搭乗記 ロイヤルヨルダン E195ビジネスクラスとアンマン空港RJラウンジ

2019年記念すべき一発目は元旦フライトのロイヤルヨルダン便。アンマンからクウェートへと飛んできます。


西から東へアラビア半島横断フライト。


カタール航空で半島の東から西に飛んだ際は迂回コースを飛んで4時間半近くかかったけど、ヨルダン⇒クウェートはほぼ直線最短距離で飛ぶので2時間のフライト。オンタイムで入国もスムーズだったらワンチャン今晩の宿泊先でのイブニングカクテルサービスに間に合うか!?


死海からアンマンの空港へはクラウンプラザ前で拾った僕は良い人アピールが激しい運転手の白タクで。運賃24ディナール。始めは50ディナールと言われたけど、ディナールでの手持ち残金が24ディナールと伝えたらあっさり24ディナールでディール成立。正直に手持ち金を申告せずに、ダメ元で残高10ディナールって言ってみたら良かったか。

出発するなりヨルダンの魅力を一方的に語りだす自称良い人。その柔らかい語り口と裏腹に運転はワイルド。砂漠の真ん中に延びるハイウェイを120kmで爆走し、死海を出て1時間足らずでアンマンクイーンアリア国際空港に到着した。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
無骨なシーリングが妙にしっくりくるアンマン空港。正月だからか全然人がいない。町でも旧市街地の一部のエリア以外ではあまり人をみかけなかったけど、何?みんな冬眠してるの?

チェックイン

今回利用する航空会社はもちろんアンマンを根拠地としたロイヤルヨルダン航空(RJ)。RJの本丸ラウンジが楽しみなので、しょっぱい死海での朝食は食べずに空港へとやってきました。古事記精神全開ですみませんの。


チェックインは、クラウンクラス専用カウンターが入る一室でゆったりと座りながら。遺影チックなヨルダンロイヤルファミリーの写真に見守られながらチェックイン。「どこに行かれるのです?」いやいや、クウェートへの直行便だしクウェートでしょ。「何でクウェート?もっとあるだろ?ドバイとか…」機内でも「は!?クウェートに行くの?何しに?」みたいな感じのやりとりがあったくらい、クウェートに観光で行くのはあり得ない選択肢らしい。確かに、自分も何故クウェートに行くのか聞かれると回答に窮しますw 「〇〇に行く」って言えるよな観光地も世界遺産もないですからね。


搭乗手続きを終えた後は、クラウンクラス専用部屋にある保安検査と出国審査で制限エリアに入れる仕組み。



やっぱRJのロイヤル感あるセンス好きだわー。

ひだり みぎ
チェックインカウンターでの搭乗手続きから保安検査、出国審査までビジネスクラス専用のレーンで一直線に繋がる無駄の無い動線。通路の壁にはRJのフィロソフィーや歴史に関する展示品が掲げられていたりと、中々に面白い作りになっている。


レバノンから来て感じるのは対レバノン人比での人々の顔の薄さ。これがまた、アラビア海側のクウェートに行ったら違ってくるんでしょうね。

ロイヤルヨルダン航空 クラウンラウンジ

出国審査通過後は免税店群をまっすぐ抜けてロイヤルヨルダン空港の本丸ラウンジへと直行。金に物をいわせた豪華ラウンジで有名な中東系キャリア、しかもワンワールドにも加盟する実力のある航空会社の本丸ラウンジですからね。知名度の低いレバノンベースのミドルイースト航空のラウンジが立派だったということもあるし、期待が高まります。



ラウンジ入口に通じる専用エレベーターで2階へと移動…って、年越したのに、まだクリスマス祝ってんのかよ!

ひだり みぎ
ひだり みぎ
無駄に広っ。吹き抜け部分以外の2階全体がラウンジというマジキチぶり。混むときは混むんだろうけど、この時はワイ以外に2-3人の利用客がいる程度という無駄さ加減がもうね。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ミールは完全なるローカル飯。


ひだり みぎ
ドリンクは無人のバーカウンターで。アルコールはヨルダンワイン赤、ヨルダンビール2種類、各種スピリッツと、まあ最低限は揃ってる印象。


アンマンの町並みと同様に色彩に欠けるヨルダン飯をかっ喰らう。見た目はアレだけどチキンビリヤ二はまぁイケる。


そして、周りの人の見様見真似でよそってみた3時のおやつならぬ3時のメッゼ。ちょっとローカル色が強すぎる献立なんで、日本人ウケは悪いかもっすね。

フライト:ロイヤルヨルダンE195 アンマン⇒クウェート

ひだり みぎ
荒れ果てた大地、武骨な空港にマッチする真っ黒い機体が滅茶苦茶良い味出してます。


バスもビジネスクラス用は黒で徹底。中東御三家と比べるとカスみたいなエアラインで人気が低いのも納得なんだけど、でもなんか個人的には好きなんだよなーロイヤルヨルダン。


アンマン⇒クウェートの距離は730マイルでフライト時間は2時間。大阪-那覇間程度の距離なもんで、機体は小型のエンブラエル195でした。もちろんTechLionで話題の最新鋭機E195-E2ではありません。


ビジネスクラスは1-2のアブレスト。1側を選べば隣席が無いのでソロユースに向いている。


ただ、やっぱり機体は小さいのでオーバーヘッドコンパートメントにバックパックが入りきらず。詰めて詰めて押し込んで、なんとかギリギリ入ったところでプッシュバック。

今回の空の旅の客室乗務員様は真っ赤で情熱的な制服がお似合いの熟熟マダム。

「メッゼとはこう盛り付けるのだ!」とばかりに美しく盛り付けられたメッゼ。マダム曰く、“渾身の力作”だそうで、味はおいておいて確かにカラフルで美しいのは美しい。ラウンジで自分が盛り付けたメッゼとは大違い、流石マダムです。


デザートはRJ機体に負けじと真っ黒い特濃チョコレートケーキ。舌に絡みつくねっちょり特濃ダークチョコ、外で買ってきたのをそのまま出してるだけなんだろうけど、これは中々美味かった。

そりゃ中東御三家と比べると格下感は否めないし、飯はローカル色強め、更には良くも悪くも緩~い感じの対応が目立つ地上スタッフなどなど。評判悪い理由も分かるんだけど、なんか好きなんだよなーロイヤルヨルダン。
あっ、自分ロイヤルヨルダンの回し者ではありませんのでw

Related posts(関連記事):

オールドドバイを見て回る バールドバイ地区、デイラ地区に三大スーク
最新技術を駆使して造られた近代的高層ビル満載の大都市と知られるドバイですが、たかだか数十年前まではクリークという運河沿いに開けた小さな小さな漁村でした。 ただ、もちろん、とんでもなく高くとんでもなく奇抜でゴージャスな高層ビル群が町を覆いつくす前にもドバイの地を基盤として生活を営んでいた“原住民”はいたわけで、ドバイにも下町と呼ばれるエリアがあるわけなのです。今日は、そんな下町情緒が残されたド...
ビザンツ時代のキリスト教の中心地 ヨルダンのマダバ
ヨルダンも早や3日目。 この日も前日のペトロ遺跡に続いてJETTのバスを利用した日帰り旅行に出ることに。 プログラムが色々あって迷ったけど、マダバ⇒ネボ山⇒バプティズムサイト(ヨルダン川対岸のベタニア)とキリスト教所縁の地を巡るコースに決定。3か所巡るとなるとやっぱり効率良く回ってくれる観光バスの力を頼った方が楽だし安い。滞在時間の制約こそあるが、各観光地では基本的に完全自由行動と...
実際のフライト時間の数十倍疲れる KA786 香港⇒広州
翌朝に広州発CZ便にお世話になるのでドラゴン航空KA786を利用した。香港⇒広州という超短距離便で、マイル数は実に84。なんでこんなフライトがあるんだろう。広州都市圏は4,500万の人口を抱えており、しかも彼らは中国本土の中で最も豊か。そんな金持ち大陸人の需要を取り込む為、香港での乗り継ぎで世界の様々な都市へのスムーズな移動を可能にする広州⇔香港便が毎日2便運航している。 【広州⇔香港運航ス...
SPGと中国東方航空のクロスオーバー・リワード
えー、今日も誰得なニッチ情報のお時間がやって参りました。日本在住の方には意味のない情報だとは思うが、昨年度末にSPGがエミレーツ・デルタに次ぎMU(中国東方航空)ともクロスオーバーリワードの提携を開始したので、備忘録として情報を纏めておく。始めにお断りをしておきますが、先日のシャングリラとシンガポール航空の提携のようなビックリステマオファー等はありませんので悪しからず。 今回の提携により...