リスボンから日帰りでシントラとロカ岬へ2 シントラ王宮

ダンジョン感たっぷりだったレガレイラ宮殿での冒険を終え、お次は山の向こうに見える王宮を目指して山道を歩いていきます。


でもあれ、本当に王宮で間違いないかな?なんか老朽化した地方のアパート感あるけど…。レガレイラ宮殿から一緒に歩いたイギリス人夫妻なんかは、王宮はショボそうなのでスルーしてムーアの城壁までハイキングを楽しむと言っていたくらいだし。そう、王宮なのにどうもパットしないというか、シントラの観光スポットの中でも人気の序列でいうと再開なんですよね。
ペーナ宮殿≧ムーアの城壁>レガレイラ宮殿>王宮といった感じの扱いになっていて、シントラを訪れる旅人には軽視されがちというか。王宮なのに。


山道の途中でイギリス人夫妻と分かれて直ぐに視界が開け、広場の正面に真っ白な外壁と2本の円錐型の塔が特徴的な王宮が見えてきた。アパートとまでは言わないにせよ、ヨーロッパの宮殿にしては、確かに意外と地味というか質素な外観でした。

では、王宮王宮と言ってるけど、一体どの王朝時代に建てられたものなのか。
その歴史は古く、元々はイベリア半島を支配していたイスラム勢力のムーア人支配者が住居として建てたものらしい。それを12世紀にポルトガル王アフォンソ1世がイスラム勢力を駆逐した際に収用。13世紀にはディニス王が居城として整備、その後ジョアン1世やマヌエル1世が増改築を繰り返していったという歴史があるんですと。

歴代の王族がそれぞれの趣向に応じてアレンジを繰り返してきたため、イスラムのムーア様式をベースにゴシック、ルネッサンス、マヌエルといった様々な建築様式がごっちゃになった特徴ある建物になったのだと。

入場料は10ユーロ。早速中に入ってみましょう。部屋ごとにそれぞれ独自の世界観が表現されているみたいですよ。

白鳥の間:
ひだり みぎ
先ずはポルトガル王国アヴィス王朝の創始者であり、“大王”ことジョアン一世(在位:1385年 – 1433年)の時代に作られたという白鳥の間。宮廷舞踏会場として使用された大広間で、天井には首に王冠を付けた27羽の白鳥が描かれています。なぜに白鳥?それにはきっとジョアン一世なりの深い訳があったのでしょう。

あと、どうでも良いですが、ヨーロッパ特有の〇〇王という二つ名はポルトガル国王にもあったんですね。
ジョゼ1世=改革王、アフォンソ4世=勇敢王、ルイス1世=民衆王とか、王の成し遂げた偉業に相応しい威厳たっぷりの愛称が並ぶ中…

アフォンソ2世=肥満王。

肥満とか、身体的特徴やんけw まぁ世の中には禿頭王と呼ばれるやつもいるくらいだから。涙拭けよアフォンソ2世。

カササギの間:

ひだり みぎ
話が逸れてしまいましたが、続いても大王時代に作られた大部屋。壁にイスラム風のタイル装飾を施されたこの部屋はカササギの間という名前で、当然、天井にはカササギが元気よく舞っています。

カササギって縁起が良い鳥ですからね。
え?違う?

鵲のくちばしにはpot bem(善意で、という意味)と書かれた紅バラがくわえられている。これには逸話があり、ある時、ジョアン1世は女官にキスしているところを王妃フィリパ・デ・レンカストレに見つけられた。王は『善意でキスしたのだ。』と弁解し、フィリパは何も言わなかったが、噂が女官たちの間で広まってしまった。王は、「おしゃべり」という意味のある鳥である鵲を部屋の装飾に用い、かつまたフィリパの実家ランカスター家の紋章である紅バラを描かせた。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/シントラ宮殿
ちょっと意味が分かりませんが、深い訳がありましたね。クリントンもこれくらい突拍子もない謎の打ち手を講じてくれれば良かったのに。

紋章の間:

ひだり みぎ
王宮の最上部にあるひときわ派手に彩られたこちらの部屋は、“幸運王”ことマヌエル一世(在位:1495年 – 1521年)の統治時代(1495年から1521年まで)に作られた紋章の間。ドーム天井にはポルトガル王侯貴族の紋章が描かれています。

ひだり みぎ
壁にも狩猟の光景を描いたアズレージョでびっしりと装飾されていて、ポルトガルならではの芸術が詰まった空間となっています。


ポルトガル王室が誇る偉大なる国王たちにより作られた華やかな広間の数々!…だけではないんですよね。当然、中には官位にそぐわぬダメダメな性格や能力の王様もいたわけで。その最たる人がアフォンソ6世。

いや、ね。実際お会いしたわけではないんですがね。現代に残された資料などによると、どうも情緒不安定で粗暴な人間で、ヌムール公女だった妻からは「この無能で不能なヤツ」とこき下ろされた挙句、実の弟により実権を奪われて島流しに遭ってしまうという。で、ようやく本土に戻れたと思ったら妻は実弟と結婚して子供産んでるし、結局は狭い部屋の中での幽閉生活が待ってるしわという。

で、この部屋こそがアフォンソ6世が50にして亡くなるまで軟禁されていたという座敷牢。冷の中でぐるぐると歩き回っていたのであろう、絨毯が擦り切れていたりするのが生々しかった…

涙拭けよ、アフォンソ6世!なんてネタにもできないくらの悲劇的な人生ですね。無能で不能は男として同情しますよ。合掌。

【シントラ王宮】

所在地:Largo Rainha Dona Amelia, 2710-616 Sintra.
電話:+351 21 923 7300

Related posts(関連記事):

リスボンから日帰りでシントラとロカ岬へ1 ダンジョン感たっぷりのレガレイラ宮殿
リスボン2日目。いよいよユーラシア大陸の西の最果て・ロカ岬へと向かいます。 リスボンからロカ岬への移動経路は、シントラ経由とカスカイス経由の2パターン。 リスボン⇒シントラ:列車で40分、シントラ⇒ロカ岬:バスで40分 リスボン⇒カスカイス:列車で35分、カスカイス⇒ロカ岬:バスで25分 ロカ岬だけを目的として行くならカスカイス経由の方が移動時間が短くて良さそうだけど、シントラ...
ポルト街歩きと土産屋巡り リベルダーデ広場 サンタ・カタリーナ通り
ドウロ川北岸一帯の歴史地区が丸ごと世界遺産に登録されているポルトの町。 どこから歩き始めて良いのか分からないので、とりあえず町の中心に位置するリベルダーデ広場から見ていこうと思います。 鉢状に広がるポルトの町の中心がまさにこのリベルダーデ広場。南端のインターコンチネンタルホテルから北端の市庁舎まで直線で続く250m程の広場の両脇には、ポルトの過去の栄華を感じさせてくれる重厚な造りの建物...
宿泊記 インターコンチネンタル ポルト デュープレックススイート
フライトの遅延によりポルト1泊目は空港近くのエアポートホテルに宿泊先を変更せざるを得なくなってしまうなど、散々な出だしとなった2019年ゴールデンウイーク。 2泊目は当初から予約していたインターコンチネンタル ポルト パラシオ ダス カルドサス(InterContinental Porto - Palacio das Cardosas)へと引っ越すべく朝のうちからポルト市内へと移動します。 ...
ポルトガル第二期黄金時代の超大作 サン・フランシスコ教会
老舗ワイナリーでのワインテイスティングでご機嫌気分になった勢いで、ポルト観光の目玉の一つであるポルサ宮を見にいくことに。 ドウロ川を指し示すポルトの英雄・エンリケ航海王子の像、その背後に見えるのがポルサ宮。 夏季は18:30までと聞いてたので18時前に訪問したところ、残念ながら英語でのツアーは17:15が最終だったという。また、個人での見学は受け付けていないとのことで打ちひしが...