搭乗記 TAPポルトガル航空 国内線E190エコノミー ポルト⇒リスボン

今日はポルトのインターコンチネンタルからリスボンのインターコンチネンタルへと都市を跨いだ引越しday。


ポルト⇔リスボン間は320kmと、東京⇔名古屋間程度の距離。バスや鉄道など陸路の移動手段も充実していますが、変態フライヤーのはしくれとして今回は飛行機で移動することに。

ポルト市内からバスで空港へ

ひだり みぎ

08:00発のフライトへの搭乗に間に合わせるべく、陽の上がらぬうちから出発。霧深い夜明けに飛行機が飛べるか若干心配になりながらも、602番の路線バスで空港を目指します。

602番の始発駅はポルト大学前のバス停“CORDOARIA”。時刻表や具体的な走行ルートはバスの運行会社の公式ウェブサイトで確認できます。
https://www.stcp.pt/en/travel/lines/?linha=602

06:15CORDOARIA発の始発に乗り空港へ。
もう少し早い時間帯のフライトに乗る場合は、深夜・早朝の時間帯(01:00-05:00)専門に走ってる3Mのバスを利用できます。
https://www.stcp.pt/en/travel/lines/?linha=3M

空港到着

ひだり みぎ
出発時刻まで1時間を切ったぎりぎりのタイミングで空港着。ボーディングパスを発行頂き、ラウンジには立ち寄らずに搭乗口へと小走りで直行します。


相変わらず濃霧による視界不良状態が続いてるけどちゃんと飛ぶのかな?という心配をよそに定刻通りのボーディングスタート。ポルト⇒リスボンは1時間に1本の頻度で出てるので、最悪の場合フライトを間引かれるかなーなんて心配もしてましたが、1本たりともキャンセルできないくらいのド満席ぶりでした。

搭乗


機体は小型機のエンブラエル190。機体デザインは親会社のTAPポルトガル航空の機体と変わりませんが、TAPのPのペイント部分にExpressという文字が入って差別化されてます。PGAエクスプレスというTAPが買収した国内線専用LCCの名残もあり、今はTAPエクスプレスというブランド名でリージョ便を運行しているようです。

ひだり みぎ
LCCですが、親会社のA319やA320あたりとシートはデザイン・ピッチとも然程変わりません。が、隣に体育教師感満点のマッチョなタンクトップ姿の中年男性が座ってしまい、こちらのスペースまで侵食されて窮屈でむさ苦しい時間を過ごす羽目に。

しかも、搭乗が完了した段階で機長からは出発遅延のアナウンスが…飛ぶか分からんけどとりあえず乗客を機内にぶっこんどくパワープレー止めてw

仕方ないので機内誌を熟読してTAPポルトガル航空の企業研究をすることに。

保有機材


ふむふむ、と。親会社であるTAPポルトガル航空の保有機材リストを見ると、ボーイングは一機も保有せずエアバスにオールインなんすねw


大型機もそれなりに多く抱えていて、歴史的背景もあり大西洋越えブラジル行きのフライトはかなり多く飛ばしてます。

ひだり みぎ
実際、TAPポルトガルは大西洋越え南米行きフライトのビジネスクラスにこそ発揮されると思ってます。ロンドン⇒リスボン⇒リオデジャネイロのビジネスクラスが込々で616ポンド(82,000円)とかですから。Jクラスなんでエーゲさんにマイルを付ければ200%貯まりますし。

マイレージ制度


メンバーレベルは平・シルバー・ゴールドの3段階。スタアラ系としては一般的な内容っすね。到達基準も妥当なところ。

特異点を挙げるとすれば、マイルを使って不足分のステータスマイルの穴埋めができるところ。10,000マイルを差し出せば、5,000ステータスマイルに換算してもらえるようです。うわっ、不覚にもダイヤモンドまで1FOP足りんわ!急遽追加で大阪⇔但馬を飛んでこないと!なんてことを防げる嬉しい制度です。

Club TAP Miles&Go


また、通常のマイレージ制度とは別の“Club TAP Miles&Go”という有料会員システムがあるらしいのですが、このシステムの最上級会員であるClub Platinumはお得感があります。
年間887米ドル(≒96,000円)を払えばTAPのシルバー会員になれるほか、初年度に年間108,000マイル、二年目以降には毎年120,000マイルのボーナスマイルが得られるらしい。

JALだと年会費34,100円のプラチナカードでも毎年の初回搭乗ボーナスはたかだが2,000マイル。年会費払うだけで年間120,000マイルのボーナスマイルとか、文字通りけた違いっすねw

ひょっとしてTAPマイルがインフレ起こしてて1マイルの価値が極端に低くなってるんじゃね?とも考えたけど、決してそういうわけでもないみたいですし。

ポルトガルのメインランドからスペイン・北アフリカまでの特典航空券が6,000マイル~、北米まで飛んでも29,000マイル~とか。極めればお得なマイル錬金術を編み出せるかもしれない。
参照:https://www.flytap.com/en-rs/miles-and-go/spend-miles/buy-ticket

ふーん、TAPポルトガル航空ね~…なんて調べてたら、40分ほど経ってようやく駐機場を発てることに。

上空は風も強く揺れっぱなしでシートベルトサインも付きっ放しの荒れたフライトでしたが、リスボンに着くと今までの悪天候が嘘のような快晴ぶり。ここでも松岡修造ばりの晴れ男パワーを見せつけてしまいました。

搭乗記 ロイヤルヨルダン E195ビジネスクラスとアンマン空港RJラウンジ

2019年記念すべき一発目は元旦フライトのロイヤルヨルダン便。アンマンからクウェートへと飛んできます。


西から東へアラビア半島横断フライト。


カタール航空で半島の東から西に飛んだ際は迂回コースを飛んで4時間半近くかかったけど、ヨルダン⇒クウェートはほぼ直線最短距離で飛ぶので2時間のフライト。オンタイムで入国もスムーズだったらワンチャン今晩の宿泊先でのイブニングカクテルサービスに間に合うか!?


死海からアンマンの空港へはクラウンプラザ前で拾った僕は良い人アピールが激しい運転手の白タクで。運賃24ディナール。始めは50ディナールと言われたけど、ディナールでの手持ち残金が24ディナールと伝えたらあっさり24ディナールでディール成立。正直に手持ち金を申告せずに、ダメ元で残高10ディナールって言ってみたら良かったか。

出発するなりヨルダンの魅力を一方的に語りだす自称良い人。その柔らかい語り口と裏腹に運転はワイルド。砂漠の真ん中に延びるハイウェイを120kmで爆走し、死海を出て1時間足らずでアンマンクイーンアリア国際空港に到着した。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
無骨なシーリングが妙にしっくりくるアンマン空港。正月だからか全然人がいない。町でも旧市街地の一部のエリア以外ではあまり人をみかけなかったけど、何?みんな冬眠してるの?

チェックイン

今回利用する航空会社はもちろんアンマンを根拠地としたロイヤルヨルダン航空(RJ)。RJの本丸ラウンジが楽しみなので、しょっぱい死海での朝食は食べずに空港へとやってきました。古事記精神全開ですみませんの。


チェックインは、クラウンクラス専用カウンターが入る一室でゆったりと座りながら。遺影チックなヨルダンロイヤルファミリーの写真に見守られながらチェックイン。「どこに行かれるのです?」いやいや、クウェートへの直行便だしクウェートでしょ。「何でクウェート?もっとあるだろ?ドバイとか…」機内でも「は!?クウェートに行くの?何しに?」みたいな感じのやりとりがあったくらい、クウェートに観光で行くのはあり得ない選択肢らしい。確かに、自分も何故クウェートに行くのか聞かれると回答に窮しますw 「〇〇に行く」って言えるよな観光地も世界遺産もないですからね。


搭乗手続きを終えた後は、クラウンクラス専用部屋にある保安検査と出国審査で制限エリアに入れる仕組み。



やっぱRJのロイヤル感あるセンス好きだわー。

ひだり みぎ
チェックインカウンターでの搭乗手続きから保安検査、出国審査までビジネスクラス専用のレーンで一直線に繋がる無駄の無い動線。通路の壁にはRJのフィロソフィーや歴史に関する展示品が掲げられていたりと、中々に面白い作りになっている。


レバノンから来て感じるのは対レバノン人比での人々の顔の薄さ。これがまた、アラビア海側のクウェートに行ったら違ってくるんでしょうね。

ロイヤルヨルダン航空 クラウンラウンジ

出国審査通過後は免税店群をまっすぐ抜けてロイヤルヨルダン空港の本丸ラウンジへと直行。金に物をいわせた豪華ラウンジで有名な中東系キャリア、しかもワンワールドにも加盟する実力のある航空会社の本丸ラウンジですからね。知名度の低いレバノンベースのミドルイースト航空のラウンジが立派だったということもあるし、期待が高まります。



ラウンジ入口に通じる専用エレベーターで2階へと移動…って、年越したのに、まだクリスマス祝ってんのかよ!

ひだり みぎ
ひだり みぎ
無駄に広っ。吹き抜け部分以外の2階全体がラウンジというマジキチぶり。混むときは混むんだろうけど、この時はワイ以外に2-3人の利用客がいる程度という無駄さ加減がもうね。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ミールは完全なるローカル飯。


ひだり みぎ
ドリンクは無人のバーカウンターで。アルコールはヨルダンワイン赤、ヨルダンビール2種類、各種スピリッツと、まあ最低限は揃ってる印象。


アンマンの町並みと同様に色彩に欠けるヨルダン飯をかっ喰らう。見た目はアレだけどチキンビリヤ二はまぁイケる。


そして、周りの人の見様見真似でよそってみた3時のおやつならぬ3時のメッゼ。ちょっとローカル色が強すぎる献立なんで、日本人ウケは悪いかもっすね。

フライト:ロイヤルヨルダンE195 アンマン⇒クウェート

ひだり みぎ
荒れ果てた大地、武骨な空港にマッチする真っ黒い機体が滅茶苦茶良い味出してます。


バスもビジネスクラス用は黒で徹底。中東御三家と比べるとカスみたいなエアラインで人気が低いのも納得なんだけど、でもなんか個人的には好きなんだよなーロイヤルヨルダン。


アンマン⇒クウェートの距離は730マイルでフライト時間は2時間。大阪-那覇間程度の距離なもんで、機体は小型のエンブラエル195でした。もちろんTechLionで話題の最新鋭機E195-E2ではありません。


ビジネスクラスは1-2のアブレスト。1側を選べば隣席が無いのでソロユースに向いている。


ただ、やっぱり機体は小さいのでオーバーヘッドコンパートメントにバックパックが入りきらず。詰めて詰めて押し込んで、なんとかギリギリ入ったところでプッシュバック。

今回の空の旅の客室乗務員様は真っ赤で情熱的な制服がお似合いの熟熟マダム。

「メッゼとはこう盛り付けるのだ!」とばかりに美しく盛り付けられたメッゼ。マダム曰く、“渾身の力作”だそうで、味はおいておいて確かにカラフルで美しいのは美しい。ラウンジで自分が盛り付けたメッゼとは大違い、流石マダムです。


デザートはRJ機体に負けじと真っ黒い特濃チョコレートケーキ。舌に絡みつくねっちょり特濃ダークチョコ、外で買ってきたのをそのまま出してるだけなんだろうけど、これは中々美味かった。

そりゃ中東御三家と比べると格下感は否めないし、飯はローカル色強め、更には良くも悪くも緩~い感じの対応が目立つ地上スタッフなどなど。評判悪い理由も分かるんだけど、なんか好きなんだよなーロイヤルヨルダン。
あっ、自分ロイヤルヨルダンの回し者ではありませんのでw