ホーチミン中央郵便局 日本に小包を郵送してみた

今日は出張帰りにホーチミン中央郵便局へ直行。どうもこの郵便局はちょっとした観光地らしく、中をウロウロと歩いていると土産物屋が声をかけてきたりする。そもそも郵便局というくせに、敷地内の大部分を土産屋が陣取っている。


仏国当時時代に建造された欧州の駅舎を忍ばせるような大時計が目印の中央郵便局、朝は07:00から、夜は20:00まで開いていて大変便利です。


フランスを感じさせるガラスと鉄骨の半円アーチが特徴のコロニアル建築。正面の突き当りにはどでかいホーチミンおじさんの肖像画が掲げられています。ベトナム中どこに行っても彼の顔を見ることができる程の国民的アイドル。


入口左には土産屋が。


左側にも土産屋が!


って真ん中にも土産屋が!両翼と中心部に土産店を構え、郵便局のくせに本格的な土産ラインナップを誇ります。

ひだり みぎ
みぎ
ポストカードはもちろんのこと、手編み製品から骨董品、各種アジアングッズまで何でもござれ。値段もベンタイン市場の吹っ掛け価格よりは安くおススメ。

さて、今回は丁度ホーチミンおじさんの額縁真下にあるInternational Percels and items というところで出荷手続き。色々と書類を書かされ、中身についての質問責めを食らう。質問が終わったかと思うとせっかく丹精、真心込めてラッピングした母の日ギフトを開封される。さすがは社会主義国、私が丁寧に梱包したギフトボックスはハサミで無残な姿に葬り去られ、中身をチェックしてから所定の段ボール箱に移し替えられた。その後その箱にペタペタと色々な書類を貼り付け、別の支払カウンターに通される。


何も知らずに料金を払おうとするとぼったくられることが目に見えているので、事前に料金確認。すると…日本までの送料がモロッコやナイジェリア、ガーナ等のアフリカ大陸、ノルウェー、グアテマラやコロンビアといった辺境地への料金よりも高いではないか!!!どうやって算出したんだこの数字!!根拠もへったくれもないだろう!まあ結局VND 230,000(≒900円)と思ったよりの安値だったんですが。そして「大体いつころ着きますか?」と聞いたところ「no problem!」だと。この国に来ている駐在員の皆様、尊敬します。

Related posts(関連記事):

宿泊記 超イビス級クオリティ イビスサイゴンエアポート
この日はホーチミンでのトランジットでサイゴンタンソンニャット国際空港近くのイビスサイゴンエアポートホテルに宿泊。 いまでこそIHG系列のHoliday Inn and Suites Saigon Airportがオープンしてますが、当時はまともそうなエアポートホテルってイビスくらいのもんだったんですよね。正直、うっわー、今日の宿はバジェットホテルのイビスか…と全く期待せずにホテルへと向かいました...
ベトナムの預金金利
先程、夕食を食べに外出したのだが、道中で気になる看板を発見した。 これ。Viet Capital という銀行のベトナムドンでの金利が13%!!!!早速調べてみたところ、1年の定期預金の利率らしい。ありえん!!ありえん!!複利で計算した場合、今日預けいれた1000万が20年後に1億になる計算である。ベトナムの昨年のインフレ率が12%強なので、現地に住む方々からしたら年利13%でも左程のお得...
ハノイからラオカイ経由でサパ&バックハーへ
今年の端午節はハノイを経由してラオカイ、バックハー、サパなどベトナム北部への観光に出ると決めていたのだが、ここにきて南シナ海を巡って中越間の関係がきなくさくなってきた。ラオカイは中国は雲南省河口市と国境を接する要衝。中越間での領土帰属問題がある南シナ海の西沙諸島近海において中国海洋石油が大規模な石油掘削を発表したのを契機に中越対立が先鋭化、今なお両国の緊張関係が続いているとの報道が連日紙面を賑わし...
街歩き天国・ハノイ旧市街とドンスアン市場
ホアンキエム湖の北側に広がるハノイの旧市街には、生い茂る緑の中の入り組んだ小路に歴史を感じさせる二~三階建てのビルが建ち並んでいます。まさにアジアらしい混沌とした雰囲気の中にベトナムの人の生活の臭いが充満している濃い~エリアです。 旧市街、通称ハノイ36通りは『旧』というだけあって、今から約2000年前、中国の唐王朝の時代に辺境警備・周辺諸民族統治などの為の防衛都市・安南都護府と...