グランドメルキュール深セン オリエンタル銀座 宿泊記

この日は久しぶりにアコーホテルズ系列のホテルを選んでみようということで、香港系の東方銀座集団が運営するグランドメルキュール深セン オリエンタル銀座(深セン東方銀座美爵酒店)に宿泊することに。アコーの会員規約改正後はプラチナステータスの維持が非常に難しくなってしまい、プラチナ身分で宿泊できるのも2017年で最後になってしまうんでね。プラチナ身分での泊まり納めということで。

場所は南山区よりの福田区に位置。羅湖からだと羅宝線で11駅と遠いが、竹子林駅B2出口目の前と駅近で便利な立地にある。
ひだり みぎ
今回はもちろん最安値カテゴリーのスーペリアルームで予約、一泊税サ別で9,000円弱だった。出来ればグランドメルキュール以外のブランドに泊まりたかったんだけど、深センだとアコーはグランドメルキュールかノボテル深センウォーターゲートの二箇所のみで、ラウンジがあるホテルとなるとグランドメルキュール一択なので。全季酒店や漢庭酒店といった中国系の提携ホテルは多いんだけど…。今にして思えば、香港まで出てプルマンでも泊まってくるんだったかなと後悔。


ひだり みぎ
461もある部屋数の割に非常に手狭なロビー。アコーホテルズ会員用デスクにスタッフはおらず、フロントデスクは基本的に二名体制。明らかに人手不足でありチェックイン/チェックアウト時は共にフロント周辺が順番待ちのゲストで混雑しきってしまってた。直ぐ隣にいるのに20m離れたところにいる相手に話すかのような大声で会話するような輩ばっかりだし、部屋に入る前からストレスレベルがマックスに。


人民様には順番待ちの概念がないもんだからもうほんとカオス。フロント前が順番待ちのゲストでぐっちゃぐっちゃになってから始めて会員用デスクにスタッフがやってきたけど、会員用デスクなのに非会員に対しても開放するなど滅茶苦茶なオペレーションだった。

部屋:スーペリアルーム

ひだり みぎ
プラチナ会員特典でデラックスルームにアップグレード頂いたとのことだが、ホテルのホームページの部屋案内を見る限りスーペリアルームのままな気がしないでもない。


壁紙やベッドスロー等の内装から判断するとスーペリアルームのようにも見受けられるが、部屋面積的には確かにデラックスルームになるのかな。窓の外はベイビューだし。



ソファのクッションはくたびれてるし、何より禁煙部屋なのにヤニ臭いのがもう完全アウト。ベッドも硬すぎて寝心地は微妙だし、部屋はあまりイケてない。


ひだり みぎ

ひだり みぎ

全体的にどんよりとしてて暗いんだよな。暗くて古いんで気持ちの良い滞在にはならんわな。

ひだり みぎ
部屋自体は微妙だけど、ラウンジアクセスが付く上にスイーツやドリンクバウチャー2枚が送られたりとプラチナ特典の内容は上々。シャツ1枚の無料ランドリーなんてベネフィットもあるし。

エグゼクティブラウンジ


25階のラウンジでは朝食(06:30-10:30)やイブニングカクテル(18:00-20:00)が楽しめる。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ぱっとしないオードブル。

ひだり みぎ
ぱっとしないドリンク。

朝食

ひだり みぎ
朝食は一階フロントの奥のレストランで。ここも混雑ぶりが半端無く、知らないクチャラーオヤジと相席になるなど落ち着いて食事を楽しめる雰囲気ではなかった。


問題はこれで終わらない。朝食を済ませてとっととチェックアウトしようとロビーに降りて来た時のこと。なんとホテルのエントランスで白装束を身に纏った集団が「東方銀座 父を返せ」と書いた紙と遺影を掲げて大声で泣き叫んだり意味不明な呪文を唱えてるじゃあないか。ガチでヤバいやつで蝋燭まで焚きだして最後は警察沙汰になってたけど、チェックインが完了するまでの20分間、ずっとこの集団のパフォーマンスが続いてた。

大丈夫かこのホテル?最初のチェックインから最後のチェックアウトまでとにかく印象の悪いホテルだった。

グランドメルキュール深セン東方銀座(深セン東方銀座美爵酒店)


Booking.com



竹子林深南大道福田区深セン市
電話:(+86)755/83500888


Booking.com

Related posts(関連記事):

宿泊記 Golden Triangle Boutique Hotel サンクトペテルブルク
レニングラード、もとい、現サンクトペテルブルクでの宿をどこにするか。高級ホテルからゴリゴリのスターリン様式で建てられた変化球系ホテルまで、良さげなホテルが多いモスクワでもホテルの絞り込みで迷ったけど、ペテルブルクでは逆に選択肢が少なくて迷いに迷った。 マリオット系列のWサンクトペテルブルク様がご存命であれば即決だったんですけどね、残念ながらアコー系列のソフィテルにリブランドされてお逝きになら...
インターコンチネンタル バンコク クラブルーム宿泊記/Intercontinental Bangkok
10年も前になるだろうか。学生時代にバンコクを訪れた際に、友人と待ち合わせをしたのがこのインターコンチネンタルだった。懐かしいなー。当時はホテルなんて雨風凌げる屋根さえありゃどこだって変わらんじゃんくらいの感覚で、お宿として最低限の機能を果たせる程度の安ーい旅人宿を寵愛していたが、今やすっかりラグジュアリーホテルの魅力に憑りつかれてしまった。人間、価値観・考え方なんてものの数年ですっかり変わってし...
宿泊記 商都随一の名門ホテル インターコンチネンタル アルマトイ(InterContinental Almaty)
この日はリッツカールトンからインターコンチネンタルアルマティへとお引越し。 グローバルチェーンのホテルも多いカザフスタンの商都・アルマトイ。インターコンチネンタルと目と鼻の先には同じくIHG系列のホリデイインもありますが、インターコンチネンタルが25Kポイント・ホリデイインが15Kポイントなら迷わずインターコンチネンタルですよね。 引越し前にIHGアプリで予約状況をカンニング。どう...
宿泊記 リッツカールトン東京 ビューバス付きミレニアスイート
ある日、何の前触れもなく縁もゆかりもないアメリカのユタ州から郵便物が届きましてね。モルモン教徒からの勧誘!?と恐る恐る見てみたら、マリオットボンヴォイの事務局からでした。 送られてきたのは、アメリカンサイズの巨大なラップトップケースとアンバサダーステータスの会員カード。アンバサダーステータス達成おめでとう!ということらしい。今年でSPG時代から含めるとプラチナ以上のステータスは7年目です...