ホーチミン 国営デパート

どうも。今日から出張でホーチミンです。到着後の余暇を楽しむため、国営デパートというところで買い物をしてきました。

フランスの統治時代からある由緒ある建物らしく、外観は非常に古い。
IMG_0717
国営デパートというからに、立派で品位のあるデパートを想像していましたが…

1F:一階こそ香水やネックレス、時計などを売っていて日本のデパートのような感じだが、階を登るにつれて怪しい雰囲気が増していく…
IMG_0719
一階は気合の入った内装具合。宝石関係、腕時計、オーディオや化粧品コーナー。

2F:ベトナムでは貴重な値札売り、明朗会計の大型スーパーがあり非常に重宝する。冷凍食品、菓子類、酒類、飲料水からシャンプーなど日用品、衣類、鞄類など幅広い品揃えで、値段も安い。お茶…コーヒーなどばら撒きようのお土産は全てここで購入。何故か周りの客も大多数が日本人で、ベトナムにいる感じがしなかった。

IMG_0721
スーパー。客の日本人率が驚くほど高い。

3F:ここまでいくといよいよもって怪しくなってくる。靴や時計、財布などが売られていて、中国でも良く見る風景が広がる。大好きなMontblancの長財布が欲しくて値段を見るとVND 800,000 (≒3,200円)と明らかに本物より安い。聞くとやはり偽物。曰く、Montblancの財布だが、デザインはオリジナル、出来はAAA+で絶対安心品質、ノープロブレムとのこと。勝手にMontblancの名前無断借用してんじゃん!堂々と偽物宣言するあたり罪悪感のかけらも感じ取れない。去ろうとする私に『VND 700,000でok!と必死に偽物を売りつけてくる商魂も見上げたもの。白昼堂々と国の管理下にあるデパートで偽ブランド品を販売しているのが何ともベトナムっぽい。国を上げて偽物販売を外貨稼ぎの手段としてるのかな。

4F:怪しい!!でも東南アジアチックでその怪しさに魅力を感じんでもない。この階はインテリア系の小物土産屋、手芸工芸品屋が乱立しているのだが、歩いていると『お兄さん見るだけタダ(=無料)ね』と強引に腕を引っ張って売り子に囲まれる。もはや国営デパートとしての気品無し。ただ、試しに値段を聞いてみるとベンタン市場よりも安く、結局ここで漆器のセットやバッチャン焼きの陶器、ホーチミンおじさんのTシャツをお土産に購入してしまった。暑っ苦しくてごみごみしているベンタン市場よりも空調が有り快適なので、意外とお勧めである。

IMG_0725
↑4階の小物売り場の様子。

5F:重い土産物を購入したために5Fには行かなかったが、マッサージ屋があるらしい。怪しいな~……

想像してた感じとは全く違いましたが、でもまあ市内中心から程近いしクーラーも完備していて快適なので、土産物調達場所としては良かったです。

今回は金曜日までホーチミンに滞在予定。明日からは客先回りで忙しいであろうが、機会があればまた更新しようと思います。

*追記。ベトナムでは日本でいう階をグランドフロアと呼び、日本の2階がベトナムの1階に相当するらしい。こんなとこにもフランスの影響が…

Related posts(関連記事):

都会のオアシス ルーフトップガーデン inレックスホテル
夜8時過ぎ頃に竹刀中心部のレックスホテル前を歩くと、どこからともなくジャズやフォークミュージックが聞こえてくる。オールデイズのイントロに続いて渋みのある低音のボーカルの歌声が夜風に乗って響き渡る。実はこれ、ホテルの屋上にあるルーフトップガーデンというレストランでの生演奏の音楽なんです。 レロイ通りとグエンフエ通りの交差点という一等地に建つ5つ星コロニアルホテル・レックスホテル...
ルネッサンス+ソビエト風建築のハノイ鉄道駅
南北に長~い国土を持つベトナムの南北統一鉄道は、北は首都ハノイから南は商都サイゴンまでの1,726Kmを結ぶベトナムの大動脈。今年5月には南北統一鉄道で南の出発地点であるサイゴン駅まで行ったところ、レトロな車両についつい旅情が掻き立てられて、サイゴンからビエンホア駅までの旅行に出てしまった。今回は鉄道に乗って旅行に行く時間はないが、無性に北の出発地点であるハノイの駅も見てみたいという強い衝動に駆ら...
ロマン溢れるベトナム南北統一鉄道
南北に長~い国土を持つベトナムの南北統一鉄道は、北は首都ハノイから南は商都サイゴンまでの1,726Kmを結ぶベトナムの大動脈。辺り一面に広がる青々とした水田や深い緑に包まれた椰子林、白浜とコバルトブルーの海水が広がる東シナ海を見ながら列車は今日も走り続けています。ベトナム南北統一鉄道…名前を聞くだけでロマンを感じます。 今すぐにでも南北統一鉄道でのベトナム横断旅行に繰り出したいのだが、有給す...
奇抜なファンタジーランド・クレイジーハウス
次なる目的地はダラットが、いや、ベトナムが誇る世紀の摩訶不思議スポット・クレイジーハウス。ベトナムの国会議長やベトナム共産党総書記まで務めた超大物政治家チュオン・チン氏のご令嬢であるダンヴィエットガーさんが設計した、よじれた木をモチーフにしたというガウディもビックリの奇抜な建築物だ。 バイタク2号のバイクに跨り長閑なダラット市街を北に抜ける。 人工のスアンフオン湖を越えると…...