シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宿泊記 リッツカールトン アブダビ グランドカナル


アブダビでのお宿は、アブダビの象徴シェイク・ザイード・グランドモスクの対面に建つリッツカールトン アブダビ グランドカナル(Ritz Carlton Abu Dhabi Grand Canal)。
立地的にはアブダビの中心地からは離れていますが、ドバイ寄りにあるので逆に車でドバイに向かうには便利。次の日の早朝にドバイ国際空港へと向かうことを考えて、こちらのホテルに泊まることにしました。


アブダビの代名詞的存在のシェイクザイードモスクとは目と鼻の先の距離。ドバイ国際空港までは飛ばして飛ばして1時間15分でした。

広大な敷地

…ということで、リッツカールトンの敷地内に侵入します。

国を代表するモスクの正面にあるからか、ホテルのエントランスゲートもどことなくイスラム建築風。ゲートの守衛室前で狛犬のような顔した怖そうな門番が睨みをきかせて仁王立ちしてましたが、ホテルに泊まることを告げると、一瞬で鬼のような表情からくっしゃくしゃの笑顔にw なにこの顔芸w この一瞬の表情の変化がサイコパス的でちょっと怖かったw


ひだり みぎ
全532室、220,000㎡の敷地面積を誇る巨大ホテル。大通りに面したエントランスから600-700mほど歩き、ようやくホテルの本館が見えてきました。暗くて良く味わえませんでしたが、ベネチアンスタイルのリゾートホテルとしてデザインされているようです。ベネチアンな感じかどうかは分かりませんが、荒涼とした周辺環境の中でリッツの敷地内だけ緑と水が豊富で、砂漠のオアシス的ではありました。


上空から見るとこんな感じで、砂漠に切り拓いたオアシスリゾート感が凄い。正面にグランドモスク、背後には運河と風水的には結構良さげな立地。

ちな、日中はこんな感じらしい。しっとりとムーディーな夜と違って爽やかな南欧風の雰囲気で、プライベートビーチまで設けられちゃってます。ビーチって言ってもカナル(運河)のビーチなんで、すぐ300m先には対岸があるのでハイ訪韓はないですが。
ひだり みぎ
参照:https://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/uae/abu-dhabi
でも、そういうことっすね。カナル繋がりでベネチアンスタイルにしたんすね。なぜ唐突にベネチア!?と不思議に思ってたんですが、やっと繋がりました。


ホテルの本館からエントランス側を眺めるとこんな感じ。グランドモスクが夜闇に妖し気な蒼い光を放っていて、非常にアラビア~ンで幻想的な雰囲気です。

本館・ロビー

ホテル本館の中の雰囲気も、優雅で実に素晴らしい。スタッフも皆様もディズニーランドのキャストばりにフレンドリーで気の利く美男美女ばかりです。

ひだり みぎ

蝋燭の火が揺らめき、絶叫系ソプラノ歌手が情熱的な歌声を響かせる最高のムードの中でチェックイン。


部屋は、ヴィラ型のガーデンスイートにアップグレード頂けたようです。リッツアブダビにはこのガーデンスイートの他、ジュニアスート、ベネチアンビレッジスイート、エグゼクティブスイート、ベネチアンスーペリアスイート、クラブエグゼクティブスイート、ガーデンハウススイート、プランジプールプールヴィラなどなど、多様なタイプのスイートルームが用意されています。独りで泊まるにはヴィラタイプよりモスクビューのエグゼクティブスイートの方が適してそうな気もしますが、果たして…

部屋:ガーデンスイート

チェックアウトの手続きを終え、事前に本館の直ぐ外に手配されていたバギーに乗ってガタガタ道を部屋へと移動。

こちらは朝一で撮った画像ですが、ガーデン付きのヴィラでした。ボッチ泊には勿体ないことこの上なし…

ひだり みぎ
ヴィラの中も高級感があります。調度品の数々に幾何学模様がさりげなーくあしらわれてるあたり、あぁ、アラブ世界のリッツだなぁ、と。


バスローブも首長が使っててもおかしくないクオリティのもの。暑い国なので、モフモフ系よりスベスベツルツルの肌触りの生地の方が良いっすよね。


ひだり みぎ
バスルームもゴールドを基調にしたお上品なアラビアンテイスト。ミラーの淵やランプ、大理石の床の模様がアラブな感じでイケてます。


Asprayのパッケージの柄まで意味深な幾何学模様に見えてきた。


ひだり みぎ
リビングもアラブ人富豪家屋風で、足元ではペルシャ絨毯、頭上ではシャンデリアでがそれぞれ強烈な存在感を出してます。


奥の方がダイニングエリア。独りで一泊するだけなのに、90㎡とアホみたいに広々とした造りです。ホテルの部屋というより家ですからね。


ウェルカムアメニティのキモ甘アラビアンスイーツとフルーツもレターと共にプリセットされてました。雑食で、嫌いな食べ物もあまりない食いしん坊なワイですが、アラブの砂糖菓子的な物だけはマジで無理。アラブ世界では成人の4人に1人が糖尿病患者なんて聞いたことあるけど、そりゃ砂糖の塊みたいなスイーツを好んで食べてたらそうなりますよね。と。


夜はホテルの部屋のように隣人の騒音に悩まされることなく熟睡、翌朝は鳥のさえずりで起床しました。バルコニーからの眺めも荒涼とした砂漠の国とは思えない美しさです。たった一晩しかいられなかったのが本当に悔やまれる。

結局、ホテルのプールやプライベートビーチにも行くことなくチェックアウト。朝一でドバイ国際空港へと向かいました。

さらば、アブダビ!またエティハド航空乗りにきます!

【The Ritz Carlton Abu Dhabi Grand Canal】
公式サイト:https://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/uae/abu-dhabi
所在地:P.O. Box 91888, Khor Al Maqta’a, Abu Dhabi, United Arab Emirates

Related posts (関連記事):

SPGのニューブランド“Tribute Portfolio”
そろそろSPGで言うところのQ2プロモの紹介が来るかなーと思い始めた矢先、ちょうどSPGからのメールが入る。タイトルは「Introducing Tribute Portfolio: Earn up t...
SPGポイント修行の一環でシェラトン・サイゴンの李白へ
3月以来のホーチミン出張。到着日は一人飯をすることになり、夕食はシェラトンサイゴンで摂ることに。SPGがSpice it Upキャンペーンをやってるんで、スターポイントを利用したSQファーストクラスの...
コートヤード バイ マリオット上海徐家匯 クラブフロア宿泊記
この日はマリオットのプロモもあったので、コートヤード上海徐家匯(上海徐家匯西蔵大厦万怡酒店)にお試しステイしてみることに。プロモは2ブランド目以降新たに1ブランドに宿泊するごとに2,000ポイント貰え...
ドバイ国際空港 ルフトハンザ、ブリティッシュエアウェイズラウンジ
終わらない旅行は無い。2018年年末年始旅行も最終日を迎え、ドバイから香港経由で日本へと戻ります。 先日乗ったBAH⇒DXB以遠権区間の続きで、DXB⇒HKGもキャセイパシフィック航空で。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする