都会のオアシス ルーフトップガーデン inレックスホテル
都会のオアシス ルーフトップガーデン inレックスホテル

都会のオアシス ルーフトップガーデン inレックスホテル

夜8時過ぎ頃に竹刀中心部のレックスホテル前を歩くと、どこからともなくジャズやフォークミュージックが聞こえてくる。オールデイズのイントロに続いて渋みのある低音のボーカルの歌声が夜風に乗って響き渡る。実はこれ、ホテルの屋上にあるルーフトップガーデンというレストランでの生演奏の音楽なんです。


IMG_1586
レロイ通りとグエンフエ通りの交差点という一等地に建つ5つ星コロニアルホテル・レックスホテル。比較的ホテル宿泊費が安いホーチミン市ですが、こちらは一泊最低でも12,000~13,000円程するようだ。

ひだり みぎ
ホテルの2階にはカジノ“The Dynasty”があります。

IMG_2793
本日行くのはカジノではなく、ホテル5階の屋上にあるルーフトップガーデンレストラン。

ひだり みぎ
座席の種類も少人数用からグループ用まであれこれあり、オープンエアだけあって肩ひじ張らずにくつろげる開放感いっぱいのレストランだ。南国植物も生い茂り、創業時の雰囲気を残す空間はベトナム・レトロを醸し出している。

IMG_2789
人民委員会。

IMG_2791
こちらはカラベルにシェラトンホテル。角地にあるので夜景が広く見渡せて、この上なく贅沢な夜景を前に食事を楽しむことができます。店内のレトロなインテリアと現代の高層ビルの夜景が入り混じって、なんとも不思議な気分になれる。しかも20:00からはこの夜景に生演奏が加わるんだからムード満点だ。

ひだり みぎ
ライトアップされたサイゴンの夜景を見ながら先ずはビールを軽く2本飲み干し、料理の到着を待ちます。サイゴンレッドラベルが1本VND 115,000(500円)、コロナがVND 145,000(600円)と、流石に5ッ星ホテル価格になっている。日本基準ではまぁちょい高いかなくらいであるが、ここはベトナム。街では一本100円以下で飲めるのだから、やっぱり高い。

IMG_2807
ベトナム宮殿風春巻きと題されたこちらのお品はVND 180,000(約700円)。

IMG_2812
パイナップルが二つに割られていたので中身が食べれるかと思いきや、果実はきっちりとくりぬかれて、中には蝋燭が入っていた。デートには良いだろうが、一人で来てるんだから蝋燭よりも果肉が欲しかったというのが正直なところ。これでは実質小さな揚げ春巻きが8本あるだけだ。

IMG_2814
手羽先。中には紫色のもち米が入っている。

IMG_2822
ブラックタイガーのペッパー炒めが本日のメイン。VND320,000 (約1,200円)也。はっきりいって期待していた感じの料理とは全然違った。

ひだり みぎ
そうこうしているうちに生演奏のステージが始まった。マドンナやサイモン&ガーファンクル、エルトンジョンなど1980年代を代表する懐メロヒットソングメドレーのボーカルの歌声がホーチミンの夜空へと拡がっていく。誰もが知っているナンバーで聞いていて懐かしく、年配の欧米人夫婦などは若き日の自分に思いを馳せてか、皆、感慨深げに遠くの夜空の一点を見つめている。

ひだり みぎ

全体的にお食事は値段の割には…というのが率直な感想だ。そういや周りも食事をしている人は殆どいなく、サイゴン川の方から吹く夜風にあたりながらビールやカクテルを飲む欧米人ばかりだった。ここでの食事はカラマリや春巻程度にしておいた方が良いかもしれない。ただ、やはりバンドの生演奏が流れる中でサイゴンの街並みを見下ろしながら飲むビールは格別だし、これだけ極上の雰囲気が造り上げられているのだから、多少値は張るのは仕方がない。日中はヒトとバイクの大洪水で喧噪に溢れているこの街のど真ん中でゆっくりとした時間の流れを感じることができる都会のオアシス的な癒しの空間に一杯飲みにいかれては如何でしょうか。

【名称】 Roof Top Hotel Bar & Restaurant
【住所】 5F, Rex Hotel, 141 Nguyen Hue
【TEL】 38292185
【営業時間】 07:00~翌01:00

Related posts(関連記事):

涼しい避暑地のアツい観光スポット・愛の盆地
ダラットはベトナム中南部のランドン省に位置する15万人程度の小規模高原都市。標高1500メートルという立地条件により年間を通して13℃から26℃という過ごし易い気候に恵まれ、ベトナムを代表する避暑地として知られている。またバリエーション豊かな花々や・湖・滝などの美しい自然を有することからハネムーナーのメッカとして新婚旅行カップルの人気旅行先にもなっていて、ベトナム人の間では愛の街なる愛称でも呼ばれ...
快適な避暑地・ダラットから混沌とした雑踏の街・ホーチミン市へ
週末休暇を利用した弾丸ダラット観光の旅程も全て消化し、ダラット空港へと向かわねばならぬ時間がやってきた。どんな旅にも終わりはあるとは分かっていても、これだけ快適な避暑地・ダラットから混沌とした雑踏の街・ホーチミン市に戻るのは、やはり思いっきり後ろ髪が引かれる思いである。 さて、ダラット市内から空港への足はタクシーかベトナム航空手配の有料シャトルバスになる。タクシーだと概ねVND200,000...
ベトナム航空 A350XWBビジネスクラス搭乗記 国内線ロータスラウンジ
毒霧まみれのハノイを脱出してホーチミンへと生還を果たす時がやってきた。ベトナム航空も私の無事の帰還を祝福してくれてか、私が乗る便の機材が直前の機材変更によりA320からエアバス社の最新鋭旅客機であるA350になったようだw A350は中長距離用の機材。たかだか二時間程度のベトナム国内線で搭乗の機会を頂けるのは非常にありがたく、喜びとベトナム航空への感謝を胸にハノイノイバイ空港へと移動するw ...
サイゴンに響く鐘の音・聖マリア教会
市内中心地区を歩いていると精巧に積み上げられた赤煉瓦と高さ40メートルの二つの尖塔が印象的な建物に目を奪われる。ホーチミン市の定番観光スポットの一つとして挙げられる聖マリア教会(サイゴン大聖堂)だ。19世紀のフランス統治時代に建材をわざわざフランスから取り寄せて建造された本格的ネオゴシック様式の教会で、並々ならぬ“ヨーロッパ臭”を醸し出している。 建物手前の広場には名前の由来ともなってい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。