ベトナムホーチミンのバックパッカー街・ブイビエン通りで胃袋を満たす

時系列ぐっちゃぐちゃだけど、ホーチミンのプルマンサイゴンを再訪した時のメシネタ。


こちらは前回滞在時の宿泊記。アコーホテルズは2017年度末プラチナステータスから陥落してしまい、最安値部屋だとラウンジアクセスが付かなくなったのが痛い…。

ラウンジでの乞食活動ができないので、休日昼下がりに飯を求めて近くのドヤ街をぶらついてみた。

ホーチミン一のバックパッカー街は市街地の西側にある「デタム通り(De Tham Street)」・「ブイビエン通り(Bui Vien Street)」・「ファングーラオ通り(Pham Ngu Lao Street)」という3つの通りを中心に構成されている。

その内、今回ぶらついたブイビエン通りはカフェやバー、小洒落た飲食店が多く、ダボダボなパンツとヨレッヨレのノースリーブを着たアウトローそうな外国人旅行客が昼夜問わず行き交う主要ストリートになる。

夜は道の両脇の飲み屋前に無限のプラスチック椅子が並び、軒先には客を呼び込む女性が出現するなど賑やかになるのだが…昼間は意外と落ち着いた雰囲気。

キングケバブ(King Kebab)

適当に歩いていると、王冠マークがイカしたKING KEBABなるケバブ屋を発見。ベトナムのキングオブ路上フードといえばバインミーだけど、たまにはトルコ風ケバブも悪くないかと思い入店することに。

ケバブの王様…かなりローカルな雰囲気の店だし、なんともありきたりな名前の店だけど、トリップアドバイザーでの評価は上々のようである。


ベトナムらしい短足の椅子とテーブルが数席並ぶ店内。空調は無く熱気がこもってしまっていて暑苦しいけれど、不衛生といったことはない。


メニューはシンプル。基本はロールタイプのシャワルマとプレートタイプの二種類で、肉はそれぞれチキン・ビーフ・ミックスの3種類から選択可能となっている。
この他、肉大盛・フェタチーズ・チェダーチーズ・レッドキャベツ・レタス・トマト・パセリ・フレンチフライがぶっこまれたエクストラサイズのFat Boyというデブ専特別メニューも注文可能。

食べ盛りの自分はもちろんFat Boyをオーダー。

待つこと3分、もちろんバインミータイプではない本格的な巻きケバブがやってきた。Fat Boyの名前ほどにボリューミーではないが、中に詰め込まれたフライドポテトがいかにもFat Boyが食べそうなジャンクフードといった感じを醸し出している。


肉自体の味付けも濃い目でデブ好みだし、チーズやソースとも良くマッチしていてナイスなジャンク感。強いて言うならば、自家製ナンをもう少しモッチリとしたものにしてくれれば更にデブ受けすることでしょう。

バックパッカー通りにあり、値段もまぁまぁ手頃。観光途中で小腹が空いた時のジャンクなQuick Biteに最適なお店。

【King Kebab(キングケバブ)】

住所:230 Bui Vien, Pham Ngu Lao Ward, District 1, HCMC
電話:+84 126 996 3101
営業時間:11:00~
ホームページ:https://www.facebook.com/kingkebabsgn/

Cong Caphe

クッソ暑いサウナみたいな店で汗だくになりながらジャンクフードを平らげた後は、空調の効いた環境でアイスコーヒーを飲んで体をクールダウンすることに。

バックパッカー通りだけあってコーヒーショップは無数にあるが、やっぱり「配給制度下の北ベトナム」をテーマにしたCong Capheが一番のお気に入り。


カーキの軍服風コスチュームを着た店員に萌えるw


ひだり
無機質な空間を使ったレトロでノスタルジックな空間も居心地良いし、ドリンクもオリジナルメニューが沢山あって普通にカフェとしても優秀なんすわ。

名物のヨーグルトコーヒーは前回頂いたので、今回はココナッツコーヒースムージーを。

ほんのり甘いココナッツのフラッペにビターなベトナムコーヒーがかかった一杯。これはこれで甘くて美味しかったけど、もう少しコーヒー強めでも良かったかな。

【Cong Caphe Bui Vien店】

住所:127-129 Bui Vien, District 1, HCMC
電話:+84 911811145
ホームページ:congcaphe.com/

プロパガンダアート

後は適当にぶらぶら。飲食店だけでなくちょこちょこっとした土産物を売る店舗も多いっす。

コンカフェでもこんなレトログッズを売れば良いのにと思えてくるプロパガンダポスター。


ひだり みぎ
一つ一つのポスターに「欲しがりません勝つまでは」的な強烈なメッセージが込められているのだろう。見ているだけで興味がそそられるアート揃いなのだが、惜しむらくは、ベトナム語なので何をプロパガンダしているのかさっぱり読み取れない。

ひだり みぎ
中国からの輸入文化をアレンジした竹編みの籠なんかも売られていて、みかん置きにぴったりなダブルハピネス買っちゃいました。

Related posts(関連記事):

ホイアン初日の夜 幻想的な世界遺産の町並みに癒される
ハノイで無事にVN175に接続できたお蔭で早めにホイアンに着いたので、ホテルの受付嬢イチオシのバーに足を運んでみることに。外は心地よい夜風が吹いており、夜のホイアンの町を快適に散歩できそうだ。シャツ一枚では肌寒いホイアンの夜、薄手のジャケットを羽織り部屋を出る。受付の前を通ると、バーを紹介してくれたホイアン出身の姉さんが残念そうな笑顔を見せる。「私も行きたいのに夜勤って嫌ねぇ」と。 ...
ダラットでのナイトライフは…
人口20万程度の地方小都市・ダラット。人口684万人(2012年)を誇るハノイや同約768万人のホーチミンと比べると、夜の店じまいはどこも早い。早すぎる。ダラットはダラットで豊富な観光資源を有してはいるが、それらは色鮮やかなフラワーアートであったり高原野菜を活かしたヘルシーフード、澄んだ空気、絵葉書のように美しい山と湖が融合した景色などなどであり、決して華やかなナイトライフを楽しむような観光地では...
五行山経由、バイタクでホイアンからダナンへと戻る
さて、いよいよホイアンとお別れだ。 昨日の観光で利用したバイクタクシーのおっちゃんが200,000ドン(800円)でダナンまで連れて行ってくれるという。ダナン空港からのタクシーが500,000ドンだったことを考えると…頭の中で電卓をたたく。五行山にも立ち寄らせてくれると言うし、途中好きなだけバイクを止めて写真撮影できることと彼が若干の英語を話せることを考えれば良心的な価格だと判断し、お願いするこ...
シェラトンサイゴン ホテル&タワーズ クラブフロア宿泊記
ソフィテル、Mギャラリー、プルマン、ノボテル、ibisと、アコー系列のホテルが充実しているホーチミン。今回の出張では新規開業したばかりのMギャラリーを試したかったところだが、やはりここでも見事にシェラトン無料宿泊キャンペーンに釣られてしまい、シェラトンサイゴンホテル&タワーズに宿泊することに。プロモーションとかに流され易い自分の性格は一生治らない不治の病だと思う。 シェラトンサイゴンは...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。