シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダルバートの名店、カトマンズのタカリバンチャ(Thakali Bhanchha Ghar)


カトマンズ盆地に広がる古都4か所の周遊を終え、ここいらでちょいとネパール料理でも食べに行くことに。
ネパール料理といったら?インネパなんて言われてどうしてもインド料理の陰に隠れがちなネパール料理だが、ネパール料理にもダルバートという代表選手がいる。ダルバール広場のことをいつもダルバート広場と言い間違えてしまうくらい、ネパール滞在中はダルバートばかり食べていた。

ダルバートとは

そのダルバートとはダル(豆スープ)とバート(米飯)の合成語で、ネパールの代表的な家庭料理として知られている。
名前の通りダルとバートがメインの料理だが、その他にカレーや漬物なんかの付け合わせとセットになって供される定食のような存在。日本でいうところの、ご飯にみそ汁、漬物が付いたカレーライス定食みたいなイメージっすかね。現地の人は毎日ダルバートばっかり食べているそうだ。

日本の定食の中身が店により異なるのと同様に、ネパールのダルバートも地域や店により千差万別。カレーの中身が鶏肉になったり魚になったり、副材の漬物が大根だったり菜っ葉だったり、味つけがスパイシーだったりマイルドだったりと、行く店々によって様々なバリエーションが楽しめる。

ネパール一のベーシック料ということで、そこら辺のローカル料理屋ならどこでも出てくるダルバート。ネパール滞在期間中には何食ものダルバートを頂いたが、中でも一番日本人に合う味付けだと思ったのはタメルにあるタカリバンチャ(Thakali Bhanchha Ghar)。現地人から観光客までを魅了し続ける老舗のネパール料理屋らしい。

タメルの北西にあるタマリバンチャ。タマリ○○という名前のレストランはネパール中にあるようだが、これらはネパール人の中でもタマリ族という少数民族が経営するお店ということらしい。他民族国家だけあって、ネパール料理にも色々とあるんすな。

タカリバンチャ(Thakali Bhanchha Ghar)


タメルの一角の、冴えない雑居ビルの二階にある。中国語の看板は目立つくせに英語の看板は地味で目に入りずらいので、思わず通り過ぎてしまいそうになる。


薄暗い階段を二階に上がると、店内は明るくて清潔だし、一人でも入りやすい雰囲気。まぁ定食屋さんだからな。独りでも臆せず飛び込もう。


マトン、チキン、フィッシュ、ベジタブルなど数あるダルバート(ターリー)の中から、ここは一番豪華なスペシャルセットタカリターリーを注文。一番高くても500円程度なんですから、困ったときのスペシャル頼み!

注文から2分ほど、アンティークブラスの大皿に乗ってやってきたスペシャルセットタカリターリー。どの具材も基本は作り置きなんだろうね、マクドナルド並みの速さで料理が運ばれてきてびっくらこいたわ。

スペシャルなんで全部乗せみたいな感じなのかな。マトンカレー、揚げ魚、豆スープの大御所BIG3だけでなく、大根や高菜の漬物、ポテトのスパイス炒め、スティックベジタブル、インド版の煎餅、ヨーグルト、スパイスソースなどなど、ごはん以外に多種の副食がアンティークブラスの大皿にてんこ盛り。こんなん米がいくらあっても足りませんやん。

もうね、何が良いって、食べ手の想像力次第で一皿で何通りもの味わいが楽しめることっすわ。基本に忠実にご飯とダルのコンビネーションから入り、続いてスパイスソースを絡めながらのダルバール、さらには意表を突いてマトンカレーと青菜の組み合わせを…混ぜる組み合わせや割合を工夫することで、一口ごとに異なる味わいを楽しめる。一皿に無限の可能性を秘めた家庭料理、それがダルバートなのである。

独りでの食事でこれだけ色々と食べれる上に、なんとお替り自由(カレーの鶏肉と揚げ魚を除く)という食べ放題システムが採用されている。皿が空いたと見ると、フレンドリーなスタッフがガンガンと盛りに来てくれ、こちらから断らない限り際限なしに盛り付けられる。
味も、胃袋を焼きに来るような激辛ガチカレーとは違い、ここの料理は辛くもなくマイルドで食べやすくて、幸せのあまり昇天しそう。来世も人間として生まれ変わって美食を楽しめるよう、今から現世で功徳を積んどかなと決意を新たにしましたね。


有給休暇取得者の特権で昼間っから地酒も注文。ラム酒と蜂蜜をコーヒーで割って作るタカリ族オリジナルホットカクテル“Mustang Coffee, NPR280”はラムが強く効いていて、ちょっと飲むだけで体の芯から熱くなってクラっとくる強烈な一杯。

いやー、素晴らしい。美味しい上に食べ放題とか殺人的ですわ。「邦人観光客、ネパールのレストランにて死亡。原因は食べすぎか。」なんて事件にならないで良かったわ。

【タカリバンチャ(Thakali Bhanchha Ghar)】

住所:Chaksibari Marg, Thamel
電話:+977 1-4701910


食後は陽の落ちた後のタメルの町をブラブラしてカロリーを消化。タメルに出没する勝手にガイド始めて付きまとうマンや私ツアー会社やってるし信用できるイイ人ですよマンをいなしながら夜の街を徘徊する。

ひだり みぎ

貧困街に巣くうギャング団による組織犯罪の温床と化したもぐり酒場風Sam’s Barで一人二次会。いやー、物価も日本と比べてはるかに安いしついつい食べ過ぎ飲み過ぎでワッショイしちゃいますな。

Related posts (関連記事):

宮廷の性愛事情までを赤裸々に… バクタプル国立美術館
中世の街並みが残るバクタプルの中心に建つ旧王宮。その西側の一角はバクタプル国立美術館として一般開放されている。 入館料は150ルピー(≒150円)。ダルバール広場への入場料とは別に支払う必要があ...
カトマンズから仏教の聖地ルンビニへの日帰り旅行
いやー、軽いノリでルンビニの最寄空港であるバイラワまで来ちゃいましたが、果たしてカトマンズからの日帰り旅行が現実的なものなのか。まぁ何とかなるっしょ!的に勢い良く飛び出したはいいものの、バイラワ空港で...
リキシャで行く ルンビニ園にある世界各国の寺院と博物館巡り
ルンビニ園の核心である聖園の見学を終え、続いて聖園の北側に整備された寺院地区を見て回る。どういったことなのかよく分からないが、仏教の四大聖地だけあって、世界各国の寺院が寺院地区に集まっているのだと。 ...
ルンビニ日帰り旅行を終え、イエティ航空便でカトマンズへ
無事に(?)仏教四大聖地の一つであるルンビニの見所周りを終え、少々予定より早いがカトマンズへと引き返すことに。もう少しルンビニにいたら悟りを開けてたと思うんですけどね。今必要なのはニルヴァーナよりもス...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする