シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます(?)


うっす!

新年一発目のエントリーで更新遅れの謝罪をすることが毎年恒例の季節の風物詩となっている気がして申し訳ないのですが…毎度毎度ブログを放置してしまい、すんまそん!2か月半ぶりくらいにブログ管理画面にログインしました。

決して多忙を極めていたが為にブログの更新が疎かになっていたというわけではなく…寧ろ休みを取る絶好のタイミングが続いてまして。日本の年末年始と中国旧正月に有給をくっつけて、それぞれヨーロッパに遠征してました。勤続10年超、窓際族の暇人おじさんなんで有給休暇は取りやすいですねw


年末年始はセルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→コソボ→北マケドニアとバルカン半島の旧ユーゴ圏巡り。


旧正月はイタリア→マルタ→キプロス→ギリシャと周る地中海海の幸食い倒れ旅行+デザートのブルガリアヨーグルト。

帰りのサウディア便がキャンセルになりかけてバタバタしましたが、今は無事にアジアに帰ってきてゆるーくやってます。

では今年はどういった1年になりますでしょうか。
早や2月半ばとはいえ新年一発目のエントリーなので、今更感たっぷりですが今年の当方の行動指針的なものを掲げておこうかなと思います。

ホテル:
マリオットアンバサダー→チタンに降格
IHGスパイア防衛予定
有料ドーピングでアコーゴールド

外泊機会は月10晩前後見込み。優先順位はマリオット>IHG>>>>>>アコー

ヒコーキ:
JALダイヤ→平ダイヤモンドに降格
2月31日まで南方航空ゴールド
12月末までターキッシュゴールド(裏口入学)

JAL以外はアライアンスに縛られず乗りたいキャリアをつまみ食い

旅行:
年末年始あたりに中欧・東欧?

30代のうちにマリオットのライフタイムプラチナとJALのミリオンマイラーに解脱するという中期目標を一昨年から掲げているので、今年も引き続きマリオットとJALが社畜生活の中心になるかと思います。


ホテル:
1月31日をもってマリオットのアンバサダーステータスが失効するはずなのですが、本日2月13日時点では前髪を1:9分けでビシッとキメたアンバサダーエリートおじさんの元気な姿が確認できますw まぁだからといってアンバサダー担当者様にYour24お願いします!とかお願いするのは厚かましすぎてできませんけどねw

昨年のマリオット宿泊実績は81泊で、アプリが修正されればチタンに陥落予定。
ボンヴォイになってからプロモーションがショボすぎるのが痛いところですが、今年もマリオットには50泊以上を振り分ける予定。あと4年で得られるであろうライフタイムプラチナのステータスがマリオット宿泊の良い動機付けになってます。

IHGは5,000ポイント付きプランを駆使して15泊程度でサクッとスパイア防衛予定。去年はロイヤルアンバサダーへのファストトラックオファーなんかも頂きましたが、今年以降もロイヤルアンバは目指さない方針で。インターコンチネンタル然りキンプトン然り、ホテル数が少ないんでステータスが取れたとしても個人的には使い勝手悪すぎるんですよね。

フライト:
今年は悲しいかな国内出張や国内旅行が殆どなくなるので、JALメタルからは脱落待ったなし。幸いにして国際線は毎月利用予定なので、平のダイヤモンドは死守できるのかなーというレベルっすかね。最後FOPが足りなかったらULで帳尻合わせの独りモルディブにでも行ってきますw

ステータス的には南方ゴールドとターキッシュゴールドが生きてますが、今年はJALの就航区間以外ではアライアンスに縛られず、その時その時で乗りたいキャリアを利用するスタンスになりそうです。A3*Gも目指しませんw

旅行:
暫くまとまった休みが取れそうにないので発券できていませんが、ルーマニア→モルドバ→ウクライナ→ベラルーシ→リトアニア→ラトビア→エストニアと凍てつく真冬の東欧を凍えながら駆け抜けたいっすね。最後にサウナで解凍してもらってからフィンエアーでアジアへ帰巣が理想。

その他:
あとは、資産運用ネタも需要があればちょいちょい入れていくかいかないか。HSBCジェイドへの解脱も30代のうちに済ませておきたいので、もう少し真面目に老後に備えて香港での資産運用に充てる時間を増やそうと思ってます。でも、資産運用の状況をブログで共有するのは流石に生々しすぎますでしょうか…

資産運用ネタをぶっこんでいくかは未定ですが、全体的には中華圏のホテルやフライトネタが多めになるかと思います。今年もゆるーくやっていきますので、宜しくお願い致します。

Related posts (関連記事):

中山の目抜き通り孫文西路~中山中路
今日は中山市のメインストリートの一つ、孫文西路のご紹介。 この孫文西路は隋唐時代から800年の歴史を持つと言われる歴史的な街路です。1997年からは政府主導で大々的な修復が行われ、現在は距離52...
銃を持つ民主主義
『銃を持つ民主主義』 共同通信社のワシントン支局長などを歴任され、現役引退後も精力的にフリーランスのジャーナリスト活動を続けられている松尾文夫氏の代表著書の一つである。松尾氏は1945年、疎開先...
チャイナタウンのど真ん中に建つヒンドゥー寺院 スリ・マリアマン寺院
続いて、アモイストリートフードセンターの脇から階段を上ってアンシャン・ヒルを越え、チャイナタウンへと向かう。 小さな丘を越えて丘の向こう側のアンシャン・ロードに入ると、小洒落たバーやカフェ...
クラブフロア宿泊記 ジュメイラエミレーツタワーズホテル ドバイ
ドバイでの宿は、ドバイベースのジュメイラグループが誇る主要ホテルの一つ・ジュメイラエミレーツタワーホテル(Jumeirah Emirates Towers)。 ジュメイラグループはドバイを本拠地...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする