中国のホームレス(=大道芸人)事情

今日は金曜日!退社後に珠海の拱北経由でマカオに遠征。マカオのカジノ事情、観光情報諸々を書こうと思っていたが、途中、拱北での物乞いさん達の必死の活動が非常に印象に残ったので、少々気が引けるが今日は中国の物乞い(=大道芸人)事情について書こうと思う。

●物乞いパターン1

ライブ活動:立派な音響機器の傍ら、マイク片手にゲリラライブを展開していた真っ黒な乞食ルックの男性。披露中の曲目は劉徳華(だと思う)。ヒモジイ身形と最新鋭のアンプとの対比具合に目を疑ったが、余りの口パクっぷりに耳も疑った。途中、『皆、今日は遥々ライブ会場に来てくれてありがとーーー』 とモロに劉徳華の録音シャウトが入ってるし…ただ、周りには人だかりができるくらいの集客具合で繁盛している様子だった。

●物乞いパターン2

二人組の芸:一人は布団の中に横たわっており、傷だらけの足(足のように見える気に肌色のペンキ塗装を施したもののよう)を布団の中からチラつかせて同情を誘っている。そして相方は何かを叫びながらひたすら額を上下動させて地面に打ち付けている。何を叫んでいるか聞き取れなかったが、道行く人は皆蔑んだ目をして通り過ぎていた。

●物乞いパターン3

書道:半裸状態で鼻の穴に筆を突っ込み、自らの書道術を披露。腕前は確かで、大勢が彼の前の茶碗にお金を落としていっていた。

●物乞いパターン4

念仏:袈裟を身にまとった御坊様が念仏とぼしきものを唱えていた。その前には他の物乞い同様に寄付金徴収用の茶碗が。

拱北で歩いた数百メートルの間だけでこれだけ楽しませてくれる中国の物乞い達。とてつもないエンターテイメント性で、もはや大道芸人と呼んだ方がしっくりくる。

中国では物乞いの総統括組織なるものも存在し、実戦にでる物乞い戦士の育成などに励んでいるとのニュースも流れている。マーケティング戦略とかもたててるのかな…拱北の国境利用者数から計算するとあの大通りは毎日20万以上の人が通る。そのうち1%の人が1元を落としたら一日当たり200元。月25日の出動で5000元の収入…

広東省の公定最低賃金が1000元/月を超えたとはいえ、外で大道芸をしたほうが実入りがいいのかもしれない。

Related posts(関連記事):

標高4,500mの世界 藍月山谷風景区と石卡雪山 雲南省旅行4
ナパ海から車を走らせる。向かうは香格里拉市内の外れに聳える石卡雪山の藍月山谷風景区だ。 道中、モクモクと煙が立ち込めていたので炊煙かと思ったら、なんと鳥葬による煙というではないか。鳥葬とか、外国人が日本にまだ忍者がいると考えているくらいのもんで過去の風習かと思ってたけど、未だにチベット文化圏では鳥葬が最も一般的な葬儀方法になっているらしい。断片化した死体を鳥葬台に安置し、香木に火を点してハゲ...
クチャの荒野に忽然と建つクズルガハ烽火台
続いて向かうはクズルガハ烽火台。 今から2000年以上前の前漢時代に敵の侵入を知らせる為に造られた烽火台で、烽火台としてはシルクロード最古と言われる遺構である。 スバシ故城から南西方面に20キロ程だろうか。 北は荒涼とした荒山の麓に広がる丘陵地帯が続き、南はタクラマカン砂漠に向けて渺々たるゴビが広がっている。 見渡す限りに広がる荒野に一筋の道路がずーっと地平線まで繋がってい...
中国版新幹線
国内出張中は、中国版新幹線とも形容される中国高速鉄道も利用しました。昨年度に死亡事故を起こし、事後対応の拙さでも世間を大いに騒がせたアレです。 事故の主役だった和諧号。 駅構内に入る前には荷物のX線検査と金属探知機によるボディーチェックが行われます。金属探知機に財布とベルトと時計が相次いで反応するも、追調査は無し。 係員『進んで下さい!』 私『ピーって鳴ってますよ?』 係員『...
大連開発区から日露戦争の最激戦区・旅順へ
今日は早起きして朝一のバスで旅順へと向かう。 日露戦争の最激戦地として歴史の教科書に登場する旅順は、海外情報に詳しくなくとも名前だけは聞いたことがあるという方も多いと思う。旅順は遼東半島の最南端に位置し、現在は大連市旅順口区として大連市の中の一行政区となっている。総面積506km²、人口約26万人で、大連市中心部からは約45キロの地方都市だ。太古から天然の良港として知られていた旅順は小さな漁...