ホーチミン 国営デパート

どうも。今日から出張でホーチミンです。到着後の余暇を楽しむため、国営デパートというところで買い物をしてきました。

フランスの統治時代からある由緒ある建物らしく、外観は非常に古い。
IMG_0717
国営デパートというからに、立派で品位のあるデパートを想像していましたが…

1F:一階こそ香水やネックレス、時計などを売っていて日本のデパートのような感じだが、階を登るにつれて怪しい雰囲気が増していく…
IMG_0719
一階は気合の入った内装具合。宝石関係、腕時計、オーディオや化粧品コーナー。

2F:ベトナムでは貴重な値札売り、明朗会計の大型スーパーがあり非常に重宝する。冷凍食品、菓子類、酒類、飲料水からシャンプーなど日用品、衣類、鞄類など幅広い品揃えで、値段も安い。お茶…コーヒーなどばら撒きようのお土産は全てここで購入。何故か周りの客も大多数が日本人で、ベトナムにいる感じがしなかった。

IMG_0721
スーパー。客の日本人率が驚くほど高い。

3F:ここまでいくといよいよもって怪しくなってくる。靴や時計、財布などが売られていて、中国でも良く見る風景が広がる。大好きなMontblancの長財布が欲しくて値段を見るとVND 800,000 (≒3,200円)と明らかに本物より安い。聞くとやはり偽物。曰く、Montblancの財布だが、デザインはオリジナル、出来はAAA+で絶対安心品質、ノープロブレムとのこと。勝手にMontblancの名前無断借用してんじゃん!堂々と偽物宣言するあたり罪悪感のかけらも感じ取れない。去ろうとする私に『VND 700,000でok!と必死に偽物を売りつけてくる商魂も見上げたもの。白昼堂々と国の管理下にあるデパートで偽ブランド品を販売しているのが何ともベトナムっぽい。国を上げて偽物販売を外貨稼ぎの手段としてるのかな。

4F:怪しい!!でも東南アジアチックでその怪しさに魅力を感じんでもない。この階はインテリア系の小物土産屋、手芸工芸品屋が乱立しているのだが、歩いていると『お兄さん見るだけタダ(=無料)ね』と強引に腕を引っ張って売り子に囲まれる。もはや国営デパートとしての気品無し。ただ、試しに値段を聞いてみるとベンタン市場よりも安く、結局ここで漆器のセットやバッチャン焼きの陶器、ホーチミンおじさんのTシャツをお土産に購入してしまった。暑っ苦しくてごみごみしているベンタン市場よりも空調が有り快適なので、意外とお勧めである。

IMG_0725
↑4階の小物売り場の様子。

5F:重い土産物を購入したために5Fには行かなかったが、マッサージ屋があるらしい。怪しいな~……

想像してた感じとは全く違いましたが、でもまあ市内中心から程近いしクーラーも完備していて快適なので、土産物調達場所としては良かったです。

今回は金曜日までホーチミンに滞在予定。明日からは客先回りで忙しいであろうが、機会があればまた更新しようと思います。

*追記。ベトナムでは日本でいう階をグランドフロアと呼び、日本の2階がベトナムの1階に相当するらしい。こんなとこにもフランスの影響が…

Related posts(関連記事):

五行山経由、バイタクでホイアンからダナンへと戻る
さて、いよいよホイアンとお別れだ。 昨日の観光で利用したバイクタクシーのおっちゃんが200,000ドン(800円)でダナンまで連れて行ってくれるという。ダナン空港からのタクシーが500,000ドンだったことを考えると…頭の中で電卓をたたく。五行山にも立ち寄らせてくれると言うし、途中好きなだけバイクを止めて写真撮影できることと彼が若干の英語を話せることを考えれば良心的な価格だと判断し、お願いするこ...
ベトナム航空特典航空券を使ってダラット観光へ
地味に貯まっていた10,000マイルが今月末に失効になるとのメール連絡をベトナム航空から受けたので、決算前の忙しい時期ではあるが週末に特典航空券を使ってベトナム中部の高原都市・ダラットへの小旅行に出かけることにした。非効率大好きなベトナムらしく手続きが煩雑だったので、特典航空券入手までの手順などを備忘録としてまとめてみた。 フライトの距離に応じてゾーンAからゾーンFまでランク分けされてい...
陶器作りの伝統工芸村・タンハーでろくろ体験
ホイアンの街で、ランタンと共に目にすることが多い定番土産といえば、精細な木工細工と陶器が挙げられる。実はこれらもホイアンの伝統的な工芸品で、トゥボン川からボートに乗って実際にそれらの土産品を作っている工芸村を訪れることができる。ツアーで陶器の工芸村・タンハーと、木彫り細工の芸術村・キムボンを回るのが一般的なようだが、今回は谷弥次郎兵衛、蕃二郎と450年前の日本人商人のお墓参りの帰りに、そのままバイ...
ホイアン五大華人会館+明郷華先堂をコンプする(明郷・瓊府・潮州)
ここからは本格的に総合チケットを消化していくことに。先ずはホイアン五大華人会館(広肇・福建・中華・瓊府・潮州)を攻めてみよう。 ここで言う「会館」とは、同郷出身者の互助や親睦を目的とした公所のことで、集会所兼鎮守社とでも表現すれば良いだろうか。だいたい華人はどの街に於いても日本人の県人会よろしく地方ごとのコミュニティーを作ってなんとか会館というものを建てているのだが、ここホイアンにも中国人の信仰...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。