クラウンプラザ広州サイエンスシティ(広州翡翠皇冠仮日酒店) クラブフロア宿泊記

この日のお宿はクラウンプラザ広州サイエンスシティ(広州翡翠皇冠仮日酒店)

場所はホテル名にある通り、広州東郊にある科学城ことサイエンスシティ。科学城といっても観光の目玉的城楼があるわけではなく、ハイテク産業を中心とした各種製造業社が集積した工業園区にあり、周囲に観光名所は殆ど無い。天河や広州東駅からは車で25分、広州白雲空港からは1時間弱の郊外にあるので旅行者にはお勧めできないし、5,000ポイント付きパッケージプランは無いので修行僧にとっても魅力的なホテルではない。

それでも果敢に攻めてみる。地下鉄の最寄り駅からも距離があるので、広州東駅からの移動はホテルのシャトルバスで。バスは毎日走っている訳でなく、週末と祝日のみの運行となっている。
[table id=48 /]

ひだり みぎ
近代的で科学博物館的外観のクラウンプラザ。シャトルバスが着くなり仏頂面で気怠そうな恵体ドアマンによりロビーに迎え入れられる。

ひだり みぎ
ロビーは不自然な緑色をした木々が多く植えられてダイナミックなガーデン風。ドーム型の天井は高く開放感が有るし、採光性に優れた連続天窓になっているので抜群に明るく爽やかなロビーになっている。

今回はクラブラウンジでのチェックインもできたのだが、ロビーが大きすぎてロビーの場所が分からずにフロントでチェックインすることに。IHGゴールド以上の専用レーンがきっちりと機能していたので待ち時間なくスムーズにチェックインできた。
ひだり みぎ
部屋はラウンジアクセス付きのデラックスイートで、ドアを開けた先は広々としたリビングルームになっている。

ひだり みぎ
色調的に統一感のあるコーディネートでサッパリと纏められている。

ひだり みぎ
お隣のベッドルームもベージュと赤みのあるダークブラウンを中心としたコーディネーション。部屋の内装的には冒険をしない無難なクラウンプラザらしいデザインといえるだろう。


ベッドルームとリビングルームからはアバカ(?)の編み込みソファ付きのテラスにアクセスできる。全室テラス付きなんだと。

ひだり みぎ
テラスの下には中庭にある南国リゾート風のアウトドアプールが。アクセスの悪いホテルではあるけれど、緑も多くてリラックスするには良いかもな。利用客もビジネスマンが中心で煩い大陸の団体客も少ないし。工業園区のオアシス的なホテルだな。

ひだり みぎ
ミニバー。

ひだり みぎ
ウェルカムギフトがっさり。そして、会員特典としてアップグレードされたデラックススイートにはプリンターまで用意されている。これもビジネスマン利用での宿泊客が多いことによるものだろう。

ひだり みぎ
従業員の質は当たり外れが大きいけど、大陸のクラウンプラザは総じてクラブ特典が充実してる。ラウンジアクセスだけでなく、ミニバーやドライクリーニングを含むランドリーサービスの利用が一定量まで無料なのは中~長期の出張者には非常にありがたい。
[table id=47 /]

ひだり みぎ
続いて水回り。90㎡もあるスイートにしては随分と狭いし、シンクが小さすぎて使い勝手は良くない。90㎡もあるのに…。スペースの振り分け方、偏り過ぎだろ。

ひだり みぎ
バスタブはテレビ付きで、便座からもモニターを見れる配慮が図られているw。

ひだり みぎ
シャンプーとボディウォッシュのボトル表示が両方共ボディウォッシュで戸惑ったのでハウスキーピングの婆様に問い合わせると「でも中身の色は違いますよね!!!!」と声を荒げてのまさかの逆キレ。どっちがどっちか客が色で判断しろと…。クラウンプラザでもこんな具合、悲しき大陸クオリティ。

ひだり みぎ
部屋で一休憩した後はクラブラウンジのカクテルアワーへ。

ひだり みぎ
ホットミールは焼餃子・カニクリームコロッケ・チキンウィングの3点。ジャンクな味付けでビールがススム君。もちろん他にもサラダ・チーズ・フルーツ・スイーツなんかも揃っている。

ひだり みぎ
食後はエロいライトアップの屋上で風にあたって酔い覚まし。市内のホテルと違って喧騒に悩まされることもないし、夜風が何とも気持ち良い。

ひだり みぎ
プールは室内と室外の2箇所。室内プールで泳ごうかなーとおも思ったけど、子供の団体が騒がしかったので利用を見合わせる。

ひだり みぎ
代わりに部屋で一っ風呂浴び、ホテル内のMad Science Barへ。18:00-20:00の間はBuy One Get Oneのハッピーアワーが開催される。

ひだり みぎ
コックピットを模した筐体付きのレーシングアーケードゲームがあるのが最大の特徴。マッドサイエンティスト(狂科学者)というかオタクっぽい雰囲気だな。フランケンシュタイン的演出がなされた風変わりなB級パブ的なんを想像してたわ。


頭の悪い会話をしてる白人ビジネスマンばかり。良い年してFワード・Sワードなどの罵り言葉が5秒ごとに聞こえてくるんだから居心地は良くなく、ビール一本で退散する。

ひだり みぎ
翌朝。朝食はロビーフロアのADD Pan Asian Restaurantで。

ひだり みぎ
スイカのフレッシュジュースと牛骨湯が上手い。

ひだり みぎ
ビビンバ・シンラーメン・韓国式バーガーなどなど、LGやサムスンを意識してるのか韓国系メニューが充実。


朝食後は室内プールで泳いでからチェックアウト、シャトルバスで広州東駅へと送ってもらう。

やはりアクセス的には観光客にも修行僧にもお勧めは出来ん。館内には1,100人を収容できるカンファレンスルームを含む13の会議室があったりと、基本的にはビジネスマン向けの仕様ですからね。クラブ特典でランドリークレジットが与えられるしミニバーのソフトドリンクも飲めるので、中長期滞在のビジネスマンにお勧め。

クラウンプラザ広州サイエンスシティ(広州翡翠皇冠仮日酒店)


Booking.com


公式ウェブサイト:こちら
住所:No.28 Ningcai Road Central District, Science City, Guangzhou Guangdong.
電話: 86-20-88800999
Eメール: reservations@crowneplazagzsc.com
リワードナイト:20,000ポイント~


Booking.com

Related posts(関連記事):

CZ374 中国南方航空A321 ビジネスクラス ホーチミンシティ―広州
帰りももちろん南方航空。南方航空では珍しい直前のシップチェンジで、機材は往路のB737-800ではなくA321になりましたと。関西⇔広州や名古屋⇔広州でも飛んでるやつだ。まぁ同じナローボディー機で大差はないだろうが、念のために南方航空の公式サイトで拾った情報で両機材の比較をしてこう。 航空機型式: B737-800 現在の保有機数 53 予定保有機数 48 ...
シェラトン中山(中山喜来登酒店)クラブフロア宿泊記
この日は孫文所縁の町・中山の市街地ど真ん中に建つシェラトン中山へ。中山って中国の都市にしては妙な名前だけど、香山(現中山)出身の孫文の号が中山だったことに肖り中山に改名されたんだと。今でも中山は中国に於いて偉人の名前を取った唯一の都市らしく、そんな訳で中山に足を運ぶ度に稀代の革命家・孫文の顔が頭に浮かんできてしまうのである。 学生時代、阿片戦争⇒孫文出現あたりの世界史授業は胸アツで聞いてた覚...
ホリデイインエクスプレス洛陽シティセンター宿泊記 洛陽・鄭州・開封旅行3
洛陽博物館の参観を終え、一旦宿泊先に寄って手荷物を下ろしてから本日の観光の目玉・龍門石窟に向かうことに。 洛陽の宿はIHG系列のホリデイインエクスプレス洛陽シティセンター(洛陽開元智選假日酒店)。名称にシティセンターとあるが、実際は繁華街から離れた市内南郊の新市街地という立地にあり、繁華街や旧市街地の街歩きを楽しむには不向き。一方、龍門石窟や少林寺方面に車で向かうには距離も近く市内の渋滞も回...
グレーシャーホテル コンケン(Glacier Hotel Khon Kaen)宿泊記
陽も昇る前の04:30、真っ暗闇に包まれたコンケンに到着した。駅前ではトゥクトゥクドライバーが生活をかけた必死の営業活動を行っていたが、宿泊先のグレーシャーホテルは駅から徒歩圏内ということもあり、血気盛んな野犬に吠えられながらも歩いて深夜(早朝?)のコンケンを移動した。 宿泊費はハピタスを噛ませたアゴダでの予約で朝食込み1泊3,000円弱。値段の割には立派なホテルで一安心だ。 グ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。