リスボンから日帰りでシントラとロカ岬へ4 港町ベレンの発見のモニュメント

ロカ岬で大航海時代の英雄たちへの想いを馳せたあと、更なる大航海ロマンを求めて港町ベレンへと向かいます。

往路はシントラを経由してロカ岬へと向かいましたが、帰路はカスカイユ経由で。

カスカイスもポルトガルでは有名なビーチリゾートで、カジノなんかもあったりするらしいんですよね。リゾートタイプでめちゃめちゃ良さげなインターコンチネンタルもあったんで、カスカイスで一泊しようかめっちゃ迷った。でも、翌日のフライトでモロッコに行くことを考えたらやっぱりリスボンに宿を取った方が良いと思い、カスカイスのインターコンチネンタルは泣く泣くスルー。


インターコンチネンタルに後ろ髪を引かれる思いでカスカイスを後にします。


30分後、ベレンの列車駅にて下車。進行方向とは逆側に少し歩くと、テージョ川の畔にベレンのシンボルの一つである“発見のモニュメント”が見えてきました。


外洋航海に適したヨーロッパ最西端という地の利を存分に生かして大航海時代という新たな時代を切り開き、栄耀栄華の黄金時代を築いたかつての海洋帝国ポルトガル。喜望峰やインド航路の発見、ブラジルへの到達、世界初の世界一周といった前人未到の歴史的偉業の数々を成し遂げポルトガルの黄金期を築いた豪華メンバーがモニュメントに刻み込まれてます。



高さ52mの巨大モニュメントの先端にエンリケ航海王子が、その背後にポルトガルが誇る32人の偉人像が密に並ぶという威容っぷり。まさにポルトガルロマンの象徴的モニュメントです。

そんな超豪華オールスター軍団のメンツを見ていきましょう。

先頭:エンリケ航海王子
モニュメントの東側:
アフォンソ5世 – 大航海時代の王
ヴァスコ・ダ・ガマ – インド航路発見者
アフォンソ・バルダイア – 騎士
ペドロ・アルヴァレス・カブラル – ブラジル発見者
フェルナン・デ・マガリャンエス(フェルディナンド・マゼラン) – 初の世界一周成功者
ニコラウ・コエーリョ – 航海士
ガスバール・コルテ・レアル – 航海士
マルティン・アフォンソ・デ・ソーザ – 航海士
ジョアン・バーロス – 歴史家
エステバ・デ・ガマ – 大航海時代の船長
バルトロメウ・ディアス – 喜望峰を初めてまわりインド洋へ到達した人物
ディオゴ・カオン – コンゴ川に到達した最初の人物
アントニオ・デ・アブレウ – モルッカ諸島に到達した最初の人物
アフォンソ・デ・アルブケルケ – ポルトガル領インド第2代総督(副王)
フランシスコ・ザビエル – 日本へ1549年にキリスト教を伝道した宣教師
クリストバウン・ダ・ガマ – 航海士・騎士

モニュメントの西側:
フェルナンド聖王子- ジョアン1世の王子、エンリケ航海王子の弟
ジョアン・ゴン・サルベス – 騎士
ジル・イアネス – 航海士
ペロ・デ・アレンケーレ – 航海士
ペドロ・ヌネス – 15世紀の数学者
ペロ・デ・エスコバール – 航海士
ジャコメ・デ・マイオルカ – 天文学者
ペロ・ダ・ゴビリャン – 15世紀の冒険家、陸路でインド到達。
ゴメス・イアネス・デ・ズラーラ – 作家
ヌノ・ゴンサルヴェス – 15世紀の画家
ルイス・デ・カモンイス – ルネサンス期の詩人。
フエレイ・エンリケ・カルバーリョ – 神学者
フェルナン・ゴンサロ・デ・カルバーリョ – 神学者
ドナ・フィリパ・デ・レンカストレ – ジョアン1世の王妃、エンリケ航海王子らの母
ペドロ・デ・コインブラ – ジョアン1世の王子、エンリケ航海王子の兄
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/発見のモニュメント

ひだり みぎ
そう、錚々たる面々の中に、ちゃっかり我らがザビエルさんの姿も。
しかも日本ではハゲの代名詞的ネタキャラなのに、ここでは偉人として美化されているのか髪フサフサの超イケメン。ブサ面で親近感抱いてたのに、これもう受け入れがたいくらいに全くの別人ですw


そんな勇猛果敢なる開拓者たちの活躍の軌跡がモニュメント前の広場の床に可視化されてます。


ジャポンは1541年。ん、あれ、「以後予算(1543)が苦しい鉄砲伝来」じゃないの?どうやら、種子島にポルトガル商人が上陸した1543年の2年前に、ポルトガル人のどなたか様が豊後に漂着してたそうです。ポルトガルがそういうんだから間違いない!

1480年:西アフリカのマリ
1488年:喜望峰(アフリカ大陸南端)
1498年:インド
1500年:ブラジル
1509年:マラッカ
1514年:広東
1541年:日本

順調に世界のマップを埋めてってるのがイケイケガンガン感あって良いですよね。ブラジルだけは、インドを目指してたカブラルおじさんがたまたま漂着しちゃったみたいですが。それで中南米でブラジルだけがポルトガル圏になっちゃったわけですから、歴史って分からないものです。

【発見のモニュメント】

Related posts(関連記事):

エッグタルト美味すぎ リスボン空港のTAPポルトガル航空本丸ラウンジへ
おはようございます。4泊したポルトガルを離れ、次なる目的地であるモロッコへと移動します。 最高にポルトガルを満喫できた4日間だったのですが、髭がなんだか急速に濃くなった気がするのは気のせいでしょうか。食べ物による作用?日光による作用?ポルトガル育毛ブーム、来るんじゃないかコレ。と思ったけどザビエルのイメージがあるんで流行らなそうですね。 そういやポルトガルに来てから髭の成長速度がやたら...
リスボンから日帰りでシントラとロカ岬へ3 地の果てで大航海時代に思いを馳せる
シントラ王宮の見学を終え、いよいよ巨大なユーラシア大陸の西の果てにあるロカ岬へと移動します。 別に陸路で巨大なユーラシア大陸を横断してきた訳ではないけれど、極東から無駄に何度も何度も飛行機を何度も乗り継いできただけあって、西の最果てに到達したという感激もひとしお。こうして地図を改めて見てみると、確かに遠くまできたもんだなぁと。 王宮前のワインバーで飲んだ20年物のトウニーポート...
クレリゴス教会の鐘楼からノスタルジックなポルトの町を一望する
情緒あふれる街並みが“ポルト歴史地区”としてまるごと世界遺産に登録されているポルト。お次は、その世界遺産の街並みを一望できる鐘楼に上ってきます。 その鐘楼があるのは、ポルトの歴史地区の中でもアイコン的存在のクレリゴス教会。ずっとグレゴリウス教会だと思ってたんですが、訪問から1年経って今ごろになって、クレリゴス教会であることに気づきました。 坂の上にどっしりと佇むバロック様式のクレゴリス...
リスボンから日帰りでシントラとロカ岬へ1 ダンジョン感たっぷりのレガレイラ宮殿
リスボン2日目。いよいよユーラシア大陸の西の最果て・ロカ岬へと向かいます。 リスボンからロカ岬への移動経路は、シントラ経由とカスカイス経由の2パターン。 リスボン⇒シントラ:列車で40分、シントラ⇒ロカ岬:バスで40分 リスボン⇒カスカイス:列車で35分、カスカイス⇒ロカ岬:バスで25分 ロカ岬だけを目的として行くならカスカイス経由の方が移動時間が短くて良さそうだけど、シントラ...