搭乗記 イランのマーハーン航空でエレバンからテヘランへ A310エコノミー

さて、いよいよ今回の旅行の最終目的地となるイランのテヘランへと移動します。


エレバンからテヘランへの飛行距離は493マイル。日本で言うと東京-萩くらいの距離なんで夜行バスでの国境越えもありかなーと思ったのですが、エレバン→テヘランをバスで移動しようとすると丸1日かかるらしいので却下。

ちょうどマーハーン航空W5(W5)なるイランの民間航空会社がエレバン→テヘランの直行便を飛ばしていたので、怪しいなー大丈夫かなーと怪訝に思いつつもW5を利用することに。

発券

大株主がイランの政治家が設立した非営利財団とか怪しさ満点なんだけど、マーハーン航空の公式ウェブサイトで発券を試みる。

すると、イランへの経済制裁が全面再開されるってトランプが公式発表したことが影響したのか、運賃が急に高騰したんすよね。いきなり料金が元々の4倍以上、テヘランまで1時間のフライトが込々でIRR38,538,000(≒JPY95,350円)に。
いやいやいや。0が多すぎて感覚が麻痺ってくるけど、1時間半のフライトなのにTax and SurchargeでIRR27,306,000(≒JPY67,350)っておかしくね?と思って他のルートも調べたけど、どこも軒並み高くなってた。
予約状況に変化無さそうなのに、需要と供給を無視していきなり航空券が価格が4倍以上に跳ね上がるとかw ビジネスクラスなんてIRR100,000,000超でしたからね。夢の大台1億越え航空券w もしかしてハイパーインフレでも起こってIRRの価値が暴落したとか?w


ちょっと待ってくれよーと焦って他所で検索したら、NusaTripという予約サイトだけまだ込々21,885円でオファー出してたので、すかさず発券。

公式サイトの価格とこれだけ差があるチケット買っちゃって、チェックインの時に揉めたらどうしよう…と心配しましたが、結果を先に申し上げると、全く問題なく搭乗できました。


因みに、これまた経済制裁の影響か今はエレバン→テヘラン区間のフライトが予約できなくなっていて料金が調べられないのですが、今はテヘラン-深センの8時間のフライトでもTax and SurchargeはIRR1,935,000(≒4,800円)。やっぱり経済制裁による影響で一時的にサーチャージが吊り上げられてたんですかね。

出発前からやってくれますぜイランさん。

エレバン市内から空港へ

出発日当日。エレバンの市内からズヴァルトノッツ国際空港へはバスにて移動したのですが、このバス会社のウェブサイトが秀逸でしてw


スキルレベルが低いお陰か運賃も抑えられていて、空港まで運賃僅か60円。 「ここまでスキルレベルのパラメーターが上がったら昇給!」という言葉を信じて21年勤めあげてきた可能性とか考えると切なくなってきますw

ひだり みぎ
空港は比較的市内から近く、20分ほどで着きました。一国の首都の国際空港としては悲しくなるくらいの小さな空港で、ロシアやウクライナ、ポーランドといった旧ソ連圏の国々行きの近距離フライトがメインとなっているようです。

チェックイン



公式サイトより遥かに安い金額で発券してたので心配してましたが、無事にチェックイン完了。無駄を極限まで省いたシンプルな搭乗券が発券されてきました。NusaTripグッジョブ!

搭乗


機体はルフトハンザのお下がり。機歳25-30年クラスのA310が未だ主力機として現役バリバリに活躍中です。アメリカからの経済制裁でボーイングやエアバスから機材を購入できないので、第三国から流れてくる古い中古機材の老体にムチ打ちながらやりくりせざるを得ないらしいっす。自国技術で開発出来ない製品や自国で賄えない物資を制限されると苦しいっすね。予算を軍事費用に全振りして戦闘機の開発はバリバリやってるのですが。

そんなご老体機材にいざ搭乗。
客層は、ビジネスマン風のアルメニア人男性メイン。イランの首都行きのフライトですが、一目見てイラン人と分かるような風貌の乗客は少なかったです。
ひだり みぎ

シート周りはくっそ狭く、当然のようにパーソナルエンタメシステムは無し。その代わり、前方のモニターにサッカー男子イラン代表が躍動する姿が延々と映し出されてて楽しむことができました。


他の座席のピッチを犠牲にして、非常口座席だけはめっちゃくちゃ足元のスペースが広かったです。ヨガマット敷いてエクササイズできちゃうレベル。

機内食

出発は定刻通り。非常に聞き取りやすい英語を話す機長のアナウンスが入り、そのあと直ぐにドリンクと機内食のサービスが始まりました。


テヘランまで一時間半のフライトですが、バリバリのフルサービス。フォークやナイフが無くて、「え、これ手で食うの!?」と思って焦りましたが、単にプレートにカトラリーを載せ忘れただけだったようですw
味的には野菜と豆を煮込んだマイルドなカレーっぽい感じで普通に美味しかったですし、ボリュームも十分。牛と鶏のダブルコンボ飯とか、どんだけ豪勢なんですかマーハーン航空さん!


テヘランまであっという間の空の旅。旧ソ連時代の名残か着陸時には拍手喝采。そして女性陣は一斉にベールを被り始めます…

ということで遂にやってきたイラン。オンアライバルビザが問題無く取れますようにと祈りながらタラップを下ります。

Related posts(関連記事):

宿泊記 国を代表する名門ホテルが1泊1万円 アルメニア マリオットホテル エレバン
急遽泊まることになったHoliday Inn Expressも良かったけど、エレバン2日目からは元々予約をしていたマリオット(Armenia Marriott Hotel Yerevan)へと移動することに。 レートは11,000円ちょい~と、カテゴリー4のマリオットにしてはお手軽。 旧ソ連時代の1958年に国営アルメニアホテルとして開業した歴史あるマリオットホテル。町の中心となる...
広州ーホーチミンー広州 中国南方航空A321ビジネスクラス搭乗記
さぁやってきました。中国南方航空のゴールドステータスを目指してCZで飛ぶ誰得な週末旅行シリーズ。この週末はホーチミンの往復がビジネスクラスで3,000元(50,000円)ちょいと安かったので、訳もなくホーチミンへのぶらり週末旅行を観光することに。まぁ南方航空修行というより、オッサンの週末暇潰し旅行みたいなもんだな。 ということで、手荷物は着替一日分と書籍1冊だけという身軽な格好で広州空港へ。...
毎度毎度のベトナム航空A321 ホーチミン⇒香港 VN594
ダナンからベトナム航空国際線でホーチミンに飛び、いよいよ香港へと戻る時間がやってきた。今回乗るVN594の機材も毎度毎度のA321。この路線のビジネスクラスでは日本人の姿も多く見かけるので、知り合いと鉢合わせなんて可能性も否めない。しかしこの日の私はTシャツ、短パン、サンダルという南国仕様三種の神器セットを身に纏い、連日の観光で肌も別人のように焼けている。きっと知り合いに見られても気付かれずに済む...
上海虹橋ー広州 南方航空777-300ER ビジネスクラス 搭乗記2
さーて、この日もいつもの上海虹橋から広州への移動。この路線は春秋航空・中国東方航空・上海航空・海南航空・中国国際航空・吉祥航空も飛ばす基幹路線だけど、我が選択は毎度毎度の中国南方航空。そろそろ南方航空ネタも飽きられる頃だとは思うが、南方航空ゴールド(スターアライアンスエリートプラス)取得まで暫しお付き合い頂ければ。 車で空港にアプローチしている最中、中国南方航空人民日報特別塗装機がテイク...