中国のホームレス(=大道芸人)事情

今日は金曜日!退社後に珠海の拱北経由でマカオに遠征。マカオのカジノ事情、観光情報諸々を書こうと思っていたが、途中、拱北での物乞いさん達の必死の活動が非常に印象に残ったので、少々気が引けるが今日は中国の物乞い(=大道芸人)事情について書こうと思う。

●物乞いパターン1

ライブ活動:立派な音響機器の傍ら、マイク片手にゲリラライブを展開していた真っ黒な乞食ルックの男性。披露中の曲目は劉徳華(だと思う)。ヒモジイ身形と最新鋭のアンプとの対比具合に目を疑ったが、余りの口パクっぷりに耳も疑った。途中、『皆、今日は遥々ライブ会場に来てくれてありがとーーー』 とモロに劉徳華の録音シャウトが入ってるし…ただ、周りには人だかりができるくらいの集客具合で繁盛している様子だった。

●物乞いパターン2

二人組の芸:一人は布団の中に横たわっており、傷だらけの足(足のように見える気に肌色のペンキ塗装を施したもののよう)を布団の中からチラつかせて同情を誘っている。そして相方は何かを叫びながらひたすら額を上下動させて地面に打ち付けている。何を叫んでいるか聞き取れなかったが、道行く人は皆蔑んだ目をして通り過ぎていた。

●物乞いパターン3

書道:半裸状態で鼻の穴に筆を突っ込み、自らの書道術を披露。腕前は確かで、大勢が彼の前の茶碗にお金を落としていっていた。

●物乞いパターン4

念仏:袈裟を身にまとった御坊様が念仏とぼしきものを唱えていた。その前には他の物乞い同様に寄付金徴収用の茶碗が。

拱北で歩いた数百メートルの間だけでこれだけ楽しませてくれる中国の物乞い達。とてつもないエンターテイメント性で、もはや大道芸人と呼んだ方がしっくりくる。

中国では物乞いの総統括組織なるものも存在し、実戦にでる物乞い戦士の育成などに励んでいるとのニュースも流れている。マーケティング戦略とかもたててるのかな…拱北の国境利用者数から計算するとあの大通りは毎日20万以上の人が通る。そのうち1%の人が1元を落としたら一日当たり200元。月25日の出動で5000元の収入…

広東省の公定最低賃金が1000元/月を超えたとはいえ、外で大道芸をしたほうが実入りがいいのかもしれない。

Related posts(関連記事):

中国の素が見える孫文中路
前回からの続きで、中山百貨店以東の孫文中路を歩いていきます。ここからは中山市の重要文化財が目白押しな上、庶民的な街並みも保存されていて、古き良き時代の中国の一面も垣間見ることができます。 本日の散歩ルート。 孫文中路を歩ききり、一本北を走っている太平路を経由して中山百貨店方面に戻ります。 先ずは孫文記念図書館。 孫文と孫文夫人のモニュメントが目印です。多分、等身大...
クラウンプラザ広州サイエンスシティ(広州翡翠皇冠仮日酒店) クラブフロア宿泊記
この日のお宿はクラウンプラザ広州サイエンスシティ(広州翡翠皇冠仮日酒店)。 場所はホテル名にある通り、広州東郊にある科学城ことサイエンスシティ。科学城といっても観光の目玉的城楼があるわけではなく、ハイテク産業を中心とした各種製造業社が集積した工業園区にあり、周囲に観光名所は殆ど無い。天河や広州東駅からは車で25分、広州白雲空港からは1時間弱の郊外にあるので旅行者にはお勧めできないし、5,00...
南方航空で行くシルクロード旅行 広州-ウルムチーカシュガル
昨年の年末年始はシルクロードで栄えた中国西北地方の古都巡りに出かけてみた。広州からウルムチ経由でカシュガルに飛び、カシュガル⇒クチャ⇒トルファン⇒ウルムチ⇒敦煌⇒西安と、中国最西端のカシュガルからシルクロードの東端・西安までの交易路を西から東へと移動。中東情勢がきな臭くなってる今、新疆もチベット同様に厳しい入域管理下に置かれるかもしれないし、行ける時に行っておかないとと思いましてね。 という...
中国 面白お菓子
中国に戻り、さっそく興味をそそるスナックを発見。 その名もサーモン寿司味ポテトチップス。 ご丁寧にわさび粉も付いてて『左ふりふり 右ふりふり』と混ぜて食べるみたいだ。 珍珍というブランド名からも何とも言えない独特のセンスを感じる。 いざ開封してみると、中にはポテトチップス用の大袋とワサビ粉用の小袋が入っている。さっそく大袋を開け中を確認すると、、、!!!!!??チップスが無...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。