ホーチミン 国営デパート

どうも。今日から出張でホーチミンです。到着後の余暇を楽しむため、国営デパートというところで買い物をしてきました。

フランスの統治時代からある由緒ある建物らしく、外観は非常に古い。
IMG_0717
国営デパートというからに、立派で品位のあるデパートを想像していましたが…

1F:一階こそ香水やネックレス、時計などを売っていて日本のデパートのような感じだが、階を登るにつれて怪しい雰囲気が増していく…
IMG_0719
一階は気合の入った内装具合。宝石関係、腕時計、オーディオや化粧品コーナー。

2F:ベトナムでは貴重な値札売り、明朗会計の大型スーパーがあり非常に重宝する。冷凍食品、菓子類、酒類、飲料水からシャンプーなど日用品、衣類、鞄類など幅広い品揃えで、値段も安い。お茶…コーヒーなどばら撒きようのお土産は全てここで購入。何故か周りの客も大多数が日本人で、ベトナムにいる感じがしなかった。

IMG_0721
スーパー。客の日本人率が驚くほど高い。

3F:ここまでいくといよいよもって怪しくなってくる。靴や時計、財布などが売られていて、中国でも良く見る風景が広がる。大好きなMontblancの長財布が欲しくて値段を見るとVND 800,000 (≒3,200円)と明らかに本物より安い。聞くとやはり偽物。曰く、Montblancの財布だが、デザインはオリジナル、出来はAAA+で絶対安心品質、ノープロブレムとのこと。勝手にMontblancの名前無断借用してんじゃん!堂々と偽物宣言するあたり罪悪感のかけらも感じ取れない。去ろうとする私に『VND 700,000でok!と必死に偽物を売りつけてくる商魂も見上げたもの。白昼堂々と国の管理下にあるデパートで偽ブランド品を販売しているのが何ともベトナムっぽい。国を上げて偽物販売を外貨稼ぎの手段としてるのかな。

4F:怪しい!!でも東南アジアチックでその怪しさに魅力を感じんでもない。この階はインテリア系の小物土産屋、手芸工芸品屋が乱立しているのだが、歩いていると『お兄さん見るだけタダ(=無料)ね』と強引に腕を引っ張って売り子に囲まれる。もはや国営デパートとしての気品無し。ただ、試しに値段を聞いてみるとベンタン市場よりも安く、結局ここで漆器のセットやバッチャン焼きの陶器、ホーチミンおじさんのTシャツをお土産に購入してしまった。暑っ苦しくてごみごみしているベンタン市場よりも空調が有り快適なので、意外とお勧めである。

IMG_0725
↑4階の小物売り場の様子。

5F:重い土産物を購入したために5Fには行かなかったが、マッサージ屋があるらしい。怪しいな~……

想像してた感じとは全く違いましたが、でもまあ市内中心から程近いしクーラーも完備していて快適なので、土産物調達場所としては良かったです。

今回は金曜日までホーチミンに滞在予定。明日からは客先回りで忙しいであろうが、機会があればまた更新しようと思います。

*追記。ベトナムでは日本でいう階をグランドフロアと呼び、日本の2階がベトナムの1階に相当するらしい。こんなとこにもフランスの影響が…

Related posts(関連記事):

ホイアンそぞろ歩き ~昼編~
行く場所も定めずマイペースでホイアンの町をそぞろ歩くことに。世界遺産の古都・ホイアンは町そのものが見どころなので、目的地なくブラブラ歩いているだけで良い観光になる。 ファンチューチン通りで見つけた学校。繁体字で会安礼儀学校と書かれているので華人の教育施設だろう。旧正月休暇なのかグランドにも校舎にも人影が無く、普段は学生で賑やかな校内はシーンと静まり返ってる。校門脇の民家で野菜を洗っている...
ホーチミンで買うベトナム土産 マルゥチョコレート・フックロンコーヒー
くっそ暑い日曜昼下がりのホーチミン市。冷房の効いたホテルでだらだらまったりと過ごしたいところだけど、頼まれ物の土産品を調達すべく殺人的日光が照り付ける灼熱地獄へと出ていくことに。 大粒の汗を垂らしながら先ず向かった先はPHUC LONG(フックロン)、地場のコーヒーチェーンである。ベトナム語でハッピードラゴンという意味らしいので、漢字表記だと福龍になるのかな。公安(コンアーン)・注意(チュー...
バインミーの名店『ニューラン』
ニューランとはホーチミンにある創業45年超の超老舗ローカルベーカリーです。いつ行っても多くの人でごった返している人気店です。 場所はハムギー通り、ホーチミンで一番高いビテクスコフィナンシャルタワーの斜向かいにあります。 道中迷ったらこのビルを目指して歩くべし。 ニューランの朝は早く、まだ暗い6時に開店です。一日がけで遠方の客先回りをする日は早朝にこちらでバインミーを調達し、昼...
ベトナムの伝統芸能 カー・チュー@旧家保存館
トゥオン劇場の公演のオーディエンスがまさかの私一人という事態となった為、流石に私一人の為に貸切公演はできないとの判断から当日キャンセルとなってしまった。失意のもとホテルに戻り情報収集をしていると、旧市街のマーマイ旧家保存館ではカー・チューという伝統芸能が鑑賞できるとの情報を入手した。カー・チューとは雅楽や民謡にも似たベトナムの伝統芸能で、高音の打楽器のファック(fワードで申し訳ない)、独特の音色を...