何もない野郎だけの町 クウェートシティを歩く

なーんにも無いクウェートシティを歩く。

ひだり みぎ
先ずはクウェートタワーからクウェート湾の海岸に沿ってアラビアンガルフストリートを西へ。

スーク・シャルク(Souq Shark)


クウェートタワーから1.5kmほど歩くと、海辺に広がるスーク・シャルクというオシャレモールが見えてきた。


これがまぁバカでかい。娯楽ダメ、酒ダメ、女ダメと息抜きが難しいクウェート。溜まったストレスをショッピングで発散するのが世界でも屈指の産油国にいるクウェート人富裕層スタイルらしい。でも、純粋なクウェート人ってそもそも人口が少ないんで、でっかいモールを作ったは良いけど中はすっからかん。いくつかのモールに入ってみましたが、どこも閑古鳥が鳴いてました。


ひだり みぎ
寧ろ賑わっていたのは高級モール併設の生臭い香りぷんぷんの魚市場。クウェートの築地的存在らしく、魚市場横の漁港で荷降ろしされた獲れたての魚介類がこれでもかと並んでいた。


魚市場だけじゃなく観光客に求めやすいデーツなんかも売られてる。
一口にデーツといっても千を超える品種があってだね…そう熱心に語り始めてなかなか開放してくれないデーツ市場の店主の情熱に負け、デーツ5種類各50gづつお買い上げ。


伝統的な魚市場と背景の高層ビル群のコントラストが印象的。クウェートシティの街中には近代ビル郡が立ち並んでいて、少なくとも遠目には湾岸戦争の傷跡は一切感じられません。

ひだり みぎ
スークシャークから更に南西へと歩いていくと、クウェート中央銀行本店や証券取引所などがある金融街にぶちあたる。


クウェート湾岸銀行本店。それぞれの金融機関の本店ビルは近代的ながらもイスラム要素満載で、建物ウォッチングしてるだけで意外と楽しめる。


ここら辺はドーハっぽいかな。でもドーハよりは閉鎖的というか、なんとなく閉塞感を感じるのはなんだろう。ちょっと雰囲気が重苦しいというか。


金融街真っ只中でも人が殆どいないゴーストファイナンシャルタウン。たまーに人を見かけたと思ったら、ほぼ間違いなく印パあたりから流入してきた肉体労働者。清掃員や建築作業員、警備員、タクシー運転手などなど、日中から屋外で仕事する労働者たちはみな外からやってきた働き盛りの野郎ども。ちょっとむさ苦しさを感じますw

グランドモスク


こちらはクウェートタワーと並ぶクウェート観光の二大巨頭・グランドモスク。ただでさえ観光地が無いというのに閉まってて敢え無くエントランスで撃沈した。

中に入るには09:30~、17:00~のガイド付きツアーに参加するしかないんだと。それぞれ1時間半に渡ってガッツリとモスクツアーをしてくれるらしい。17:00~の部で時間が取れそうだったら戻ってこよう。

スーク


グランドモスクの南側は地元民御用達のスークになっている。


お洒落シーシャ屋。


そしてスパイシーな香りを放つ香水や沈香屋が多いこと多いこと。アラブ人って女性だけでなく男性も普通にパフューム使ってますからね。世界のマーケット的にみても人口一人当たりの香水消費量は湾岸諸国がトップだそうです。

クウェート国立博物館(サドゥハウス)

モスクを抜けると、クウェート国立博物館が見えてきた。国立と言うからさざ素晴らしい博物館なのだと思いきや思いっきりショボい。
ひだり みぎ
一部工事中っぽいけど入れました。入場無料。受付で名前とか記帳するんだけど、全然訪問客がいなくて可哀想になりました。そうだよな、観光地が無い上にホテルや物価も無駄に高いし、こんなとこ普通の旅行者は来ませんわ。

でも、館内を歩いてみて納得。見た目だけでなく中身もショボい。国立博物館で一人も観光客も見かけなかったのはクウェートが初めてだ。
ひだり みぎ
人形のリアルさだけは高レベルw

サルヒア・コンプレックス

利用者数0の国立博物館に衝撃を受け、これはもうこれ以上観光を楽しもうとしても仕方がないと諦めホテルへと向かう。

宿泊先であるJWマリオットもサルヒア・コンプレックスというモールに直結。これまた高級で凄いのなんの。


Dolce and Gabbanaもゴールデン。


何気ないニューイヤーセールの棚に900ディナール(≒32万円)の香水の小瓶が置かれてて目を疑ったわ。希少性のある材料を用いてると店員が言ってたけど、ちょっとかがせてもらったら、そこらへんのアラブのおっさんの匂いとの違いが自分には分からず…

聞いていた通り、やっぱりクウェートは観光で来るところじゃなかったです。禁酒もガチでホテルのクラブラウンジでも飲めなかったし、現地富裕層の皆様みたいに買い物でストレスを発散するような財力も無いですし…
そもそも国自体がアブダビやドバイと違って観光客に別に来てもらわなくて結構という姿勢ですからね。ワイが超大口の石油の買い付け業者だったりしたら超ド派手な接待を受けるようなことになるのでしょうが…

ならばわざわざ行かなきゃよかっただろ!…ええ、これも至極全うなご意見でございます。ワイみたいに怖いもの見たさでネタの為とか、もしくは渡航国数稼ぎの為といった目的でなければわざわざ来る必要のない場所であるかと思います。

Related posts(関連記事):

搭乗記 中東発の民間航空会社 ジャジーラ航空 ビジネスクラスラウンジは?
酒ダメ娯楽ダメ観光ダメと無いもの尽くしのクウェートからの脱出フライト。中東初の民間航空会社として設立されたクウェートベースのJazeera Airwaysで260マイル南の島国バーレーンへ。 クウェートからバーレーンは羽田-伊丹程度の距離。オイル業界の需要に支えられているのか複数の航空会社がフライトを飛ばしてる。 ちなこのクウェート⇒バーレーンはKLMが以遠権フライトを飛ばしていて...
宿泊記 おもてなしの心が素晴らしい インターコンチネンタルアンマン
アンマンの空港に降り立ち、アンマン市内のホテルへと向かう。本日の宿はインターコンチネンタルアンマン、1963年に国王による開業式典が催されて以来、各国の要人を迎え続けてきたアンマンでも随一の格式高きホテルらしい。 格式高くない自分は空港に着いてこそこそとIHGアプリでアップグレード有無を確認。すると、IHG系列のホテルには珍しくe standby upgradeのシステムを通じてアップセルの...
搭乗記 ロイヤルヨルダン E195ビジネスクラスとアンマン空港RJラウンジ
2019年記念すべき一発目は元旦フライトのロイヤルヨルダン便。アンマンからクウェートへと飛んできます。
一応世界遺産… イエスキリストが洗礼を受けたヨルダンの“バプティズム・サイト”
マダバ⇒ネボ山⇒バプティズムサイトとキリスト教所縁の地を巡るJETTバスでのツアー第二弾。 モザイクシティことマダバの町マダバの町マダバの町とネボ山の観光を終え、最後は本ツアーの終着点となるバプティズムサイトへと向かう。 マダバ:ビザンツ時代のキリスト教徒の中心都市。通称“モザイクシティ”。 ネボ山:預言者モーゼ終焉の地で、キリスト教徒の聖地。 バプティズムサイト:キリストがヨハネから...