マレーシア航空 B737-800 ビジネスクラス搭乗記 シンガポール⇒クアラルンプール⇒香港

シンガポールから香港への戻りもマレーシア航空を利用してクアラルンプール経由で。

往路の搭乗記はこちら。


地味にありがたいプレミアチェックインカウンターからスムーズに出国。



この日は大衆ラウンジに行く気が起きなかったので、ガーデンで蝶や鯉と戯れる。



こちらは何かと思ったら懐かしのガリ版。


TWGでのお茶の調達も忘れずに。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
香ばしい匂いに包まれながら選り取り見取りの茶を見ているだけでテンションが上がる。


暑い夏本番に向け、アイスで飲んでも美味しいフルーティーな緑茶と紅茶を一つずつ購入。

ひだり みぎ
すると、ミリオネアチャレンジのクーポンをもらえたので億万長者への運試しに挑戦。まぁでもそうそう簡単に当たるわけもなく…残念賞を手に搭乗ゲートへ。10月末までやってるらしいので、誰かワイの仇を取ってミリオネアになってきて下さい。

マレーシア航空 シンガポール⇒クアラルンプール

機材は往路と同じくB737-800だけど、革張りではなくクッションシートタイプの旧型が来た。



見るからにくたびれきったシート。評価できるのは頭の部分のモフモフしたクッション性くらいのもの。

ひだり みぎ
しかも窓が閉まらない。眩しくてスマホのモニターが見えなかったのでセーフティーインフォーメーションのしおりをぶっ差して遮光していたら、離陸前にエンジニアみたいなオッサンが呼ばれて調査開始。単純にシェイドを引き出すつまみの部分が物理的に壊れてるだけの話かと思うのだが…。結局、3分程の診断後に、こりゃダメだね!と諦めの笑顔で去っていったエンジニア。そりゃそうだよ、部品の修理か交換が必要って言ったじゃんか始めの始めから。


気を取り直してウェルカムドリンクのオレンジジュースを一杯。まぁ窓の壊れた旧型シートといってもシンガポールからクアラルンプール間は一時間程度のフライトなんで、特に大きな問題は無い。ただ、ビジネスクラス最後列が空いているとのことだったので、乗客全員の搭乗が終わったタイミングで後ろの席に移動させられることに。

これが狂と出て、エコノミークラス最前列に座っているお子様が離陸直後から泣き叫び始めてしまった。どうしたんだ?やっぱりお子様も古い座席に不満なのか?w 暫く泣き続け、それでも周りの人間が子をあやすような気配を見せず、客室乗務員も放置プレー。エコノミークラスとビジネスクラスの仕切りは薄い壁一枚なので、鳴き声が耳のすぐ後ろからダイレクトで入ってくるのできつかった。

簡素な食事ながらも機内食が配膳されたら泣き止んだが、下膳されたら直ぐにまた泣き始めたw こういう時に全くの放置プレーというのもちょっと薄情な気がするな、MHクルー。子供も可哀想に、誰か構ってやりなさいな。

クアラルンプール国際空港 MHゴールデンラウンジリージョナル

クアラルンプールでは1時間の乗継時間があったので、マレーシア航空のゴールデンラウンジリージョナルで時間を潰してから香港行きの便にトランジット。

マレーシア航空 クアラルンプール⇒香港


ハローアゲイン旧型シート。ウェルカムドリンクはクアラルンプール発ということでピンクグァバジュースのオプションが増えた。


中距離便なのでサテーも出るし…

機内食も充実。

一体どんな料理かも分からずAyam Percikなるマレー料理をメインに選んだところ、客室乗務員に「マジっすか?それ行っちゃう?あなたマレー人じゃないですよね?マジっすか?ファイナルアンサー?行っちゃう?」的な感じで選択の変更を促されビビったけど、やってきたのは香ばしく炙った鶏とココナッツミルクとカレーベースの特製ソース。マレーシア北部のケランタン州の伝統料理らしい。付け合わせの漬物とイタ飯との相性も抜群で、普通に美味かった。やっぱりクアラルンプール発便はマレー料理選ぶに限るわ。


胃袋も満足の、あっという間のシンガポール滞在だった。

Related posts(関連記事):

ユダヤ教徒食
仕事で急遽ベトナムに来る羽目になり、ブログの更新や確認が滞ってしまいました。一昨日の木曜日にホーチミン入りし、日曜日戻りとなった為、端午節3連休の計画が完璧にオジャンになってしまいました。 木曜日は中山港から香港国際空港に直接乗り入れるフェリーで空港まで移動し、キャセイ便でホーチミンへ。今日はキャセイ便の機内食に関してのお話をしようと思います。 実はキャセイ便、通常の機内食ではなく、予...
搭乗記 エミレーツ航空B777-300ER ファーストクラス ドバイ⇒イスタンブール
この日はドバイからエミレーツ航空のフライトでイスタンブールへ。 残念ながらイスタンブール新空港(IST)・アタトゥルク空港(ISL)行き機材にはファーストクラスが設定されていなかったので、イスタンブールのアジア大陸側の旧市街地にあるサビハギョクチェン空港(SAW)へと飛ぶことに。次のイスタンブール⇒バクーのフライトはヨーロッパ大陸側のISTから出るのに… SAW⇒IST乗り継ぎの絶望感たる...
JL759 成田⇒ホーチミン 787-8エコノミー 搭乗記
今年は飛行機の搭乗記を殆ど書けてないですが、例年と変わらぬペースで公私共に乗り倒してて、JALのダイヤモンドが見えるところまで来ました。 残念ながら上司やらなんやらの同行者と一緒に移動するケースが多くなったことや仕事絡みのフライト情報をアップしにくくなってしまったことも搭乗記を残せていない理由の一部ですが、それ以上に、JALだと周囲の目が気になり写真が撮りずらいんで、ネタが残らないのでありま...
マルコポーロクラブの隠れベネフィット“誕生日アップグレード”
今年は誕生日が出張移動日と重なってしまったので、迷わずCXのビジネスクラスを発見。そう、マルコポーロクラブの中の隠れベネフィットの一つとされる誕生日アップグレードを受けられるのだろうか、身を持って試す機会がやってきたのである。香港―羽田便のCX542でJからFへのアップを狙う。 当日、香港での業務を終え、香港駅からエアポートエクスプレスで空港へ向かう。香港駅でもチェックインすることができるが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。