チェーとの出会い

チェーとの出会いと言っても、チェホンマンと対面したわけでもなく、故人であるキューバ革命の伝説的英雄チェ・ゲバラが夢に出てきたわけでもない。ここで私が言うチェーとはChè!!ベトナムを代表するスイーツである。

出会いは偶然であった。日曜日にホーチミン市内を探索している途中、水分補給の為に、通りかかったデパートに入った時のことであった。

デパート

Parkson(百盛)デパート。一区中心部に位置します。

搾り立てフレッシュジュースを探していたところ、良さげなパーラーを発見。

その名もTapiocup。ベトナムでは珍しく爽やかで清潔感溢れる店舗である。

メニューを見てもよく分からないので、おススメを持ってきてもらうと…

こんな色彩豊かな飲み物が出てきました。木耳(?)海藻(?)ロンガン(?)蓮の実(?)寒天(?)タピオカ(?)などのプリプリ触感系の具材がクラッシュアイスと共にココナッツミルクベースのシロップに詰められています。レシートにはCHE (Cu Nang Tao Do Thach Nhuyen)と書かれている。名前も見た目はちょっと不気味であるが、食べてみるとこれがどうしてどうして、美味しいではないですか!チェーに開眼!速攻でホテルに戻り、『ホーチミン チェー』でググり、検索に引っかかったチェー専門店に行ってみることに。

チェ・ナムボ(Che Nam Bo) 閉店が確認されました

一区の動植物園近くのチェー専門店チェ・ナムボ。タクシーでドンコイから5分くらい。ここだ!と言われてタクシーを下ろされるも、周囲にはそれらしきお店は見つからず、歩き回ること数分…

歩き回った結果、この細い路地の奥にあることを突き止める。


こんな細い通りの突き当りに…


ようやく発見!すっごい人懐っこい笑顔で熱烈な歓迎を受ける。

店内の様子


テーブルとイスが物凄く低い…椅子の座高は私のスネぐらいで、正直言って座り心地の悪いことこの上ない。


5番に着席。短足な私でも非常に窮屈。

着席すると御絞り・お茶・メニューが運ばれます。


冷たいチェー・暖かいチェーの他、ソーセージや春巻きなどの軽食も供されています。メニューは一部日本語表記あり。日本語表記も助かるが、値段を書いてくれた方がもっと助かる。

グラス入りのチェーとカップ入りのチェーを適当に指さして各一種ずつオーダー。

食べてみる。やっぱりうまい!右が『木耳、ピーナッツ、蓮の実、タピオカ、緑豆のチェー』で、左は黒豆のチェー。ココナッツジュースは汎用性高いなぁ。何と食べてもマッチします。


はっきりいって見た目は不味そうだし、何かグロい。うちの母あたりがみたら絶対に食べないと思うが、これでも美味いのである。ココナッツジュースだけ飲んでもピンとこないし木耳や蓮の実を単独で食べても美味しくないが、これらがコラボすることで不思議と絶妙なテイストになるのである。

他にもザクロのチェーレンコンのチェートウモロコシともち米のチェーなど、ここら一帯で採れる物を何でもかんでもチェーにしているようである。値段はと言いますと、チェー2品でVND 31,000 (≒120円)でした。コスパ高し!!!動植物園や歴史博物館からは徒歩圏内ですので、観光ついでに寄ってみるのもアリかと思います。常夏のベトナムにあって、やっぱり冷たいチェーの方がおススメです。

●チェ・ナムボ(Che Nam Bo)【閉店済】
・住所:Số 16/1A Đinh Tiên Hoàng, P.Đa Kao, District 1
・電話:090-923-3215

Related posts(関連記事):

ホーチミンで買うベトナム土産 マルゥチョコレート・フックロンコーヒー
くっそ暑い日曜昼下がりのホーチミン市。冷房の効いたホテルでだらだらまったりと過ごしたいところだけど、頼まれ物の土産品を調達すべく殺人的日光が照り付ける灼熱地獄へと出ていくことに。 大粒の汗を垂らしながら先ず向かった先はPHUC LONG(フックロン)、地場のコーヒーチェーンである。ベトナム語でハッピードラゴンという意味らしいので、漢字表記だと福龍になるのかな。公安(コンアーン)・注意(チュー...
メコンデルタの玄関口・ミトーの街とカオダイ教ミトー支部
標高5,200mのチベット高原を水源に、中国雲南省、そしてミャンマー・ラオス、タイ・カンボジアを経由して約4千Kmの旅をする超大河のメコン川は、旅の最後にベトナム南部のメコンデルタ地帯へと豊かな水の恵みを運び、南シナ海へと注ぎ出る。その旅の終着地点のちょい手前にミトーという町がある。マンゴーや竜眼、ランブータンなど豊富な果物の名産地として名を馳せる小都市で、ミトーメコン川のリバークルーズも楽しめる...
バイクチャーターでダラット観光へ ~霊光寺~
早朝のダラット市場をぶらぶら冷かした後は、バイタクでの観光を始めるべく行動開始。今日はざっくりダラット市場⇒霊光寺⇒クレージーハウス⇒バオダイ宮殿⇒ケーブルカー⇒竹林寺⇒ダランタ滝⇒ダラット駅といった計画を組んでいいる。本日の足を確保する必要が有るので、路上でバイクに跨り手持無沙汰にしていたおっさんに声をかけてみる。バイタク夫ではなく一般のオヤジの可能性があるが、この際しょうがない。面倒なので片っ...
バイタクで赤ザオ族の住まう村落へ!
ホテルでアーリーチェックインを済ませた後は、休む暇も惜しんで街探索へと繰り出すことにした。 サパの町はこじんまりとしていて、30-40分もあればゆうに一周できてしまうほどの規模で、サパ市場を中心とした半径数百メートルの範囲にホテルやレストラン、ツアー会社などが密集している。首都ハノイからは376km離れた中国国境近くの標高1,600メートルの山岳地帯にあるこの小都市への訪問客のお目当ては市内観光で...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。