搭乗記 エジプト航空 B737-800 ビジネスクラス チュニス→カイロ

ラマダン期間中のチュニスを後にし、お次はエジプトの首都カイロへと向かいます。香港へ戻るのにイスタンブール経由のターキッシュエアラインズと迷ったんですが、世界三大ウザい国をコンプする為にカイロ経由にすることに…というわけではなく、カイロ発券のエジ航ビジネスクラスで帰るためのポジショニングでカイロへと移動します。


チュニスからカイロまでは意外と距離があって、3時間のフライト。天空神ホルス号ことエジプト航空便でぶっ飛びます。


海アリ、リゾートアリ、砂漠アリ、遺跡アリと見どころたっぷりのチュニジアともおさらば。チュニス・カルタゴ国際空港国際線ターミナルから旅立ちます。

ひだり みぎ

神聖すぎるエアポート!今にも大音量のアザーンが流れだしそうな雰囲気というか、逆にアザーン流れてないと違和感覚えるくらいw


束ねたジャスミンの蕾が売られているのは、ジャスミン革命に因んだもの?お湯に浸してジャスミン茶にするの?ポケットチーフみたいにチラッとポケットから覗かせるような身だしなみグッズ?宗教的なもの?よく分からんが、結構買ってる人がいたんですよね。

エジ航のCAさんに聞いたら、こういうことらしい。

ダンディーなチュニジア人が耳にかける粋な伝統品で、Machmoumっていうんだって。この用途は予想外!


一通り空港内を冷やかした後にエジ航チェックインカウンターへ向かうと、人口密度高すぎて、どこが順番待ちの最後尾か分からないカオスな状態でした。ビジネスクラス専用カウンターも機能してないし、なんだかチュニジア出国前からエジエジしてきましたよー。

ラウンジ


イミグレでの出国手続きを済ませ、エジ航指定のEspace Loungeへ。

ひだり みぎ
アラビアン富豪の大邸宅風。観葉植物まで置かれて良い感じです。

ひだり みぎ
洒落たバーカウンターがあるけれど、バックバーに並ぶのはソフトドリンクのみw

ひだり みぎ
食べ物もコールドミールとペストリーくらいっすね。ラマダン期間中だから?

フライト


食べ物無しお酒無しで、ラウンジに留まるべき理由を見出せなかったので、とっとと撤退して一番乗りでホルス号へと乗り込みます。

ひだり みぎ
ヘッドレストカバーが無かったりズレてたりするあたりが流石のエジクオリティ。


ひだり みぎ
グッバイ、チュニジア。開放感たっぷりのチュニスから、密集感たっぷりのカイロへgo!

ひだり みぎ
ひだり みぎ
このフライト、唯一の楽しみだったのが機内食。ラマダン期間中の日中フライトということで機内食が簡素的なものになるのではと心配していましたが、割としっかりしたプレートが運ばれてきて一安心。
柑橘系フルーツの果汁がかかったシーフードサラダは、エジプトらしからぬ爽やかさで美味かったです。エジプト航空に限って言えば、本拠地エジプト発便より、他都市発のケータリングの方が美味しいのかもw


メインはカートでの配給で、ラムorシーフードの二択。アッラーの影響力は上空10,000メートル地点までは及ばないのか、皆さん普通にガッツリ食べてましたね。


メインのシーフード&カレーリゾット。ネチョ硬い米はイケてなかったけど、エジプト版エビチリみたいなのは見た目のグロさに反して美味しかった。


しかし…エジ航さん意外とイケるやん!と評価したのも束の間、最後に口にしたキモ甘チョコレートカップケーキが全てを台無しにしてくれました。口にした瞬間に歯が全部溶けるんじゃね?くらいの甘さでガツンと来て、粘度が高くなかなか喉元を過ぎていかないという拷問ぶり。ほんと、この破壊力ある甘さは衝撃的だった。エジ航フライヤーの皆様、要注意ですよ。


キモ甘チョコソースに侵された口内をゆすぐべく頼んだ水は、溢れんばかりにやってきた。というか溢れてた。思いっきり水こぼしながらも、こぼしてるの気付かずスマイル全開でグラスを渡してくるCAのエジ男さん、溢れ出るホスピタリティをありがとう。



機内食を食べ終え、乾ききったリビアからエジプト領空に入ると、急に緑が広がってきました。Planet Crafterのゲーム内でもこんなにキレイにテラフォーミングできませんよ。


そしてナイル川を越えると、今度は一面砂色一色の家屋密集地が続く。

ひだり みぎ

圧倒的密度。これぞ肥沃な大地で人口爆発を続けるエジプト!といった迫力満点の光景で、いよいよエジプトにやってきたという実感が湧いてきます。


いやー、なんだかんだ思い出を残せたエジフライト。ありがとう!

Related posts(関連記事):

キャセイ怒涛の6連続インボラ祭り
さて、今回はキャセイのマルコポーロスラブの話。去る8月、金丸子となったことで、クラブの掟通りセクターとマイル実績がまたもゼロへとリセットされた。JALやANAあたりでは一年間の修行で最上級ティアまで上り詰められることを考えると、余りに無情、非条理とすら思える厳しくサディステイックなマルコポーロクラブの掟…きっとクラブへの忠誠心やM心を試されているに違いない…そう自分を励まし、ダイヤモンド到達の条件...
エミレーツファーストクラスラウンジ ドバイ国際空港コンコースA・B
ドバイとアブダビでの観光を終え、エミレーツ航空でトルコのイスタンブールへと移動します。 先ずは搭乗前の儀式としてラウンジへ。前評判の高いドバイのエミレーツ航空ファーストクラスラウンジに乗り込んでいきます。 無情にも復路のテヘラン⇒ドバイ・ドバイ⇒香港の両フライトはビジネスクラスへの強制ダウングレードの刑で逝ってしまったので、今回の旅行でFラウンジに入れるのは往路のみ。ホテルでの朝食は...
名古屋⇒成田 JL3084 セントレアエアラインラウンジ
バンコクからのJL738で名古屋に飛び、続いて14:50名古屋発の成田行きJAL3084で東京へと帰還する。やたらと長い名古屋でのトランジット時間も、NGO-BKKのダブルFOPの為だと思えば苦にもならん。なんたって名古屋-バンコクの一往復で20,000FOP越えですから。 久しぶりのNGOでは上半身裸のクリロナによるお出迎えがw。 中部国際空港セントレアは4階建てのビルになっている。...
JL87 羽田ー広州 B767-300 SS6 スカイスイート ビジネスクラス 搭乗記
2016年も残りあと半月。今思い返してみても今年はようけJALに乗ったなー。 特に多く搭乗したのは上海便と、今回搭乗記を書く羽田-広州便。以前まではスカイリクライナーのボロ機材だったのが、今年からスカイスイートを積んだ新仕様B767に変更となっている。羽田-香港もライフラットのB787から最新型スカイスイートのB777-200に見直されたし、今年は華南地区方面への移動が随分と楽になった。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。