シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プラチナ特典充実のコートヤード・バイ・マリオット東京ステーション 宿泊記


この日は我がお気に入りホテルの一つであるコートヤード・バイ・マリオット東京ステーションへ。

このホテルの魅力は何といってもアクセスの良さ。再開発が進む東京駅八重洲口、日本橋・京橋エリアのど真ん中に位置するわけですから。

東京駅を含む5駅が徒歩圏内で15路線が利用可能という最強立地。有楽町・銀座くらいまでなら歩いてもいけるし、とにかくどこで何をするにも便利なホテルである。

<コートヤード東京ステーションまでのアクセス一覧>
・JR東京駅 八重洲南口より徒歩4分
・東京メトロ銀座線 京橋駅 7番出口より徒歩1分
・東京メトロ銀座線・東西線/都営浅草線 日本橋駅 B3出口より徒歩5分
・都営浅草線 宝町駅 A5出口より徒歩4分
・東京メトロ 有楽町線 銀座一丁目駅 7番出口より徒歩5分


ホテル名は東京ステーションとなっているが、実際の最寄り駅は銀座線の京橋駅。COURTYARDの表示も控え目なんで一見するとホテルだと分かりずらいが、中央通りの京橋トラストタワーの中に入ってる。


中央通りに面した入り口からビルに入り、ホテル専用のエレベーターで4階のフロントへ。

ひだり みぎ
小さなロビーフロアにはライブラリーバーと呼ばれる共有スペースが設けられていて、自分がチェックインした際には多くの外国人宿泊客で賑わっていた。フロントスタッフも白人のお姉さま・アフリカ系のお姉さま・日本のお姉さま各1名ずつというインターナショナルな人員構成だったし、ロビーからしてなんとも国際的な雰囲気を漂わせるホテルである。


さて…このライブラリーバーではコーヒーやジュースなどのソフトドリンクが無料で楽しめる他、マリオットのゴールド・プラチナ会員はビールまで飲み放題。日本のビール以外にもハイネケン・カールスバーグ、コロナと揃っていて、なんとまぁ24時間飲み放題と素晴らしい太っ腹ぶりなのである。一階レストランではイブニングカクテルサービスも提供されているし、ラウンジが無いにもかかわらずゴールド・プラチナ会員特典は非常に充実してると言えるでしょう。

【マリオットリワードクラブ・ゴールド/プラチナ会員特典】
・ライブラリーバーで24時間ドリンク飲み放題
・ウェルカムドリンクセット3本(アルコール・ノンアルの2パターンから選択)
・Lavarockでイブニングカクテル(17:30-19:30)
・Lavarockで無料おつまみ&フード/ドリンクメニュー20%off(19:30-閉店まで)
・Lavarockで朝食(06:30-10:00)

ただ、ホテルの造り自体はビジネスホテルそのもの。スイートルームも設けられておらず、総客室数150のうち一番広いフォトグラファータイプのコーナールームでも33㎡、その他の部屋は16-23㎡台と押し並べて狭い。ちょっとだけハイクラスで国際的なビジネスホテルくらいに考えておいた方が良いでしょう。

部屋のカテゴリーは全4タイプ。都内のアパートで生活を営む住民のライフスタイルをイメージしてデザインされたコンセプトルームが揃っている。

クリエイター:都内のITメディア系デジタルクリエイターの部屋をイメージ。全88室。
エディター:雑誌編集者の部屋をイメージ。全51室。
フォトグラファー:都内外で活躍するフォトグラファーの部屋をイメージ。全6室。
キュレーター:美術・デザイン業界で活躍するキュレーターの部屋をイメージ。全5室。


この色とりどりの扉とマルチカラーのカーペットを敷いた廊下も都内アパルトマンの住人の多様なライフスタイルを表現しているそうだ。ここまで強いデザインコンセプトをもったコートヤードも珍しい。

部屋:クリエーターズダブル

今回は4階のクリエーターズダブルをアサイン頂いた。ITメディア系の分野で活躍する“デジタルクリエイターの住居”という設定でデザインされた部屋で、明るく爽やかなオレンジで統一されている。ビビットな色彩の空間にいると感性が刺激され何か良いアイデアが思い付くのかも。


オレンジをアクセントカラーとしたユニークなカラーコーディネートで統一された部屋。クリエーターを意識したポップな内装が面白く思える一方、やっぱりちょっとコートヤードにしては狭いかなーという印象を受けてしまう。まぁ地価の高い京橋のど真ん中のホテルなんだから当然っちゃ当然なんだけど。

ひだり みぎ
こちらはマリオットプラチナメンバーの特典として頂いたノンアルコールのドリンクセットやら焼き菓子やら。なんか色々頂いちゃいました。


ひだり みぎ
水周りも手狭ながら清潔で、ちょっと良いビジネスホテルといったところ。勿論お値段もビジネスホテル以上なんだけど…。

イブニングカクテル


19:30(ラストオーダー)までは無料のイブニングカクテルサービスが提供されているとの案内を受けたので、ベルトを緩めて1階のLavarockへ。

ひだり みぎ
ドリンクやおつまみくらいはセルフなのかと思いきや、ここでは完全オーダー制となっている。ソフトドリンクとかも全てオーダー制。もう普通のレストランですわ。

【フードメニュー】
枝豆・ピクルス盛り合わせ・オリーブマリネ・チーズ盛り合わせ・ミックスナッツ・スモークサーモン・フィッシュアンドチップス・フレンチフライ・ガーリックトースト・グリルソーセージ・チキンウィング&オニオンリング・シーザーサラダ・コールドミート盛り合わせ(ペパロニ・カモパストラミ・ペッパーポーク等)

【ドリンクメニュー】
ワイン(スパークリング・白・赤)・生ビール(カールスバーグ・モルツ・マスターズドリーム・スピリッツ(ジン・ウォッカ・ラム・テキーラ)・コニャック(マーテルVSOP)・リキュール(アマレット・カンパリ・カシス・ディタ・カルーア・ミドリ・梅酒)・ウイスキー(白洲・ジムビーム・シーバスリーガル ミズナラ・グレンリベット)・ソフトドリンク(オレンジ・グレープフルーツ・トマト・ペプシ等)

手始めにマスターズドリーム・グリルソーセージ・シーザーサラダを注文。

普通に美味しかったんだけど、他にも有料でお食事をされる利用客もいる中でイブニングカクテル組は注文しずらい雰囲気を醸し出されてたのがなぁ。もちろんレストラン的には有料客を優先せざるを得ないのは分かるのだが…ドリンクやオードブル系はセルフサービスにしてもらえればスタッフさんにも余裕ができるだろうし我々も気楽に食べられて良いのだが。

朝食

朝食は同じくLAVAROCKで提供されているが、いつもなんだかんだで外で食べてしまったり朝早くチェックアウトしたりとで利用したことはない。

所感

立地に優れ、マリオットゴールド・プラチナ会員向け特典も充実。ワイは好き。

【コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション Courtyard By Marriott Tokyo Station】

住所:〒104-0031 東京都中央区京橋2-1-3
電話: 03-3516-9600

Related posts (関連記事):

評判の良いラッフルズジャカルタに泊まってみた
二週連続のジャカルタ出張。無事に任務完了となったが、せっかくなんで週末に新しくできたラッフルズ ジャカルタに泊まってから香港に戻ることに。フェアモントプレジデント修行も兼ねたリフレッシュステイ。年10...
中国の煙草メーカーが運営する 紅塔ラグジュアリーコレクション上海
上海でのお宿は紅塔ラグジュアリーコレクション上海(The Hongta Hotel, A Luxury Collection Hotel, Shanghai)。中国語の名前は完結ながらも更に豪華さ満点...
アコー新規ホテルの4倍ポイントプロモ
この情報は既にご存知の方も多いかとは思いますが、アコーって新規ホテルに泊まると4倍ポイントが貰えたりするんですよ。SPGでも新規オープンキャンペーンでホテル独自にダブルポイント&朝食付きプランを出して...
VIEホテル バンコク Mギャラリー バイ ソフィテル 宿泊記
本日はバンコクのアコー系のVIEホテル バンコク Mギャラリー バイ ソフィテル(VIE HOTEL BANGKOK, MGALLERY BY SOFITEL)での宿泊記をアップさせて頂きます。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする