ホーチミン中央郵便局 日本に小包を郵送してみた

今日は出張帰りにホーチミン中央郵便局へ直行。どうもこの郵便局はちょっとした観光地らしく、中をウロウロと歩いていると土産物屋が声をかけてきたりする。そもそも郵便局というくせに、敷地内の大部分を土産屋が陣取っている。


仏国当時時代に建造された欧州の駅舎を忍ばせるような大時計が目印の中央郵便局、朝は07:00から、夜は20:00まで開いていて大変便利です。


フランスを感じさせるガラスと鉄骨の半円アーチが特徴のコロニアル建築。正面の突き当りにはどでかいホーチミンおじさんの肖像画が掲げられています。ベトナム中どこに行っても彼の顔を見ることができる程の国民的アイドル。


入口左には土産屋が。


左側にも土産屋が!


って真ん中にも土産屋が!両翼と中心部に土産店を構え、郵便局のくせに本格的な土産ラインナップを誇ります。

ひだり みぎ
みぎ
ポストカードはもちろんのこと、手編み製品から骨董品、各種アジアングッズまで何でもござれ。値段もベンタイン市場の吹っ掛け価格よりは安くおススメ。

さて、今回は丁度ホーチミンおじさんの額縁真下にあるInternational Percels and items というところで出荷手続き。色々と書類を書かされ、中身についての質問責めを食らう。質問が終わったかと思うとせっかく丹精、真心込めてラッピングした母の日ギフトを開封される。さすがは社会主義国、私が丁寧に梱包したギフトボックスはハサミで無残な姿に葬り去られ、中身をチェックしてから所定の段ボール箱に移し替えられた。その後その箱にペタペタと色々な書類を貼り付け、別の支払カウンターに通される。


何も知らずに料金を払おうとするとぼったくられることが目に見えているので、事前に料金確認。すると…日本までの送料がモロッコやナイジェリア、ガーナ等のアフリカ大陸、ノルウェー、グアテマラやコロンビアといった辺境地への料金よりも高いではないか!!!どうやって算出したんだこの数字!!根拠もへったくれもないだろう!まあ結局VND 230,000(≒900円)と思ったよりの安値だったんですが。そして「大体いつころ着きますか?」と聞いたところ「no problem!」だと。この国に来ている駐在員の皆様、尊敬します。

Related posts(関連記事):

ホイアンのランドマーク的存在の来遠橋(日本橋)
トゥボン川のミニクルーズを終えた後は、ホイアンのランドマーク的存在として知られる日本橋へと向かう。日本橋は16世紀末に造られた屋根付きの古ーい橋で、日越友好の架け橋ともされている。16世紀末といえば日本はまだ安土桃山時代、アジアはアジアは大航海時代の真っただ中か。中南米における爆発的な銀の生産、更に戦国時代を終えた日本の銀が市場に参入し、東南アジアの貿易量が急増した頃である。当時の東アジア貿易の基...
バイタクで赤ザオ族の住まう村落へ!
ホテルでアーリーチェックインを済ませた後は、休む暇も惜しんで街探索へと繰り出すことにした。 サパの町はこじんまりとしていて、30-40分もあればゆうに一周できてしまうほどの規模で、サパ市場を中心とした半径数百メートルの範囲にホテルやレストラン、ツアー会社などが密集している。首都ハノイからは376km離れた中国国境近くの標高1,600メートルの山岳地帯にあるこの小都市への訪問客のお目当ては市内観光で...
場末感溢れる田舎町・ビエンホア
前回からの続き。突如の思いつきでベトナム南北統一鉄道に乗り込み、サイゴンの次の停車駅・ビエンホアに辿り着いた。地図も事前情報も無い、文字通りの未知の世界だ。サイゴン都市部から列車で僅か40分、日本で言う横浜や浦和的な郊外都市をイメージしていたが、ところがどっこい、駅には戦乱直後のような混沌とした風景が広がる。どうやら辺境の地まで来てしまったようだ。 民家の様だが詰所か何かだろうか、...
ホイアン五大華人会館+明郷華先堂をコンプする(福建・中華・廣肇)
明郷・瓊府・潮州とホイアンの華人会館を順々に制し、コンプまで廣肇・中華・福建を残すのみとなった。いや、別に華人会館をコンプしたからといってホイアン観光庁に栄誉を称えられる訳でもなければ表彰される訳でもないんですがね…スタンプラリー的なことしてる訳でもないし。それでも全部回りたいと思ってしまう無駄な好奇心が抑えられないだけなんです。 途中で5枚綴りの総合チケットを補充し、全会館制覇に向...