鮮な緑の高原野菜…普段は中国で汚染まみれの毒物ばかり食している私にとっては何よりの御馳走だ。今回のだラット旅行で、寿命が延びたと思う。 07:00、ぼちぼち陽が出てきたのでダラットの中心地にあるダラット市場へと足を運ぶ。新鮮野菜の朝飯に澄んだ高原の...
MOJO ドンコイ通りに面したお洒落カフェ/バー
ドンコイ通りに面したオープンテラス席がしばしば白人観光客の盛り場となっているMOJO on DONG KHOI。名前も良いですよね、MOJO。喪女でもない、JOMOでもない、MOJO。英語では魔術・呪術、スラングでは麻薬程度の意味の言葉なんだが、なんか、エロ妖しいコノテーションを感じさせてくれる響きの言葉じゃないですか。 このモジョ、一応シェラトン内の飲食施設ということでスターポイントも貯ま...
サフラン ホーチミン Saffron Mediterranean Bistro
今日は出張飯ネタで、ホーチミン市内1区のハイバーチュン通り(Hai Ba Trung Street)にある地中海料理屋・サフラン(Saffron)のご紹介。 シェラトンから歩いて3分、Annam Gourmet Marketの対面に建つ小洒落た赤煉瓦造りの建物がサフランになる。市内中心地の人気店ということでいつも賑わっているようだが、この日は時間が遅めということもあって席の半分ほどは空い...