コンカフェ(Cong Ca phe)で飲むヨーグルトコーヒー

フランス統治時代の影響からか、ベトナム社会にはコーヒー文化が非常に深ーく根付いている。
地元民がちょっと一杯と集うローカルな露店風コーヒーショップから外国人オーナーが経営する御洒落カフェ、フックロン・ハイランズコーヒー・チュングエンコーヒーといった地元資本のスタバ風コーヒーチェーンが街のあちこちに乱立。そこに黒船スターバックスが乗り込んできてもう市場は飽和状態!と思いきや、そんなレッドオーシャンに果敢に飛び込み成功を収める超ニッチコンセプトなカフェが昨今話題になっている。

その名も…Cong Ca Phe(コンカフェ)。ヨーグルトコーヒーを主力製品とするハノイベースのチェーン店で、そのコンセプトはなんと「配給制度下のハノイ」。以前に黄昏時のハノイの旧市街地で人民服を着た店員がレトロな店の軒下でせっせと「為人服務」と言わんばかりに給仕してた姿を見て、うわぁなんか変な時代にタイムスリップした!なんてえらく驚いたものだ。

そんなレトロな共産党カフェがホーチミンに進出しているというので行ってみた。

実際に訪問した今年5月時点でホーチミンの1区に3箇所あり、今回行ってきたのはMac Thi Buoi支店。


最近ホーチミンで増殖中のGrabをグラブしてお店まで。ほんとホーチミン市内の移動も便利になったわい。


こちらの共産党員の館と言わんばかりのカーキ色した建物がCong CaPhe。ただ、南国の光に照らされ輝くCong Capheは、あのどんよりとした暗がりの中のハノイで見たCong CaPheとはどこかが違う…。やっぱりコンカフェは閉塞的でどこかどんよりとした重苦しい雰囲気漂うハノイだからこそ惹き付けられるのであって、明るくてエナジェティックなホーチミンとはイメージが調和せんな。

ひだり みぎ
極彩色のレトロな花柄生地のカーテンやランプシェードで彩どられ、素朴なホーローのマグカップやプロパガンダポスター、古めかしい書籍にオールドタイムな黒電話にラジオなど、古き良き時代を想起させる品々が展示された店内は共産党の香りがプンプン。内装はオールドハノイこと1960年以前の北ベトナム時代を再現してるんだと。


ひだり みぎ
どうですこのレトロ感・ジャンク感。ちょっと薄暗くて秘密結社的な店内には戦時中のハノイと思しき白黒写真なんかもさり気無くインテリアの一部として飾られたしてアングラ感を醸し出してる。

ただ、どうもハノイで感じたCong CaPheのイメージとギャップがある。
やっぱり共産党カフェというと、どうしても薄暗い灯りの下でメガネをかけたガリガリの若者がひまわりの種を齧りながら議論を戦わせたり議論をしているというイメージというか勝手な先入観があったんだが、この店内の若者はセルフィーでキャッキャッキャッカと写真を撮ってお喋りに興じてた。どうも違うんだよな、イメージと。
ひだり みぎ
で、こちらがお待ちかね、Cong CaPheの主力製品・ヨーグルトコーヒー。ヨーグルトとコーヒー、かなーり意外な組み合わせだが、コーヒーのドロドロな苦味とヨーグルトの甘酸っぱさとバランスが絶妙で、意外とクセになるおいしさ。控えめに言って最高。

…イメージが違ったけど、旨けりゃ良いか!

【コンカフェ(Cong CaPhe)】
ウェブサイト:こちら



Booking.com

Related posts(関連記事):

MOJO ドンコイ通りに面したお洒落カフェ/バー
ドンコイ通りに面したオープンテラス席がしばしば白人観光客の盛り場となっているMOJO on DONG KHOI。名前も良いですよね、MOJO。喪女でもない、JOMOでもない、MOJO。英語では魔術・呪術、スラングでは麻薬程度の意味の言葉なんだが、なんか、エロ妖しいコノテーションを感じさせてくれる響きの言葉じゃないですか。 このモジョ、一応シェラトン内の飲食施設ということでスターポイントも貯ま...
バイタクで赤ザオ族の住まう村落へ!
ホテルでアーリーチェックインを済ませた後は、休む暇も惜しんで街探索へと繰り出すことにした。 サパの町はこじんまりとしていて、30-40分もあればゆうに一周できてしまうほどの規模で、サパ市場を中心とした半径数百メートルの範囲にホテルやレストラン、ツアー会社などが密集している。首都ハノイからは376km離れた中国国境近くの標高1,600メートルの山岳地帯にあるこの小都市への訪問客のお目当ては市内観光で...
宿泊記 超イビス級クオリティ イビスサイゴンエアポート
この日はホーチミンでのトランジットでサイゴンタンソンニャット国際空港近くのイビスサイゴンエアポートホテルに宿泊。 いまでこそIHG系列のHoliday Inn and Suites Saigon Airportがオープンしてますが、当時はまともそうなエアポートホテルってイビスくらいのもんだったんですよね。正直、うっわー、今日の宿はバジェットホテルのイビスか…と全く期待せずにホテルへと向かいました...
戦略家ホーおじさんの戦術が学べる(!?)作戦博物館
歴史博物館でベトナム近代史に入るまでの流れを学んだ後は、ホーチミン作戦博物館で現代史の学習です。場所はサイゴン動植物園の門から道を一本渡った先の右手、徒歩1分のところにあります。 館内には1975年3月から始まった軍事攻勢~サイゴン陥落に至る最終軍事作戦の図解や展示物が並べられているそうだ。軍事攻勢の流れとしては、75年3月からベトナム人民軍・南ベトナム解放民族戦線軍によって矢継ぎ早に下記4...