搭乗記 カタール航空A330 エコノミークラス ドーハ⇒ベイルート

見所の少ないカタールでの観光は早々に切り上げ、お次はレバノンの首都・ベイルートへ。ゴーン逮捕への報復措置として難癖つけて別室送り⇒長期拘束とかされないことを祈る。


07:45ドーハ発の早朝フライトだったので、ホテルでの朝食を楽しむ間もなく朝一で空港へと移動。


PCエンジンのレトロなレーシングゲームのビーチサイドコースを思い出すような美しい景色の中を空港へ。カタールはゴミ一つ落ちていない綺麗なユートピアといった感じで、確かに退屈ではあるけれど、ゆるーくまったりするには良い場所だとは思います。ホテルもドバイに比べたらだいぶ安いですし。


今回はアラビア海側から地中海側へとアラビア半島を横断するフライトになるのだが、残念ながらC席が取れなかったのでY席での移動。朝一ということもありテンションが上がらぬままチェックインしようとすると、レバノン入国の為のビザがどうのこうのとイチャモンを付けられ更に悲しい気持ちに。
自分の知識があやふやなのに、「あなたはレバノンの入国ビザを持っていなければならない」とか、よう主張できるよ。分からないなら「お調べしますから少々お待ち下さい。」って一旦逃げれば良いのにと思うんだけど、なんなんすかね。プライドが「分からない」と言うことを許さないんすかね。

結局、アライバルビザの申請ができるのでフライトの搭乗手続き時にはビザが不要という当方の言い分が認められて搭乗券が発行されてきた。搭乗手続き時にビザが必要になるならアライバルビザの意味無いじゃんか。
ひだり みぎ

ご自慢の近代的空港のど真ん中に、よくもまぁこんな趣味の悪い巨大な黄色いテディベアを置き続けるよなぁ…と思いつつラウンジへ。それこそ、まだ首長さんの大好きな真珠のモニュメントを置いた方が格好がつくだろうに。

カタール航空 ファーストクラスラウンジ

ひだり みぎ
ファーストクラスラウンジといえど、今回の搭乗クラスはエコノミー。アルサファFラウンジへの入室権利が無いので、仕方なく非Fパッセンジャーのワンエメ同志が集うレギュラーFラウンジへ。


ファーストクラスラウンジといえど、アルサファと比べると天と地ほどの差があります。

ひだり みぎ
一応シャンパンはあったりするが、ミールはコールドもホットもショボショボ。


特にホットミールは「スクランブルエッグ」「ソーセージ」「麺」「カレー」の4種類のみというビジネスホテル以下の質素な内容。全予算をアルサファの方に振ってしまってこちらのラウンジはかっつかつの予算で回しているのでしょうか…

フライト:カタール航空 ドーハ⇒ベイルート


この日の機体はA330。恐らくレバノン人であろう陽気な方々と共にボーディングの開始時刻を待ちます。彼ら、アラブ人とは全然気質が違うっすね。あと、男はガチでカルロス・ゴーンみたいな顔した人が多くてビビる。

ひだり みぎ
C席が取れなかったのに搭乗率半分以下のガラガラってどういうこと?と思ったら、このフライトはC席・F席の2クラス運用の為にC席が無かったというカラクリだったんすね…。ぐぬぬ。

ひだり みぎ
さらばアラビア海。レバノン・ヨルダンと周ってからまた年明け早々に戻ってきます。

ひだり みぎ
エメラルドグリーンのペルシャ湾を抜けると、直ぐにからっからで茶色一色のイランの大地が現れた。


そして辺り一面雪景色。


こんな感じの飛行ルートらしい。ドーハからベイルートまでたかだか1,130マイルの距離だけど、諸々の事情でサウジとシリアを迂回する羽目に。


機内食は無難にソーセージとオムレツの朝食コースを選択したところ、味つけが香辛料がっつりでめちゃめちゃアラビック。ソーセージなんてラムケバブだったし。懐かしのBabybelのチーズが食べれたのは嬉しかったけど、やっぱりカタール航空の機内食とは相性が良くないなー。フライト自体はエキゾチックな雰囲気むんむんで好きなんですけど。

ドリンクは赤白ワイン・各種スピリッツ・コニャック・ビール(ハイネケン)と揃っていました。


結局、4時間以上かけ地中海側のアラビア半島へと飛び、海にダイブするかのような勢いでベイルートにランディング。


山肌にびっしりとへばりつくように家屋が並ぶ様は圧巻。

西は地中海
南はイスラエル
東と北はシリア

とガードが堅い国で観光情報も少ないのですが、一体どのような国なのでしょうかレバノン。


アライバルビザについては入国カード以外の書類は提出不要だし完全無料。入国手続き書で入国スタンプを押されるだけなので、実質ビザ不要と何ら変わりくあっさり入国することができました。イスラエルへの渡航歴がばれたらやばいらしいっすけどね。

Related posts(関連記事):

久しぶりのジャンボのアッパー B747-400(B74K)CX543 羽田ー香港
本日はいつものCX羽田便のいつものB747-400(B74K)でいつもの通り香港へ移動する。今年はこの便で10往復以上しているが全くもってインボラが発生していないので、この日も全くもって期待せずにチェックインカウンターへと向かう。インボラに対する夢も希望も捨て、無心、無欲、完全なる無の境地。ビジネスクラスへの一切の妄念・欲望・煩悩から解脱された悟りの精神でチェックインに臨む…すると、「本日、満席と...
一つ星評価のイエティ航空(Yeti Airlines)でネパール国内線便を発券
昨年のネパール旅行の時の話。いくら沈没者の聖地とはいえ、カトマンズに留まり続けるのは勿体なく思えたので、思い付きでインドとの国境近くにある釈迦生誕の聖地・ルンビニへの日帰り旅行を決定した。 そこでネパール国内線のフライト情報を調べてみると、イエティ航空なる洒落た名前の航空会社がカトマンズからルンビニ近くのバイラワ空港に直行便を飛ばしていることが分かった。 イエティといえば、全身毛むくじゃら...
搭乗記 フィンエアーA350 成田⇒ヘルシンキ AY072便ビジネスクラス
もう随分と前のことのように思えますが、去年の9月末から10月にかけ、2週間の休みを取ってロシアと中央アジアを周ってきましてね。駆け足での周遊になったので内容の薄い旅行になってしまったのですが、備忘録として覚えてる範囲で旅行記を書き残していこうと思います。 先ず、旅程からおさらい。成田からヘルシンキ経由でロシアへ飛び、サンクトペテルブル・モスクワをサクッと観光してから中央アジアへ。キルギスタン...
エミレーツA380ファーストクラス搭乗記 EK384 バンコクー香港
贅の限りを尽くしたエミレーツの最新鋭機A380のファーストクラスが何やら凄まじいらしいとの噂を聞いたのはいつの頃だったか。エミレーツA380のファーストクラスの個室キャビンは「プライベートスイート」と呼ばれ、機内でのクルーのおもてなしは「機内サービス」ではなくて「ルームサービス」だと。 もちろん、豪華な座席以外にも驚き満載のエミA380。先日の往路便で見たバーラウンジに加え、ファーストクラス...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。